mami's GOHAN , ART & BIRD LIFE

時間とお金をかけないで楽しく料理♪
絵を描いています
HR/HMをちょっと聴きます 
文鳥3、十姉妹8、錦華鳥4、胡錦鳥1、鹿の子雀1、猫1、熱帯魚、植物と
そして家族と友達がいれば幸せ!!


テーマ:


代表的なお土産を地元に方にたずねたけれど
これといったものはなく、
駅近くの酒屋さんに飛び込んだ
お勧めの酒蔵さんから、3本を選びました。
お値段も段階的です。

晩酌向け
辛口でお酒の好きな方向け
ちょっぴり高級

小さな小さな打ち上げの日に、
開けようかな🎵
🍶
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


朝、仕込んでおいた手羽元。
常備している調味料に、生のニンニクを漬け込んだ醤油があります。
これだけで、大抵のものは美味しくなります。
ニンニク醤油に卸し生姜をたっぷり入れて、
これにお肉を漬けておきました。
帰宅してからでも簡単に唐揚げ\(^o^)/
衣は片栗粉です。
皆さんは、
小麦粉派ですか?
片栗粉派ですか?

わたしは、麦(小麦粉)より芋(片栗粉)派です。
焼酎と同じ(///∇///)(違ってへぺろ

オマケ、卵焼きは具が多すぎて崩壊しました(笑)
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



友人のひとりに、大きさ比較のためにモデルになってもらいました。

横長のF60を2枚連結した作品と、
縦長のF30を3枚連結した作品を展示しました。
第27回虹の会展、川崎でのグループ展です。
こちらに参加して8年になります。

ずっと、見てくださってる方々から、進化してると、前向きなご意見もあり、
また、有難くもかなり厳しいご意見も沢山頂きました。
講評会以外にもプレゼンテーションのご要望がありました。
本当に有難いです。
興味を持たれないことが一番怖いです。
どんな事でも、感想を持っていただけるのは絵の前に足を停めてくださったということです。

向かって右は「morning dance」
左の縦長は「full moon fever」とつけました
作品とタイトルからどのように受け止めてくださるか楽しみでした。

まだまだ、拙い作品ですが、ご来場ありがとうございました。
また、メッセージ、ご連絡、応援ありがとうございました。
次の目標目指して頑張ります爆笑
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
取り敢えず写真撮って、
そのときはこんな逸話を
書こうとか思っていても、
適当な私は忘れてしまいます。
という事で順序メチャクチャいつかの料理たちですあんぐりうさぎあんぐりうさぎ



豚のばら肉と白菜しかなかったので、
見た目何とかして、一見豪華に(笑)
真ん中あいちゃったので、キノコ積めてみたよ


お肉少なくて、白菜山盛り食べられました。

肉団子食べたいなーと、
鶏のむね肉を細かく叩いて、長ネギ、
生姜、卵ときな粉を入れて練り、
スプーン2つで団子-○○○にして、
春菊などと鳥出汁の鍋にしてみました。
これは思ったより美味しかった。
肉団子や魚介のつみれは自分で作る方が美味しいですよねウインク


野菜たっぷりなんちゃって鍋。
ホントに野菜だけ~‹‹\(´ω` )/››‹‹\( ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››
野菜不足を感じてて、一度に沢山食べるにはどうしようと考えた結果このような鍋にw


人参ってゆたかな色彩で、見つけると全色欲しくなります。
オレンジはもちろん、紫、白、黄色。
シリシリにしたらどんなにきれいかと(///∇///)

別々に煮たらよかったな。
色が移って何となく多色なだけになっちゃった。
次回は気をけようてへぺろ


ヤーコンって、炒めても煮ても生でも美味しく頂ける野菜です。灰汁もそんなにありません。
皮の赤い大根とヤーコンのサラダ、しゃきしゃきな食感も微妙に異なり美味しいです。

