電話では、「雪が積もっていなければ洞窟に行ける!」と聞いていたのだが、正直洞窟に何をしに行くのかは全く意味がわかっていなかった。

ところがどうだろう!

 

 

 床から天井近くまで、見渡す限りのフォンティーナチーズが何百?いや何千?いやもっと!なんと3万台熟成されているではないか!!

 

 

そもそも何故洞窟かというと、夏と冬で温度がほとんど変わらない事。

そして山水を引いているから、洞窟内の湿度を高い状態でキープできるからとのこと。

 

 

この棚は出荷が済んだばかりで、板だけ残っている。

 

 

板も取り除かれ、洗って干してまた使うとのこと。

板の向こうは洞窟なのである。

 

 

こちらは昔、最初に作られたセクションだ。

昔は細く長く洞窟を掘り進んでいたということだ。

そして、よく見ると線路が引いてある。

 

 

この様に、列車を使って搬入や搬出をしている。

 

 

 驚くべきは、必ず一日一回塩水でブラシをかけれられ、上下の向きを反対にして熟成されていることである。盆も正月もクリスマスも毎日である。

「ペットの様に毎日撫でて可愛がっているんだ」と担当のルイージさんが説明してくれた。

 

 この職員さんは、写真を撮られ慣れていると感じた。

ポーズの取り方や表情が非常に上手い。(写真はちょっと下手でした、、)

 

 

 私が訪問したのは、フォンティーナチーズの農協である。

約300の酪農家や酪農工場(チーズ製作所)から構成され、熟成前のチーズを農協が買い取り、農協は熟成と品質管理、販売を担っているとのことだ。

チーズが出来上がるまでは6ヶ月かかるので、酪農家等にとってはすぐに現金収入が生まれ、酪農に専念できるというメリットが生まれる。

 

 

農協は、品質の統一化とブランディング、国内外への販売に専念している。

実に合理的で上手くできた仕組みだと感じた。

生産者さんも農協の職員さんも、フォンティーナチーズに誇りを持って仕事にのぞんでいる。

 

 

ちなみに下の方に刻印があるアルファベットと番号を辿ると、どの酪農家の乳を使ってどのチーズ製作所でできたものかがわかるということだ。

 

 

ということで、試食タイムだ!

ややハードのこのチーズは非常に我々日本人にも食べやすい。照れ照れ

特徴的な味わいだが、食べ始めると止まらない。

これにパンと白ワインがあればさぞ楽しい宴会になるだろう!爆  笑爆  笑

 

この旅に同伴している弊社のパティシエがこのフォンティーナを使ってどんなチーズケーキを作るのか!?楽しみでならない。

 

 

この後はまたすぐに3時間の移動。

14時のアポに間に合うかな?ウインク

 

AD