春に向けて通園バッグを作れられる方も多いと思います!
Pattern Wellから発売中の『通園バッグ』の作り方をご紹介しますハート


 

使用した型紙
●通園バッグ『Patterns Well』

このバッグは「プチ どんでん返し」で作ります。
※洋裁用語に「プチどんでん返し」という用語はありませんが...

手縫いの箇所を極力少なくして(手まつりをするところ6㎝程度)つくります。
ほぼほぼミシンで作るという意味を込めて「プチどんでん返し」と呼ばせて下さい!

それでは作り方説明スタートです。

●材料●
・表地 110㎝幅 0.4M
・裏地 110㎝幅 0.5M
・両開きファスナー  36㎝ 1本
・四角カン 30㎜幅 2個
・移動カン(アジャスター) 30㎜幅 1個
・肩ひも 30㎜幅 1.6M
・8㎜幅 バインダーテープ 0.9M

●両開きの方が開け閉めが楽です。片開きでもお作り頂けます。
  お好みのファスナーをご使用ください。

●今回表地にキルトを使用しているので接着芯は使いませんでした。
  バッグ本体が自立しない(ぺしゃんと潰れてしまうような)生地で作る場合は
  接着芯を表地全面に貼って下さい。

●表地、裏地とも柄わせなどがありますと要尺が増えます。上記の寸法は
  柄わせ無しの要尺です。


 

1.裁断をします。
上の型入れ図のように裁断します。


 

2.型紙のノッチ(合い印)に切り込みを入れます。
ノッチ(切り込み)は3㎜程度入れます。

※Patterns Wellの型紙はチャコペンなど使用せず
このノッチ同士を合わせて縫っていきます。(縫製工場方式)


 

3.表地を裁断します。裁断枚数は型紙内に記載してあります。
・袋布×
2

・口布×
2

・バッグ底×
1

・口布×
2

・ポケット
1



 

4.裏地を裁断します。 
・袋布×
2

・口布×
2

・バッグ底×
1

・ポケット×
3枚(表地ポケット1/裏ポケット2
枚)



5.その他の材料
・両開きファスナー
・8㎜幅のバインダー
・3㎝幅四角カン
・3㎝幅の移動カン(アジャスター)
・3㎝幅肩ひもベルト



6.ベルトをカットします。
7㎝を2本・1.5Mを1本にカットします。


 

7.ベルトの両端はホツレ防止のためライターで炙っておきます。


 

8.表ポケットと裏ポケットを外表に合わせます。


 

※ポイント
バインダーには折り返し分の幅が細い方と太い方があります。
この段差はバインダーを折り返した後の押さえステッチがバインダーから落ちないようにわざと段差をつけて折られています。



 


9.バインダーの折り返し幅が細い方を裏布側に当てマチ針を打ちます。


 


10.ポケット口の裁ち端から8㎜の所(裁ち端から8㎜の所)を縫います。

 ※縫い始めと縫い終わりは必ず返し縫いします。



 


縫い目の拡大図です。
縫い目をアイロンで押さえます。


 


11.バインダーを折り返します。


 


12.地縫いステッチを折り返したバインダーでかぶせるように
 折り返します。






13.マチ針で固定します。
※マチ針はバインダーに対して直角に打ちます。
 直角に打つ事でよじれジワを防ぐ事が出来ます。


 


14.バインダーの端から
2㎜の所にステッチをかけます。
※布を送る時、目打ちなどを使ってバインダーを押さえて生地を送ります。


 


15.縫い目をアイロンで押さえます。


 


バインダー始末の拡大図です↑


 


16.表袋布の上に表ポケットを付け位置に乗せます。

 周囲をマチ針で固定します。


 


17.周囲を粗ミシン止めします。(端から
3㎜の所を粗ミシンします)


●通園バッグの作り方 その2へ続く
http://ameblo.jp/mammy-jewel-box/entry-12119013924.html





 

 

 





 

 

 

 

 

 

 

 


 







AD