昨日の続きです。


他害は許さない、というルール①


おさらいです。



他害をしたら



①引き離す→お友達とお母さんに謝る


②場所を変え目線の高さを同じにしてしっかり言い聞かせる。


③わからないようならその場から帰る。

しっかり反省して謝ったら戻す。


④夜、リラックスタイム(お風呂か寝る間)に質問&言い聞かせをする。



↑昨日はここまでブログに書いたと思います。




リラックスタイム時など、落ち着いた時に子供にお話する際、何が原因で手が出ているのか。それを念頭に置いた上で、じゃあ手が出ないようにするにはどうしたらいいかな~? と一緒に考えてみます。




もしも、お友達が使ってるおもちゃが欲しいなら、まず「かーしーてー」って言ってみようか。



「いやだって言われたら?」




「ママや先生に教えて!どうするかママも先生もその時考えるよ♪」




「たたいたり押したりしたら絶対にだめなの。それは絶対なんだよ」




すぐには定着しないかもしれません。

でも手を出したらダメなんだ、ということは子供が冷静な時にしつこいくらい話します。




コメントで質問にありましたが、




作っていたものを壊されてついつい押してしまう。




あるあるネタですよね!




それでも押したほうが悪くなってしまうのが、ルールなんですよね(╥Д╥ )うぅ。




押した後に「せっかく作ったの、壊されたもんね」と自分の子に気持ちに寄り添うことだけはNGです。




それは、「やられたからやり返したよ」に「よくやった!」と言ってるのと同じことになってしまうからです。




たとえ、今はお友達に対しての押し(抵抗)が弱かったとしても、いつかは成長してその力もまた強くなります。小さいうちにこれはダメってことは親がブレずにきちっと伝えていくといいと思います。




「やられたらまず先生やママに言って。

すぐにどうするか考えるからね。」




と言って安心させるのはどうでしょうか?




あと、お友達に壊されそうになったら近づいてきた時点でお母さんから「今ね頑張って作ってるよ~終わったら教えるね。待っててくれるかな?一緒にここから見てみる?」と壊してくる子に声をかけてみるのはどうかな?と思いました。近くにいないと無理ですが…

難しいですかね…>_<





さて、未就園児世代のお子様方で外でどうしてもコミュニケーションがうまく取れず、他害をしてしまう子たち…




何も無理してその中に入れる必要は無いと私は思います。




ねねもよりこも、上手く言葉でコミュニケーションが取れない、順番が理解できない子で、子サロや支援センターでは押したり、お友達の髪の毛を引っ張ったりもしてました。




3歳未満は特に叱ったところですぐに理解してくれません。

親の言うことをスムーズに理解して

すぐにもう絶対しない。とはなりません。

当時はわかりませんでしたが、それが自閉症スペクトラム症の特性だったりするのです。




逆の立場になって考えたらわかると思いますが、こういう問題は周りの理解を得るのも現実問題、とても難しいです。




「うちの子がすみません!」




「いいですよ。気にしないでくださいね!」




となっても、




何回も繰り返すとどうでしょう。




影では「あの子は危険な子」って言われたりするのも覚悟しなければなりません。




他害は同じような境遇や経験があるお母さんでないと、ちょっと寄り添えない問題かと思います。




私は2人が未就園児のころは、発達障害や自閉症スペクトラムなど、全く知らなかったし、診断も付いていなかったので




当時娘たち二人への関わり方については悩みながらも超自己流だったんですが、




私は子サロ、支援センターやたくさんの子供たちが集まる場所に出掛けるのはキッパリやめてました。




そして、よく誰もいない早朝の公園に連れて行ったり、夕暮れでみんな帰った後のだれーもいない公園に出かけて、思いっきり遊ばせたりしてました。←哀愁!




↑今ではいい思い出です。笑




未就園児時代に他の子とコミュニケーション取らせたって、特にその後の成長が期待できるわけじゃないし、未就園児同士って一緒に遊んでいるようで遊んでない、みたいな微妙な時期ですしね。




苦痛であればお出掛けに拘る必要は無いと思います。外でストレスになるくらいなら子供と向き合う時間を増やす方が、自己肯定感を高められますしね!




