いつもご覧頂きありがとうございます!



こちらは過去のお話です。
当時の日記を引用してブログに載せています。
※当時の思いや言葉をそのまま綴ってます。
いざクリニックへ!!!



その頃、よりこは慢性的な夜泣き(のちに夜驚症と判明)が一段と酷くなり、私は夜な夜な寝不足の日々が続いておりました。




ぷうとも小さかったのでなかなか自由に昼寝もさせてもらえず、産後に抜けた毛が芝生のように頭頂に生えそろってきてそれがまた悲壮感を漂わせていました。

{19111593-6946-4793-B192-6737171947C8}

そして腹は出たままなのに何故か頰だけこけ落ちるという現象、あ、白髪がやたらと増え始めたのもこの頃でした。(散々)




さて、児童精神科のクリニック。

よりこもねねも、明るくて綺麗で絵本が沢山あるこのクリニックを一目で気に入り(笑)、私はまた生育歴をつらつらと問診票に書いて、

先生にもこれまで様々な場所で話してきた同じ話をして…。

{07640841-95FC-46D3-91CC-0C516062062D}
(おかげ様で順を追って話すのが苦手な私が生育歴をスラスラと話せるようになりました。笑)




そして、

{B873BD26-E822-42B0-B179-11C515762A81}

この時、ねねは普通です、と答えた私。

私は親なのに発達障がいや自閉症に実はまだ偏見があったのか、よりこは普通じゃないのか…まだ私は受け入れてないのか…と、この日、自分で発言したこの言葉に何度も後悔し続けるのでした。




さて、最後までよりこに対してよりもねねに熱い視線を送る先生…

{58B66191-D7DD-4797-80AF-0D68524394DE}
めっちゃ不安なんですけど!!!
(当時の日記より)



よりことは正反対で静かに椅子に座って待つねねの様子を先生が熱心に見ていたこと。

それこそがその数ヶ月後「もしかしてねねも何かある?!」と、疑惑を持つキッカケとなりました。




よりこのこと、ねねのこと、家族のこと…聞かれたことをひとしきり話し終えた時、




先生に「お母さんのお話を聞くと、よりこちゃんはちょっと発達の遅れがあると感じました。こちらで次回、検査をしましょう。」と超オブラートに包んだ感じで言われました。




私は「それはやっぱり高機能自閉症の…疑いでしょうか?」と言うと、先生は「うーん、まだわからないけど、もしかするとそうかもしれないですね…」と穏やかにおっしゃいました。




診断名にこだわってはいないけど、よりこの生きづらい部分や苦手な部分、そういったことがようやく発達検査で具体的にわかる…!!


 


よりこは後日、田中ビネーという発達検査を受けることになりました。




さらに発達検査の予約日までもまた数日…

{B63E86EA-03DE-467E-A262-32F94FE7A1BA}
↑再び!!!!笑



ついに発達検査当日。

母親にねねとぷうとを預けてよりことふたりで病院に行きました。




前回同様、絵本を取り出したりおもちゃを出したり、とにかく落ち着かず…

{5F323B29-EEF0-47F1-AC0A-41A264F8E824}

あれだけ沢山のラインナップの中、よりこが気に入った絵本が、、

何故だか、

{7B34694D-79DB-4A99-A99C-38B23AAC7A20}
のっぺらぼうにやたらと興味を示しました。何が面白いのかは明らかにならないままよりこは興味を失いました。




検査に呼ばれた時、どうしてもその本を離せずにギャン泣き。

{004E088F-49DE-4732-BC04-B1377BCE4B63}
もう何を言ってもダメ。既にギャン泣きのよりこにはもう通じません。(私が事前に伝えておくべきでしたがこの頃はまだダメな対応をしてました。)



すると検査の先生が、スッと現れ

{6ECD18B5-FD74-4AE9-8FA3-AC9CB7D98C86}
サクッとよりこを切り替えさせて泣き止ませ、よりこを連れて検査室へ。(母子分離成功!!)
神業!!!