温野菜たっぷりと、出汁で焼き浸し、
トマトソースで柔らかく煮込んだとり肉を乗せただけ。
食器洗いを少なくするための一緒盛りだけど、なんとなく豪華に見える(笑)

一時期マイブームにしていた一品。
色々な青物野菜を生、あるいは軽く炙って敷き、茹でたとりを乗せます。
パクチーをみじん切りにして、醤油、ナンプラー、胡麻油を合えて、掛けます。
なんちゃってシンガポール料理


いんげんととり肉を茹でて、
カッテージチーズ、塩、作りおきのバジルペーストを合えて乗せただけ。
白ワインと相性いいです。


何度かとり肉を茹でて……と書きましたが、それってとりの出汁が出てるので捨てるのは勿体ないですね。
卵落として、玉ねぎと少量の塩。
粗びき胡椒もお好みで。
急ぎの一品になりますね

これは、海賊焼と勝手に言ってます。
根菜色々、緑の実野菜を炒めて、最後に照り焼きのタレを回し掛けて盛り付け、
そのままそのフライパンで鱈の切り身を焼いただけ。
豪快に盛り付けて、豪快に頂きます。



いい野菜が手に入ったら、余計なことはしなくても美味しいものです。
緑黄色野菜は切らずに軽くオリーブオイルで炒め、色々な種類のレタスや水菜も大きな葉のまま並べ、火の通ったちぎったはんぺんやとり肉をアクセントにして、
美味しい取って置きの塩を付けながら頂きます。忙しいときでもいい野菜があれば5分で出来上がり


これは、手抜き中の手抜き❗❗
炙ったハンペンをサイコロ状に切り、胡瓜、生ハムのハギレ、ベーコンの薫製のハギレ、そこにヨーグルト、塩、香り付けのレモン、オリーブオイル、粗びき胡椒などでドレッシングを作り合えただけ。
ハギレもなかなか使えますよね。

長々と読んで頂いてありがとうございます。
まだまだ、撮りためた料理写真があるので、またよろしくお願いいたしますm(._.)m
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
年末年始のものだけでなく、写真が山盛り貯まってきました。
取り敢えず写真とっとこかなー的なノリなので、どうやって作ったかも忘れてたりしますw



↑まず来客と、先方にお邪魔するのに持っていくために用意した料理。

今年は作るのをやめようと決めて、
おせちは、やめました。
なんとなくそれっぽくして、お重に詰めて終わり(笑)


↑こちらは完全に来客用に用意しました。
生ハムとお寿司は作ってないですよw


↑蜂の巣の蜜の塊を頂きました。
これ、このまま食べても美味しい。
煮物に使いました。
優しい甘味がいい感じです。


↑お正月はあまり野菜を摂らなくなるので、サラダもね。
4色の人参やさつまいも、カリフラワーなど、温野菜中心です。


↑紫玉葱と赤い大根をサッと晒し、カボチャサラダ。色が綺麗です。


↑私は味見程度でしたが、これだけ空いてました(笑)
これ以外にも飲んでました~~w


↑これは年末にある場所にお邪魔したときに、持ち込んだ料理。
現場で盛り付けたところがないので色気ないですねw、
リンゴと生野菜のサラダ、サーモンのカルパッチョ、鶏肉と2色のパプリカのハーブ炒め。千葉県産の菜の花のからし和え、これほんとは鱈のバター炒めと和えるはずが持っていくの忘れました(笑)