また、子育てサロンやサークルや支援センター、子供たちが集まる場でお母さんがママ友達を作りたいという別の目的があったとしても、自分の子供から目を離せない状況では友達作りは難しいですね。(私もそうでした。)




子供もお友達との関わり合いについては、学ぶべき時が来たら、先生が見守る集団生活の中でしっかりと学んでいけばいいと思います。

幼稚園とか。保育園で、ですね♡




対応についてはちょっと試してみて下さいね!



{E107320A-97D2-405E-AF8B-C505C2F45152:01}


お母さんたちの愛情たっぷりのコメントで胸が熱くなりました!一緒にがんばりましょー!えいえい、おー!


++++++++++++++++++++

※うちにもその対応で合いますか?の質問については、お子様を文面だけでは判断できないので何とも言えません、本当に申し訳ありません(>_<)

++++++++++++++++++++
いつもコメントやいいね!を沢山ありがとうございます♡
発達障がいについて沢山の人たちに理解して頂けるように、これからもブログの更新頑張ります!
↓応援クリックよろしくお願いします♡
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキングへ

AD
昨日の続きです。



昨日の記事




しっかり叱らなきゃいけないとき、


それは、


■危険なことをしたとき。
■お友達に危害を加えたとき(他害)



です。


関連記事



まずは他害について。


うちの子たちは度重なる言い聞かせで、私の知る限りでは他害はしなくなりました。姉妹間でも、です。



我が家でお友達と遊んでいる時も、幼稚園でもそういう報告は受けていないので、最近はお友達を押しのけたりはしていないと思います。
(※幼稚園にはささいな他害もすぐに報告して欲しいとお願いしてます。)




まずは自分の子がどんなタイプかを理解してあげてください。



*口下手だから『貸して』と言えずに手が出てしまうタイプ


*自己主張が強く身勝手、自己中なタイプ


*言葉が全く出ないから手が先に出てしまうタイプ


*力づくで解決しようとするタイプ


*順番が待てないタイプ


*言葉は出るけどコミュニケーションが苦手なタイプ



などなど、


どういう時に手が出るかを毎回チェックしておくと、他害をしてしまう理由が見えてくると思います。



よりこは口下手タイプです。そして順番だよ。というのが理解できませんでした。なので無理やりおもちゃをひっぱったり、押したり、と結果的には他害をしてました。




私は他害の場合、




すぐにお友達から引き離し、その場でお友達に『ごめんね』と私から謝ります。



場所を変えて目を見てしっかり伝えました。
『お友達を押したら痛いね!お友達を叩いたりするなんて、ママは嫌いだよ』としっかり伝えます。



よりこの場合、お友達の前で謝りなさいと叱ったところで絶対に謝りませんでした。



何度言っても謝れないし、余計に暴れてしまうことはわかっていたので、まずはお友達から離し、私がお友達やお母さんに謝ってました。



たとえば、逆の立場に立ってみて下さい。
おもちゃを貸した貸さない等の理由で、自分の子が目の前で他所の子に押されたり叩かれたとします。



相手の親がどうするか気になりませんか?



謝らないでスルーされたらどう思いますか?
自分の子供に順番だよ、と言いますか?それで自分の子は納得しますか?
自分の子が折れて一件落着ですか?
見ているのに叱らない親を見てどう感じますか?



実は親がどうするか、どう対応するかも大事です。



親が代わりに謝ってるということは、自分が良くないことをした。悪いことをしたんだ。と感じるきっかけになります。



そして引き離した後は「叩いたらいけない。」ということを強く伝えます。



この時、目線の高さを合わせてしっかり伝えなければなりません。



ギャン泣きしたら『わからないなら帰るからね』でいいと思います。



他害の場合は気持ちを受け止める必要はありません。
『そうか、よりこはあの子の使ってるおもちゃを貸して欲しかったのね』なんて受け入れては絶対にダメです。


他害だけは絶対にどんな理由があろうと絶対にしてはいけません。大人になってもそうです。
そこを徹底的に教え込む必要があります。



やられたらやり返していいですか?



欲しいものがあったら力づくで奪っていいですか?