この日は検査だけで先生との診察は無し。検査自体は思ったよりも早く終わりました。

検査を担当してくださった心理士さんからは軽く説明がありました。


◾︎検査の最中、ことあるごとにのっぺらぼうの話をしていたとのこと。集中力が途切れやすい。


◾︎積み木などはパーフェクトだったので数学的なことは問題が無いという印象だったこと。


◾︎言葉の理解力はあること。

しかし自己表現力が弱い。


◾︎一方的に興味のある話(のっぺらぼうの話)をしていたのが気になったとのこと。(話が通らない、空気を読めない)




よりこは私に対しても一方的に興味のあることを話す傾向があり、シーンとした場所でも大きな声で話したり、相手の(幼稚園の先生などの)真剣な話を聞いてないことがよくありました。空気を読めてないからだったのか!

いろんなことをたった45分の検査で見抜いた心理の先生。

すごく驚きました。




検査結果までそれからまた1ヶ月くらい。

次回の予約を入れて帰宅しました。(ゲッソリ)





にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



コメントありがとうございます!
誤字脱字、本当に申し訳ありませんでした。(>_<)
高機能自閉症をなぜか高機能発達障害と書いてしまった私…ほんとアホです。校閲とか絶対できないですね、私。

ここまで注意欠陥あるとこんな風に発達障害についてのブログを書かせていただく資格ないのかな…と
打たれ弱くてちょっと落ち込んでました。笑

凹み中(療育とか病院以外)は、子供達がいない時間を友達とお茶したりしてのんびり過ごしてました。
AちゃんとHちゃんとも会えました♡
その間にも温かいコメントやメッセージが入り…涙!
そしたら復活!!
気持ちを入れ替えて、誤字脱字にも気を付けつつ、これからも頑張ります♡よろしくお願い致します!

コメントも沢山ありがとうございます。
お子さんが大きくなった方々からのコメント、すごくすごく勉強になりました!!そして子供達の未来がとても楽しみになりました。不安ばかりだと顔に出てしまうし、笑って過ごしたいですね!ありがとうございます!共感コメに感動しました。涙

コメントで質問を頂いたものは、このシリーズが終了してから改めてブログで書かせて頂きたいと思います!!

重ねてになりますが、
皆さま、いつも本当にありがとうございます。

一気に進まず長くなってしまいましたが、この「よりこが発達診断」シリーズはあと1回で終わります。
なるべく早く描けるように頑張りますのであと少しの間、よろしくお願い致します(*´꒳`*)

AD

      関連記事

よりこが発達診断を受けたキッカケ.1

よりこが発達診断を受けたキッカケ.2

よりこが発達診断を受けたキッカケ.3

よりこが発達診断を受けたキッカケ.4

よりこが発達診断…【受け入れるということ。】




Aちゃんに紹介してもらった認定こども園の幼児教育支援員の先生に会いに行きました。(今まではブログで保育士さんと表現しておりましたが、正式な名称はこちらです。)

育児や発達についてだけでなく、幼児教育センターと同じ相談(主に就園、就学、発達に関すること)を個別で相談ができます。(予約必須です。)




先生は、よりこと少し距離を置いて、

{D1AF7E09-C950-4373-8416-EFF035E9F9EE}
『先生の名前はR先生といいます。よろしくね』と挨拶して下さいました。




よりこは…

{9E0A707F-DB80-40A4-91C6-C5C1947296E3}

瞬く間に硬直状態に陥りましたが、

{9DF681F9-FDEF-46AF-935D-11172F494B90}
よりこは私と違って人を見る目があります。笑
すぐに優しい先生!と見抜いておりました。

{4DBD179B-553D-4D3B-9AE1-467A6C1A3306}
私は用意されていた書面に生育歴などをひたすら書きました。




そして、R先生と面談。




先生『実はよりこちゃんの幼稚園は私も時々見に行ってるんですが、園では特によりこちゃが気になって見ていたことは無いです。先生から気になると言われてますか?