↑そこでいただいたらワイン。
お料理にあわせて選んでくださったのもあり、美味しかった\(^o^)/


↑ほうれん草の真ん中に目玉焼きするの大好き❤
料理の名前が出てこない…


↑鰤の照り焼きは、山ほど作りました。


↑冬、結構寒くなっても庭でピーマンが収穫できるのですが小ぶりで固め。
きんぴらが、思いもよらず美味しかったです。


父が広島出身なので牡蠣は大好きです。
生牡蠣を、適当に作ったポン酢で。
日本酒合いますね。


↑鰤でなく、その手前の「いなだ」です。
捌くには、丁度いい大きさ。お刺身以外の粗は煮込んでスープストック取りました。


↑御坊と牛肉は相性がいいですね。
あとは、ヤーコンといんげん豆だったかな?
歯ごたえいい感じです。


↑ルッコラ山盛りとヤーコンのゴマ和え。
なかなかいけます❗❗

一度にたくさん上げてしまいました。
まだまだ、続きますつながるうさぎカナヘイハート
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
とうとう2016年も最後の日となりました。
胸に仕舞っておこうとも思いましたが、
やはり、12年と7か月の思い出は話しておきたいなと思います。
 
10月27日18:43 1羽の文鳥が逝きました。
手のひらにすっぽり入る小さな小鳥です。
「文鳥」を知らない方がいらっしゃいましたら、このblogで、
こんなに愛すべき小さな命があるんだと感じていただけたら嬉しいです。

 
2004年4月に、文鳥の雛を迎えました。
大きなふごの中に10羽以上の雛が寄り添っていて、ふたを開けた途端に、
ぴょんと背伸びをして目が合いました。
迷うことなく連れ帰りました。亡くなった子供の名前を取ってMomoと名付けましたラブラブ

↑これはうちに来て数日後です。
今はこんなに未成熟な雛はショップにいません。
当時は親鳥から離すのが早すぎましたね。
そして、この頃持っていたデジカメは解析度も低く、接写も出来ないので
殆どピンぼけです(笑)

↑お口のパッキンもまだはっきりと残り、やっと羽もはえ揃ってきました。

飛ぶのもうまくなり、雛の羽が生えそろい、くちばしもピンクになってきました。

お気に入りの場所が決まるまでどんなところにも飛んで行ってしまうので、
危ない所を教えます。

↑雛トヤも終わり、立派なごま塩文鳥の♂!
耳が大好きで耳元でダンスして歌うものだから煩いの可愛いのってww

↑3歳になるころ、右胸から出血・・・慌てて鳥の病院を検索して診察をしてもらいました。
自咬症(毛引き)でした。
ストレスというより、肝機能障害で気持ちが悪くて突いていたようです。
自作のエリザベスを巻き(このエリザベスの制作は試行錯誤でした)、
何か月もかかって奇跡の完治。
このあと、全く自咬しなくなりました。

↑PCのマウスを持っていると、焼きもちw
手の中に自分から入ってきました♥
 
くちばしが伸びて来てしまうのも代謝不良。
シード類から、完全ペレット食にして、栄養バランスをとれるようになるまで、
Momoは3か月もかかりました。
(因みにBlancブランちゃんは、たったの2週間あんぐりうさぎ
この後、うちの鳥たちは病気やおやつ以外は100%ペレット食となりました。
この後から、Momoは生涯通院の日々でした。

↑先にお星さまになったBlancブランちゃんとの仲良しというか喧嘩というかwww
まだ若鳥どうし、にぎやかでした♪

なにしろ、人が大好きでいつも、ピトっと手に乗っていました。
 

羽毛障害気味で薄毛、ふわふわの羽です照れ

文鳥のきゃるきゃるは、怒られても和みますよね♪

↑Momoは容器でも水浴びしますが、手のひらの中でするのが大好きでした。
水浴びしたくなると、水道の蛇口に止まってアピール。
こんなに小さいのに賢いですよね。

他の鳥たちはかじったり、乗ったりでしたが、
Momoは本を読んでいると、
本と手の間に自分から入りこんで眠るのが好きでした。
安心だったのでしょうね~~

 
↓手を置いていると、いつの間にか、寄り添います。
こうなると、何もできなくなりました。
みなさんの文鳥さんも手の中で寝てしまいますよね?
動けなくなって、しかも催眠を誘発されるので一緒に寝てしまいたくなりますよねぇ(笑)

