マミ・アートミュージック 名東区

名古屋市 名東区にあるピアノ&ギター&ドラム&ベース&ヴォーカル&トロンボーン音楽教室です
北区教室も開校しました!(ギター ベース ヴォーカル)

教室HPはこちら

教えの音楽ジャンルは
クラシック、ロック、ポピュラー、アニメソング

ベル教室詳細はブログ左側の[THEME]よりご参照ください


憧れのピアノ曲を演奏する楽しみ、喜び


を究極のモットーに、演奏技法の他、それに伴うソルフェージュや楽典を取り入れています。

ピアノ演奏対象年齢は幼稚園年少より音譜


生徒の皆さんが胸を張って「特技はピアノ!!
と自己紹介が出来ますように。
ピアノ演奏はホント楽しいものです。その楽しさはピアノに触れてみた人でなければわかりません。
どうかピアノを一生のお友達としてください。
今まで弾いてこられた方も、
これから弾いてみよう!という方も!
そして皆さんと音楽の楽しみを分かち合いたい
「マミ・アートミュージック」です。

ピアノを始めてみたい方、既に始めている方、


上手になりたいのに、ピアノに楽しみを見出せず


挫折した経験のある方




こちら
までお気軽にお問い合わせを手紙


(お電話でのお問い合わせは052-704-2021または
052-734-9409
まで※レッスン中はお取次ぎできない場合がございます。ご了承くださいませ)

ギター、ベース、ドラム、ボーカル、キッズ開講中!&無料体験レッスン実施中!



講師演奏動画




詳細は各レッスンテーマをご参照ください音譜










テーマ:

子供達の夏休みもあとわずか。

今年も春〜夏に向けて、頑張る子供達ひとりひとりのドラマがありました。

ピティナコンペにきらめき音楽祭..
笑った子、涙が出た子、、
ピアノの演奏技能はもちろんのこと、どの子達にも「強さ逞しさ美しさ」が更に身に付きました。
これが頑張った最高のご褒美だと思います^^

私もたくさん笑ってたくさん泣きました爆  笑笑い泣きたくさん学びました。
そして日々の地道なレッスンの大切さを毎年噛み締めます。


長い夏休みを頂いてリフレッシュ!!

秋からもモリモリ頑張りましょう!!
日々のレッスン、秋のコンクール、セッションパーティー、そして発表会音譜

ああ、ピアノ発表会の選曲もそろそろはじまるね、みんな!
どんな曲を弾きたいですか?

ピアノ発表会は
2017年3/11(土)12(日)の二日間
名東文化小劇場で行いますドキドキ

楽しみですね!

(mami)

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちわクローバー ピアノ講師 大河内です。

お盆休みも終わり、夏休みも終盤を迎えましたね!
毎日酷暑が続いておりますが、皆さま体調など崩されてはいらっしゃらないでしょうかあせる


今日は、とっても嬉しいご報告がありますベル

お盆前の8月10日、熱田文化小劇場にて「きらめき音楽祭」が開催されました。





弥富教室からはS君が参加してくれまして。。

ちょっと難しめの、湯山昭さん作曲の「鬼あられ」を立派に弾きこなしてくれた結果、

「優秀賞」!!合格クラッカー

さらに、Wで「指導者オーディエンス賞」なるものを受賞しました~~グッド!

始めての参加で2つの賞を受賞とは本当に素晴らしいです。
S君の名前が呼ばれた時は感激でウルッしょぼんとしました。

これも、日々努力を積み重ねて頑張ってきた結果が成果として出たんだと思います。
本当にS君、良く頑張りました!!



次回11月に行われる「Final」の出場権を得られ、
またさらなる目標に向かってどんどん伸びていってほしいものですアップ


マミ先生の生徒さんも全員入賞されました!!
素晴らしい事です!!
皆様本当におめでとうございますラブラブ



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
7月も終わって、いよいよ8月。暑い毎日が続いていますが皆さ~ん!!
元気で夏休みを過ごしていますか?