『先生には私から相談しましたが、『まだ小さいんだから大丈夫!!』と言われてます。寝転がっていたことも先生からではなく、友達のお母さんから聞きました。私としてはすごく心配で。

寝転がってるのは朝ですし、時間が経って慣れたら集団に入れるみたいなのでR先生が幼稚園にいらしてる時はよりこがちょうど馴染めている調子の良い時間なのかもしれません。』




先生『じゃあ今度は朝一番に行ってよりこちゃんに会いに行ってみようかな♪』




とても優しくて話しやすい先生でした。




先生にこれまでのよりこの生育歴や、




3歳児健診をもう一度受けて、臨床心理士の先生から高機能発達障害高機能自閉症の可能性が高いと言われたこと、(誤字でした。訂正します。)

{247DD64A-254F-403B-B002-EBD305420944}
ショックだったし、浮き沈みはありますが私も旦那もよりこの特性を受け入れることができたこと、
臨床心理士さんに勧められた札幌市でやっているこども広場へ行きだしたけど、幼稚園を早退してまで行くことにあまり意味や手ごたえを感じないこと。。(同じ悩みを持っている親御さんの数に対して心理士さんや保育士さんの数が少ないので毎回一言も話せないまま、よりこの一人遊びを見て終わってました。笑)



そのほか、
{EEEAF352-545A-442E-AB73-D504D53810F8}
そして一番の悩み、
{4ABED278-0BFF-4D05-A01B-F62FE825636E}
私は今まで3年間、よりこのひどい癇癪や夜泣きでずっと悩んできたこと、ご近所への騒音(よりこの泣き声)が気になり住んでいたマンションを売却して今の(当時の)郊外の戸建てに引っ越してきたこと。
そのほか、幼稚園の玄関で動かなくなることについてや日頃の困り感などを話しました。



幼稚園の玄関で固まって動かなくなることについては、『よりこちゃんは、不安感が強いからかもしれませんね。先の見通しを立ててあげると良いかも。よりこちゃんは視覚優位な感じがするので朝、玄関で絵カードを使って幼稚園の1日のスケジュールを説明するといいかもしれませんね。』と絵カードを勧められました。



絵カードについては、R先生から幼稚園の先生へ試してみるよう連絡して下さるとのこと。
今後は幼稚園の担任の先生とR先生が連携を取ってよりこをサポートしてくれることになりました。
ものすごい速さで支援の有り難みを実感。
相談して良かった。涙
と心から思えた瞬間でした。



癇癪については、『若干言葉がまだ未熟なように見えるので言葉で言えないことを泣くことで訴えてるのでは?代弁してあげるといいかもしれないね。』とアドバイスを頂きました。



また、幼稚園のみならず日常生活においての困り感もあるので、よりこへの指示の出し方についても相談。細やかに指導して下さいました。



ケース.その1
毎朝、置物のように動かない。(準備ができない。)
{28D2693E-6F19-46C7-9E63-5B0B007BB7E0}
こうして凍りついたまま1ミリたりとも動かないよりこ。(化石化。)



当時はごはんも食べるのを拒否。



トイレも拒否。



とにかく動かない。



よりこの隣でいそいそと準備しているねねを横目に、これでもかというくらい固まります。
ねねの場合は3歳の時から朝の準備は時間がかかっても自分でできていたので私も躍起になっていたところもありました。



ゆっくりでもいいよ、(ねねもできるんだから)時間が大幅にかかったとしてもよりこも絶対できるよ!!



そんな私の思いもいざ知らず、
たまに化石化から二度寝しようとしたり…
{32646B27-0DF5-4234-9123-7181C5C4C442}
こんなのは日常茶飯事。(あ、今でもまだあります。笑→よりこがストラテラを開始した理由



そういう場合は急がせると返って癇癪を起こすので、時間に余裕を持たせた上で、『ひとつひとつ具体的な支持を出すこと』で準備させる方法を教えて下さいました。



たとえば、『急いでね。服を着て!』は✖️。
{E23E5878-21BA-4F97-96A2-34D7C9E6F0E3}
何をしてもいいかわからないそうなので、(何から手をつけたらいいのかわからないのか?)



