女性税理士のまいにち

福岡県久留米市の税理士です。
会社経営、起業、税金、経理などで困ったことはありませんか?
何でも相談してください。
一緒に考え、解決して、成長していきましょう。


テーマ:
こんばんは。
久留米の税理士 益永です。

家内労働者等の必要経費の特例について、お客様とお話していて気になったので調べてみました。

家内労働者等の必要経費の特例とは
ひらめき電球 事業所得、雑所得がある方は、実際には経費が0円でも65万円は計上できる、という規定。
ただし、収入金額がマックスです。


また給与が65万円以上ある場合はこの規定は使えません

給与の収入金額が65万円未満のときは、(65万円-その給与の収入金額)と、(事業所得や雑所得の実際の経費)とを比べて高い方が、事業所得や雑所得の必要経費になります。


 ひらめき電球対象となる家内労働者等とは、家内労働法に規定する家内労働者や、外交員、集金人、電力量計の検針人のほか、特定の人に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とする人をいいます。

家庭内労働者とはいわゆる内職。

その他具体的には

郵便局の簡保外交員
予備校教師
シルバー人材センター
乳酸菌飲料の訪問販売員
など。

特定の人に対して継続的に人的役務の提供を行うことを業務とする人とは、


例えば学習塾A社と学習塾B社と契約して報酬をもらう場合、この規定が使えます。
が、自分で学習塾を開いて生徒を集めると、不特定多数の人に役務の提供をすることになるので、使えない。となります。


もしかして私この規定使える?という方は、税務署や税理士にお尋ねくださいね。





 応援ポチお願いします!
にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村


益永真見子税理士事務所ホームページ
初回無料相談のお知らせです。(60分)悩まずにご相談下さい。
電話ですと出られないこともありますので、メールでのご連絡をお勧めします。
お問い合わせメールはこちら
メールのみでのご相談の場合、何往復でも無料です!
お問い合わせ 0942-22-7893





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

久留米の女性税理士 益永 真見子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。