今、私の生徒のK 君は今日のテーマでもあるシャッフルビートの曲をやっています。
以前にもエリック▪クラプトンの曲のリズム&ブルースの曲でセッションパーティーで演奏しました。
シャッフルビートは理論的には3連譜の中抜きのビートで

タタタ タタタ→タッタ タッタになる跳ねたリズムになるのですが

(譜面で表すとこのようになりますが)



8ビートシャッフルの場合、ハイハットとスネアとキックのコンビネーションでリズムをつくります。
その場合ハイハットでシャッフルの表現をしますが、4分音符でハイハットを叩く場合はキックのアプローチが鍵になります。

今、Kくんがやっているのは同じく8ビートシャッフルですが4分音符でハイハットを叩くパターンです。それも高速シャッフルで、ツインペダルを駆使しての曲。

このツインペダル奏法は結構難しいんですが、次のセッションパーティーに向けて挑戦しています。

シャッフルビート、、、深いですね。


ドラム/masui
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ドラム講師のMark(小笠原 政之)です

梅雨も開けて夏本番ですね
世間はボーナス、夏休みで盛り上がっていますメラメラ

私には全く関係ないですが、、、、

先日THE YELLOW MONKEYの復活Liveに行ってきました

僕は洋楽がメインなのです
いわゆる外タレのLiveは意外とシンプルなんですよね、
それに慣れてたので
大きなホールで最新のステージは凄かったです
クールでかっこいい、
照明はLEDでキレキレですし
バックのモニターもいろんなカット割りができるし
あんなステージでLiveができたら幸せですよね、
と、また演奏者目線で見ていました、

THE YELLOW MONKEYは16年ぶりの復活らしいですが
昨年ベースのHeeseyさんとTHE YELLOW MONKEYの曲を
やって大好きになりました、

観に来ているファンはもっと思い入れがあるのでしょうね
泣いてるお客さんいっぱいいました、

その曲を聞いていた当時の事とか
いろんな思いがいっきに込み上げて来たのでしょうね、

楽曲は歴史と同じですね、、

みなさんもずっと大好きな曲がありますよね、

そんな曲を自分で演奏できたら最高ですよね

僕は高校1年生の時に出会った
RUSHというカナダのバンドがずっと好きで
どの曲も思い入れいっぱいです

そのRUSHのトリビュートバンドをはじめて3年目
すごく難しいですがどんどんレベルが上って
少しでも近づけたらと日夜練習に励んでいます

今年も8/27 ell sizeでLiveがありますので
頑張ろうと思うのです。

みなさんもチャレンジしましょう!

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ギターコードを練習中の皆さん、こんにちは!督(とく)先生です。

さて、多くのギター初心者がその壁を越えられずに挫折をしていきます。
その壁の名前は「バレー(セーハ)コード」。

FやB♭コードはその代表格としてよく扱われます。
これらのコードは、1本の指で複数弦を押さえる方法(バレー)を使います。

CやDやGコードが、フィンガーボードの上に指を立てて押さえるのに対し、バレーコードは指を寝かせて押さえます。(写真参照⇓)

この方法を会得すると、演奏の幅・表現が格段に広がります。弾ける曲も倍増(いや、5倍?10倍?)になるのです。

では、バレーコードを上手く鳴らす3つのコツを紹介しましょう。

①ネックの裏にある親指と人差指で、ネックを強くつまむ、または挟み込むように力を入れます。
この時、肩の力は抜いて必要な指だけに、と言いたい所ですが、初めのうちはどうしても余計な力が入るかもしれません。そのうちに全力で押さえなくても音が鳴るようになります。

②フレットのギリギリのところを押さえよう。
コードを上から見て、右側のフレットギリギリの所を意識して押さえると、キレイな音が出やすい。

③ハイコードで押さえてみよう。
Fは1から3フレットで押さえますが、同じフォームで5から8フレットで押さえてみよう。
フレットの幅が狭いので、Fよりは押さえやすく音も出やすいはず。
この時の音はハイコードのAになります。

とにかく、最初は音が出なくてもかまいませんので、パッと押さえられる練習をしましょう。
この努力ができるかどうか、が大きな分かれ道です。

私の小学2年生の生徒も、現在バレーコードに挑戦中ですが、まったく音が出ません。しかしこの分かれ道の話をしたところ、「自分は絶対にあきらめない。」と言ってくれました。クッ(泣)

「ギタリスト」なら誰もが通った道です。
この壁を乗り越えるには、日々の練習しかありません。
講師は励ましながら、手を差し伸べてています。
さぁ、その手を掴みに来てください。
Fコード上から
Fコード正面
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。