だめです。



なので反省するまで無視。


私なら上に書いたように、友達でも知らない子でもすぐに謝って引き離して、お部屋の隅や廊下など場面を変えて子供に言います。



『叩いたら痛いよね。叩くなら帰るよ。叩く子はママは嫌い』



素直に『もうしない』となれば戻します。



ギャン泣きするなら終了、帰ります。←最初の頃はよりこはコッチでした。



そして、その夜のバスタイムなど穏やかな状況の中で質問形式で話します。


「よりこが◯◯くんをたたいたら◯◯くんどうなる?」「よりこがたたかれたらどう?」「痛いよね」「いやだよね」みたいな。
繰り返しです。




長くなりましたので続きます!





昨日からぷうとが二足歩行するようになりました!

{8CEA48EB-59FA-4B20-82AA-D8390592BDC6:01}

さっそくコケてクチビルから流血!
気をつけなければ!!



++++++++++++++++++++

いつもコメントありがとうございます!

明日からコメントにあった質問に少しづつですが答えていきますね!

お返事を1件1件書けず、本当にすみません。
みなさまのコメント、じっくり読ませて頂いております!ありがたや、ありがたや。

++++++++++++++++++++

発達障がいについて沢山の人たちに理解して頂けるように、これからもブログの更新頑張ります!
↓応援クリックよろしくお願いします♡
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキングへ

AD
{A44EDE8E-1694-4EDE-9BDD-B404F93192E4:01}
今日は他害について書きます!


『普段、兄弟に他害をしたら具体的にどうやって怒ったらいいんですか?』


他害でお悩みのママさんから上記のメッセージ頂きました。弟くんがお兄ちゃんをつねったり噛んだりするようです。そしてお兄ちゃんもやり返してしまうとのこと。


わかります、うちも先日まで同じでしたから!
{43F70CC4-906A-4154-BD21-F5192F3C84B1:01}



先日も少し触れましたが、→(姉妹でも他害は他害


我が家は事前に、きょうだい喧嘩で他害をされたら、やり返さないですぐに私か旦那など大人に報告してね、と言ってあります。
これは病院の先生とのペアレントトレーニングで指導された方法です。


例えば、妹よりこが姉ねねを叩いた場合。


『ママ!今よりこがねねのこと叩いた!』という子供からの報告(通報)で他害が発覚します。


この場合、まずは『叩いたら絶対だめなんだよ。ママは叩く子は嫌いだよ。よりこ、遊びたく無いなら一人でそこで遊んでなさい。』と2人を離します。よりこは焦って言い訳を繰り返しますが、よりこの言うことは反省するまで徹底的に無視をします。


ねねには『あーよしよし、偉かったね、よりこにやられてもやり返さないで我慢できたね。えらかったね、あっち行こう』と褒めます。


ダメ!と言って怒るということよりも叩くのは良くないこと。叩く子は嫌いだからね、ときちっと言ってまずはその場から離す。そして子供は言い訳を重ねてくるけれど、何にせよ叩くのは良くないこと。言い訳は徹底的に聞きません。←無視。


間違いなくよりこはずるいとか言います。
だけど、『叩くってことは遊びたく無いんだよね?』って離してあげるんです。


引き離されて1人になって『自分がねねを叩いたからねねも離れたしママも離れた』ということを認識させなければならないのです。
{D27C975D-B272-408A-9FB1-90E63AB8192C:01}
叩くのは絶対にだめなんだということを自分で意識させなければならないので一人にしてしっかりと反省させます。


今は叱らない育児、◯◯な育児、◯◯育児などなど…世の中には素敵で魅力的な育児方法がたくさんあります。


いろいろな育児方法があるように、世の中にはいろいろな子供たちがいます。


私は誰もが実践して成功する育児など絶対に存在しないと思っています。


それは持って生まれた子供の性格もあるし、長年培われた親の性格もあるからです。


正直、『この本の通りにしたから急に全てがうまくいったわ!』なんて話聞いたことが無いです。
ていうか私もそうなった試しがないのです。


なんでも取り入れてみることは大事です。他人の成功例から学ぶことはとても多いし育児の上で参考にするのはとても良いことだと思います。


でも自分の子供に合わないことは絶対にあります。それを無理して続けることがいいことだとは思いません。


なので私が話しているこの方法についても、取り入れてみて合えば実践していけばいいし、合わないな、と思ったらすぐにやめればいいです。


繰り返しになりますが、うちの子たちは自閉症スペクトラムなので、私はペアレントトレーニングを受けて臨床心理士さんや病院の先生からのアドバイスに基づいた育児やしつけをしています。


私は先生に聞きました。引き離して無視をしてそれでぎゃーっとなったらどうすればいいんですか?と。


なったらそれが一番いいんですよ。
それが効いているってことですから!!