何をしても怒らないので、にぎころ文鳥でしたカナヘイハートカナヘイハート

他の種類の鳥たちにも寛容で十姉妹と平気でおやつ。
雄雌種類関係なく、みんなにモテモテのMomoでした。

お行儀悪くてごめんなさいてへぺろうさぎ手が空いていないと、足でもいいようです(笑)
何しろいつも一緒でした。
作業中は必ず左肩に乗ってお行儀よくしていました。
いや、時々耳たぶかじられて歌うたって・・・
楽しそうだったので痛いのも嬉しかった(Mじゃないですぞ)

駐車場にて
通院に早く着きすぎると、車内で遊んでいました。
ドライブは大好きでした。
外を観るのが大好き、私をみて、歌っていました。

手の中での水浴び。
時々十姉妹のWasabiちゃんが便乗!!
でも、全然気にしていません。
本当に寛容な文鳥でした。カナヘイきらきらカナヘイきらきら

白髪になってきているの分かりますか?
全体に白い羽になって、
模様の境目もなくなってしまいました。

高齢になってきてケージ暮らしが辛く、
右に傾いてしまうように。
そうそう、この時点までで3回危篤になり、
小鳥の病院birdhouseの先生に
いつも助けていただきました。
くちばしの腫瘍も2回切除して頂きました。
たくさんの投薬や点鼻点眼、施術に耐えて、本当にいい子でした。

白内障で左右の目がほとんど見てなくなりましたが、
やはり手に乗っていると安心して歌を歌っていました。

ポーズをお願いしてもいいモデルっぷりでした。

モフモフのお餅キラキラ
 

↑2017年文鳥の日です。
4月に12歳になり、症状から夏は越えられないと言われていたので、
文鳥の日をMomoと迎えられて嬉しかった。+.。ヽ(*//∇//)ノ。.+。キャハッ
 
↓10月27日体重が激減して全く食べられていません。
ちょうど、錦華鳥のJollyに強制給餌していたので、Momoにもスポイトで与えました。
ふたくちだけ食べてくれました。

もう、お別れなのがわかりました。
それから5時間、
「大丈夫だよ、怖くないよ、ずっと一緒にいるからね」と励まして、
彼は大好きな手の中にいました。
寒くないように「保火炉ン」も一緒です。
最期に、呼吸がしづらそうになり、
2回ほど痙攣して逝きました。


 

その日は家にいられて、よかった。

一緒に過ごせて本当に楽しい12年と7か月でした。
悲しいけれど、Momoを想うと、
幸せな楽しい気持ちが胸いっぱいになります。
色々あったけれど、文鳥という生き物は、「しあわせ」と読み替えられます。
 
 

Momoには紫と決めていました。
皇帝(西洋では)の色ですね。

仏壇の近くに動物たちのお供えをしています。

Momoのために秋の花を活けました。
長く咲いてくれて、和みました。
 
コラージュ作ってみました。
・・・いつまでも大好きだよ、
Momoとびだすうさぎ2カナヘイハート恋の矢ラブラブラブラブ

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
色々な人参頂きました。
色によって固さや食感が違います。
生でたべられるもの、
固くて火を通した方が食べやすいもの。


紫人参が一番固いです
切ると中はオレンジのグラデーション
黄色が甘味が強く柔らかく感じます
収穫時期やロットによっても違うのかな?

今回は皆同じように細くて長さも同じくらいなので、
フライパンで焼いて、軽く塩をベースにしたシンプルな味付けにしてみました。
なかなか、美味しかった🎵🎵




年末は、お気に入りの道の駅に
野菜を仕入れにいきます
今回は何があるかな❗
つながるうさぎカナヘイハート
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
キノコ類、紫人参、セロリのアヒージョ。
自分で作るとお店ほど
オリーブオイルは、
ドボドボ入れられないもんですねw