『まずパジャマを脱ごうね』と指示。



脱げたら、褒める!
できたね、と褒める。



そして『ズボンを履こうね』とズボンを目の前に出す。



と、いうように何をしてほしいかを具体的に1つずつ指示すること。できたら褒めること。



大変だけどその繰り返しが大切とのこと。



朝が大変だとか、そういった日常の困り感などについては、このR先生が色々と的確なアドバイスをして下さったのでかなり心強かったです。(改めて指導を記録した日記を読み返し、初心に返りました。笑)



帰り際、



先生『お母さん、よく頑張ってきましたね。今まで色んな工夫をされてきたようで…感心しました。』

{185109A3-DC58-40AE-B7FC-AF44F8203BD6}

私、今まで『大変そうだね!』とか散々同情はされてきたものの、褒められることが本当に無くて。

{4A6CE1C4-BE05-4616-89DB-B046029D3B43}


先生『お母さんはすごく頑張ってます、よりこちゃんのこと理解しようと頑張ってます。自信を持って!』




R先生に出会って、私はまた一歩、前に進めた気がしました。




にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村



数日前に月のものが来ました。やつが訪れるとなんでこうも昼夜問わず眠くなるのでしょうか…無気力ピスケ

毎晩子供たちよりも先に眠ってしまうような気がします。


そして、ぷうと。

こやつの悩みもまた尽きず、苦労しております。

昨日は叱りすぎて胃が痛くなりました。気合いピスケ


そんな中、頂いたコメントやメッセージを読んで元気をもらってます。たくさんのコメントありがとうございました!

頂いたコメントの質問の中からまたブログを書きたいと思います♡

いつもよりこの話にお付き合い下さりありがとうございます。過去を辿って記事を書いているので、長くなり本当に申し訳ありませんとびだすピスケ1


AD



それから、児童精神科を受診するまで数ヶ月あり、
Aちゃんが紹介してくれた保育士の先生に会う日までも、まだ2週間くらいありました。
{D8AE28D2-656C-4581-8C1B-B6FD1E757085}
受け入れたはずなのに何故か悶々とする…



受け入れたようで受け入れてない!
っていう…



さて、
父親の受容について、コメントがありました。



{8900D598-F603-4F98-B7CD-8872DE567952}



我が家の場合、旦那氏に臨床心理士さんの結果をラインで報告した時、「了解!帰ったら話そう〜」とそんなに、いや全然、気が抜けるほどショックを受けてない様子でした。。



帰ってきてから改めて臨床心理士さんとの面談の話をすると、
{2F307049-402C-4AE6-ABF0-4F3F4F456876}
あ、あれ?!



シーン。。。



ち、沈黙…
{6EE45370-8449-4D84-89C6-D81258CDDF30}
いつも優しい旦那氏が言葉数少ないと、なんか
怖い!!



しばらくして、



テレビに視線を向けたまま、
{336278C8-D1A6-4612-98AF-F8431DFA2EEF}
旦那氏が笑いながら言いました。



気丈に振る舞ってるけど、



めっちゃショックを受けてるのがわかりました。




『だってさ、よりこの荒くれ者な性格にひとつ診断名がついただけだよ、何も変わらないじゃん。悲しむなんて変だしさ。』と言ってました。



けれど、
{40AD5677-3EFB-4731-AFF8-C5179F30D4D6}

以来何事も無かったかのように、その話を夫婦で交わすことなく数日が過ぎ…



ある日、旦那氏からライン。



『実はタマちゃんとよりこがこの間検査を受けるずっと前から、よりこの癇癪が気になっててさ、よくネットで調べてたんだ。発達障がいについても知識としてはあった。でもそれを疑ったらよりこを、自分が『障がい者』にしてしまうようで…言い出せなかったんだ。』と。



『でもさ、この数日間、冷静に考えて『これって遺伝じゃないかな?』って思ったんだよね。俺とタマちゃんの。』



関連記事があります

自分も発達障がいの可能性があると言い出し、(私も自閉症スペクトラム症を調べていくうちに、数学が天才的なのに国語が絶望的にできない、そういった凸凹がある旦那氏に疑いの目を向けていました。笑)





『とにかく、『障がい』って名前にとらわれて、偏見の目を持っていた自分がすごく恥ずかしいよ。俺はもう理解したよ。発達障がいでも高機能自閉症でも診断名はこの際なんでもいいよ、勉強してよりこが生きづらさを感じないように色々努力したい。』