子供にとってはお母さんに怒られるって行為は別に怖い事では無いんです。
それよりも無視されるってことがずっと怖いわけです。


なので他害をした時には、


ママの言う事、約束を守れない子はあっち行って。と離すのがベストです。
まずは目の前の対象物を外してあげて下さい。


泣きますよ。かんしゃくを起こすかもしれません。でも泣くって言う事はその方法が効いているっていう証拠なんです。


これから成長するにつれ、お母さんがいくら怒ってたってニヤニヤしている子は沢山います。
怒った瞬間にうるせーと壁を蹴って自分の部屋に閉じこもる子もいる。(ひぃー)
ごめんなさいってその場で悲しい顔をして謝っておけば許してもらえるってわかっている子もたくさんいます。そういう子は反省していないので必ずまた同じことをします。


今まで『こら、なにやってるの!!!』って怒っていたってその時はおさめられても、また別の日に同じことをしたり意味がなかった経験はありませんか?


『これは◯◯だからやめようね。ママは◯◯くんの気持ちわかってるからね』と諭して一時的にはおさめられたとしても、後日また同じことをやらかした!という経験はありませんか?


それは子供にとっては怒る事と褒める事はたいして変わらないからなんです。


怒るということは子供にかまってあげているのと同じで褒めることと変わらないのです。
そして子供は母親に無視されるほど辛いことは無いのです。
褒めるという事と、無視するという事はリンクします。
褒める為にリンクするわけです。
無視する事が大事なんじゃないです。その後褒める事が大事です。だから無視をして冷静に考えさせるんです。


自分で反省できたら子供はしっかりと謝ってきます。
お母さんにさっきは叩いてごめんなさい、もうしない、って言ってくるでしょう。叩いた相手にも謝ります。
その時は褒めてあげます。ちゃんとわかってくれたんだね。叩いたら絶対だめだもんね。と。


先生がペアレントトレーニングでいつもおっしゃってることなんですが、


例えば夫婦喧嘩で
『なんなのその態度!むかつく。』『お前だって!』とか。
口汚く二人でののしり合ってるとします。


その場合、一緒にいるとお互い何で喧嘩や言い争いをしているのか分からなくなるくらい相手に余計なことまでがーっと言ってしまいます。


だけどその時に『俺ちょっと冷静に考えたいから』って『お前の顔見たく無いから実家に帰ってくれ』『私帰らないよ』
『じゃあオレが出て行く』って言われたら


すごく冷静になりませんか?


1人になるといいも悪いも冷静になるわけです。


いなくなると『なんでこんなに怒ってたんだっけ?』『あれ、わたし言い過ぎたかな』とか『よくよく考えたらなんで私がいわれなきゃならないの。やっぱりおかしい!』とか冷静になって考えれます。
目の前の対象物を外してあげる。それが冷静に考えられるポイント。


怒るだけでは意味が無い事なんです。
夫婦喧嘩に照らし合わせればこども達も変わらない事なんです。


先生の例え話はいつもわかりやすい!


引き離して冷静になる時間を与えること。褒めることと無視すること。これらを上手に使うこと。それがペアレントトレーニングでの指導でした。


自分に照らし合わせて考えてみると案外単純なことなんですよねー。


うちの子達にはわかりやすくてシンプルで実践しやすかったです。


良かったら参考にしてみて下さいね。



✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎✳︎

いつもご訪問ありがとうございます!
発達障がいについて沢山の人たちに知って理解して頂けるるように、これからもブログの更新頑張ります!
↓応援クリックよろしくお願いします♡
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村



自閉症児育児ランキングへ

AD