かなり大きいみたいなんで気をつけて下さい!

知らない間にオリンピックや高校野球(興味ないですが^^;)も終わり
今、少し前に録画していた、たかじんの委員会番組拝見しましたが
8月15日終戦日に靖国神社に1国の総理が参拝に行くかの議題に
話し合ってたコーナーがありました、、、、なんで毎年この事を議論してるのか
分かりません。
世界大戦は人類2度ですが在り。そのほかにも
それぞれの隣国戦略戦争は、島国の日本でも元(モンゴル)に攻められ、攻めたり(豊臣政権)とその後近代にもありました。

国の為に礎になり今日の自分たちの社会に貢献して頂いた方たちに感謝とかは十分思えるんですが
1人や数人の権力者の為に振り回されてきた平民が、権力者に振り回されてきた事を今後行わない振り回されない!誰をも殺さず殺されずを誓い合うだけのシンプルなものだと思うんですが。
違うんですかね?

だから民衆の代表としての政治家の方は15日に行くとかは個人の問題で、大東亜戦争で亡くなった方達だけに年に1度参拝するんではなく、倭の国の過去のすべての方達に向けて政治家に当選したときに、自分の政治生命にかけて国民を戦時の渦中にいれませんと誓いに行くだけで当選したときだけ政治家としていけば良いと思います。15日に行きたい人は行けばいいし行かなくても問題ないと思いますが。選挙戦の為に使われていそうで、そうあると悲しいです。

言い方きついですが、テレビでコメント述べてる方や作り手すべて。そして政治家や役人は。事の問題を解決する気が全く無いのが見るに耐えませんよね。解決すると自分たちの存在意義が無くなりますんで。

シンプルな職業につけれて本当に感謝しています。
成すべき事を成すだけです!

それを形にすることで先祖と社会に貢献していく心を忘れないで居たいです。

すみません今日はこんなんで




AD