2皿作りましたカナヘイ花

これにはワインでしょ




そして、残ったオイルと出汁で
パスタソースを作りましたナイフとフォーク







ドライ塩トマト入れてほんのり甘味が増します。

そして、更にソースが残ったので
水抜した木綿豆腐にのせて焼きました気合いピスケ


ちょっぴりお醤油足して、お豆腐から出る水分に味を強くしました

3日間のアレンジでした。
ちゃんちゃん🎵🎵
再利用料理過ぎますね(笑)(笑)

爆笑ニヤリウインクおねがい照れ爆笑ニコニコニヤリウインクおねがい照れ
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
年に数回、動物たちの生活周りの徹底的なお掃除をします。

うちには現在16羽の鳥がいます。
ケージ数は10個。
毎日ケージの床の新聞紙を交換して拭き掃除、汚れがひどいときは洗っている程度。
なので、時々大掃除しないと気合いピスケ

2人がかりで朝の8時から13時までぶっ通しで作業~
先に順番にケージを丸洗いして終わったら日向ぼっこ。
全員ではありません。
療養中の錦華鳥ジョリーと、パニック障害のボンボンは、室内待機。


風もなく穏やかな晴天で助かりました。


後でダッコしたらみんな太陽の香りがしましたw
保温器も全部分解して掃除、電球もピカピカに。
電源コードももちろん拭きますとびだすうさぎ2

みんなが日向ぼっこしている間に
ケージを入れている温室もガラス外して、隅々まで拭き掃除。
カバー類は洗濯して干しています。



もう、指が効かなくなるくらい細かい掃除しました!
除菌もしていますキラキラ

↓↓これは春の掃除のときの1枚
芝生の上で日向ぼっこしています
今とはメンバーがちがう懐かしい写真です



そうそう、実はうちには黒猫がいます。
黒猫しっぽ黒猫あたま
鳥との共存に色々試行錯誤しました。
殆ど雛から育てているので、
飛び始める頃に、危ないところや心配なところに行かないように教えます。
窓、カーテンレール、天井の照明のプロペラ、猫の近く、猫のケージ、キッチンのガスコンロ等々。
放鳥中は目を離さないようにしていますがもしやということがあるので、大人になる前に覚えてもらいます。

覚えるまでは危険なので、猫のぴっちのケージにはカバーをしていました。
これも試行錯誤で作りました。
屋上には塩ビの板を張ってあります。
万が一止まって中に落ちてしまったら…
そして、ぴっちそっくりの人形を置いて威嚇です。
厚手のビニールシートって高額ですねw
お財布痛かったw



全部終わって汗びっしょり、掃除機かけて外の温度が下がるまでには何とか終わりました。
ピカピカ~


加湿器も洗ってさっぱり。
鳥たちも水浴びしてさっぱり。
猫も爪切って、ブラッシングして、ケージ掃除してさっぱり。
人間もお風呂入ってさっぱり。
そして、ぐったり‹‹\(´ω` )/››‹‹\( ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››














いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
最初の1品はサラダカナヘイ花
カボチャ1:ジャガイモ3の割合でサラダを作りました
年末となるとお付き合いで購入するものがいくつかありハムもその一つ
サラダの彩りにカナヘイうさぎ


次は大根がメインカナヘイきらきら
地元の農家さんの、おっきな大根を手に
入れたのだけど大きすぎて冷蔵庫に入らない
という事で、厚切りにして圧力鍋で煮ました
鶏肉とキノコ類も一緒につながるうさぎ

出汁はこれが気に入ってますてへぺろうさぎ↓↓↓


さて、次はちょっと失敗したのだけど⤵⤵
キノコ類3~4種類とスナップえんどう、
セロリ、人参、お肉すこーしを
オーブンで丸焼き
味は良かったのだけど、オリーブオイルをかけるのを忘れてちょっと焦げちゃったw


最後に豆腐料理
これ10分で出来ます
時間がないとき温かいお豆腐食べたくなると作ります
今回は長ネギのぶつ切り、しめじ、木綿豆腐をそばつゆで割った出汁で煮ながら
卵を落としました

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。