『俺とタマちゃんみたいに、自分も家族も友達も大好きって思える子になればよくない?凸凹がある自分を恥ずかしいとか悲観したりしないように沢山自信を持たせて自分を絶対に嫌いにならないようにしよ!それが一番だと思うよ』



『うん。。。!』



夫婦で発達障がいを理解し合えた日でした。(ラインで。笑)



ちなみに、私はというとそれまで、図書館で色んな書籍を読み漁り、様々な育児法、対処法など沢山の情報を得ておりました。



最初は、確実に癇癪を起こさないように受容する方法でよりこと関わるようにしました。結果、以前よりは癇癪を起こさないようにはなりました。
{84358D28-4374-4A36-8C32-187501561D1B}
『やっぱり、よりこは高機能自閉症ではないかもしれない。』
あの日涙を流して受け入れたはずなのに、時折受け入れきれていない自分がいました。

(今は癇癪を起こさないように受容…はしてません。(理由は受容してくれる人がいないと癇癪は減らないので。)今はダメな行動(癇癪)を『無視』する方法で、かなり減っています。)



そして、
{92D86E6B-A152-484B-9C1A-86835787D787}
知識を得れば得るほど、自分に似ているよりこ。
自分を責めるという、負のスパイラルに陥ってました。



でも旦那氏に言われた言葉、
『自分を大好きな子に育てよう』



で、完全に前を向くことができました。



障がいを受け入れたと思っても、心の奥底でなかなか受け入れられないのは、愛情の賜物かもしれません。
子供を愛してるが故に、どうしても受け入れられない。絶対違う、と信じたい。子供の可能性を信じたい!!
特に父親という存在は子供と四六時中一緒に生活していない方が多いので、母親よりも育てにくさや困り感が少なくて、理解しづらいと聞きます。
そして『自閉症』とか『発達障がい』とか知識が無いと重いネーミングが、さらに受け入れ難くさせていると思います。



とてもわかります。
私たちも通ってきた道です!!



事実、全て描き切れてませんが、色んな悩みや葛藤を経て今の前向きな私たちがいます。
『理解しよう』と寄り添う気持ちが大切です。ゆっくり、ゆ〜っくりでも子供の歩幅に合わせて寄り添えればそれでいいと思います!






にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村


沢山のコメントありがとうございます!
共感コメに共感して涙しました…大泣きうさぎ
もう、コメントの状況を想像しただけで共感できて…ウルウル。ありがとうございます。
ひとりじゃない!
頑張りましょうね!!

{6DED577E-1520-49A9-AADC-5C579C17EC0A}


児童精神科の予約…札幌市の方で1ヶ月くらいで受診できたというコメントに驚きました!同じ市内なのにー!私の周りではその早さの受診は恐らく聞いたことが無いので、市内でも地域によるのかなぁ、と勉強になりました!
ちなみに、その後私は小児科の先生から知り合いの児童精神科を紹介してもらうことができて通常よりは早く受診できましたが、それでもやっぱり数ヶ月は待ちましたショックなうさぎ



{D35D949B-E72C-4C61-B31E-73398937AF88}

ありがとうございます!
私、よりこのハイハイの特徴に記憶が無くて。泣
普通に高速ハイハイしていたのは覚えています。膝をつかないハイハイ、みたいのはやっていたかも!(誰かやってたなーと。笑)
歩き始めが1歳を過ぎてからなんですが、ハイハイ期間は結構長かったです。
2歳の誕生日で平仮名片仮名とはすごいですね!天才?!ってビックリですね!!数字や文字が好きな理由も納得ですよね!
ちなみに3歳のぷうとは、平仮名一文字も読めないですあんぐりうさぎ

{F608759F-7015-4ECA-9D3A-08E942409EE6}


線引き…難しいですよね。
どこが苦手でどこが良くできて…その子によって様々な凸凹があるのが発達障がいなので、ここっていう線引きは難しいんじゃないかな。と私は思ってます。
現にグレーゾーンは物凄く幅広いらしいです。

結局はやっぱり母親の困り感がどこにあるかと、きちんと検査を受けてその結果を見て医師が診断するものだから、説明するのは難しいのかもしれませんねとびだすピスケ1
お役に立てなくて申し訳ありません!













AD