マミ・アートミュージック 名東区

名古屋市 名東区にあるピアノ&ギター&ドラム&ベース&ヴォーカル&トロンボーン音楽教室です
北区教室も開校しました!(ギター ベース ヴォーカル)

教室HPはこちら

教えの音楽ジャンルは
クラシック、ロック、ポピュラー、アニメソング

ベル教室詳細はブログ左側の[THEME]よりご参照ください


憧れのピアノ曲を演奏する楽しみ、喜び


を究極のモットーに、演奏技法の他、それに伴うソルフェージュや楽典を取り入れています。

ピアノ演奏対象年齢は幼稚園年少より音譜


生徒の皆さんが胸を張って「特技はピアノ!!
と自己紹介が出来ますように。
ピアノ演奏はホント楽しいものです。その楽しさはピアノに触れてみた人でなければわかりません。
どうかピアノを一生のお友達としてください。
今まで弾いてこられた方も、
これから弾いてみよう!という方も!
そして皆さんと音楽の楽しみを分かち合いたい
「マミ・アートミュージック」です。

ピアノを始めてみたい方、既に始めている方、


上手になりたいのに、ピアノに楽しみを見出せず


挫折した経験のある方




こちら
までお気軽にお問い合わせを手紙


(お電話でのお問い合わせは052-704-2021または
052-734-9409
まで※レッスン中はお取次ぎできない場合がございます。ご了承くださいませ)

ギター、ベース、ドラム、ボーカル、キッズ開講中!&無料体験レッスン実施中!



講師演奏動画




詳細は各レッスンテーマをご参照ください音譜










テーマ:
もうじきセッションパーティーですね!

Drum講師のMark(おがさわら)です

日頃の成果が発揮出来るといいなって思っています
前回ブログに書きましたが、本番で練習と同じ実力が出たら最高です。

今回は、“習うという事”について書いてみたいと思います。

僕の学生時代は習い事と言えばピアノぐらいで
ギターやドラムは珍しかったと思います。
おまけに自分が大好きな洋楽、しかもロックなんて
テレビには出て来ません、、
雑誌、専門誌の記事や写真があるぐらいでした。

だから毎日毎日聞いて、耳でコピーしました。
が、、、何と言っても初心者です。
自分ではこんな感じだろうと思っていても
ギターやってる友達からは何か違うといわれ、、、
コピーするのはとても難しかった事を覚えています。

それでも段々と耳も肥えてきて、
聞こえなかった音が聞き取れるようになってきます。
楽曲の中でドラムだけ、ベースだけ、等
聞き取るのには慣れが必要ですね。

次はプレイしてみる。
聞き取れるようになってきた音の再現です!

でも、、、当然これも簡単には出来ませんでした。

楽器演奏も、曲の理解も、
表現力も、アンサンブルも、
時間を掛けながら少しづつ出来るようになっていきます。

旅行で例えると、何回も道に迷って間違えて、遠回りしながらも目的地に着く。
そんな感じでしょうか。
何回も行けば、だんだんと迷わなくなりますよね、
そして楽しくなってくる!

先生は旅行でいう地図とかツアーコンダクターかな?
美しい景色や楽しい事をみせてあげたい。
でも、全部連れて行ってあげたのでは次にひとりで行けないですから
迷った時にヒントを与えながら、最終的には自分が理解して覚えてほしい。

僕の時代と違って
今はギターやドラムも習う事が出来ます。
独学だったら何年もかかる所を
少しでも早く習得出来るお手伝いが出来ると思うのです。

特に悩んで悩んで失敗して来てますから、、
皆さんの気持ちはよくわかると思いますよ!

さあチャレンジしてみましょう!

6月5日の日曜日、今池BLcafeでセッションパーティー開催です。
お時間ある方は是非見に来てくださいね。
そこでよかったらいろいろ質問でもしてみてください。
AD
いいね!(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アンパンマンとギター

はい、ギター&ヴォーカル講師の督(とく)です。

ギターがうまくなりたい諸君、
ギターは打楽器だって知ってますか?

これは私の持論なので意味不明かもしれませんが(笑)、
要するに、
太鼓を叩くような感覚で弾く、ということです。

演奏をする時は、まるでドラマーのようにテンポを気にします。
バンド演奏でドラムが鳴っている時は、そのリズムに寄り添い、
ドラムが無い時は、心の中でテンポを取って弾いています。

だから、私にとってギターは打楽器なのです。

クラッシック音楽は例外としても、ほとんどの曲はリズムキープが命です。

だから、
小節内でテンポに遅れたとしても、次の小節のアタマでは、
何事も無かったかのように追いついて(笑)、弾かなければなりません。

そうしないと、リズムを殺し楽曲全体を殺してしまうからです。

だから私のレッスンでは、メトロノームを使ったリズムキープの練習を行っています。

「リズム感を養う」と言う点においては、どの楽器にとっても重要なことです。
逆に言えば、リズム感さえ良ければどんな楽器も早く上達します。

さあ、ギターを打楽器だと思って、リズム感を養いましょう。

あなたの前には、
「音」を「楽」しむ世界が、無限に広がっています。
AD
いいね!(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年小学校に入学した、弥富教室のS君。

ピアノが大好きで、毎日寝る前にお母さんとYoutubeでピアノ動画を見てるんだそうです。
もちろん毎日の練習は自分から進んで!ピアノに向かう。
そして、五線譜のノートに音符を書くのも趣味のようです。
ド、とか、レ、とかを色々書いてるのかなあ~?と一度見せてもらいましたが、
ビックリ爆弾
とっても細かい音譜がギッシリたくさん書かれており、
超絶技巧のような楽譜になっていました叫び
その楽譜をお見せしたい所なのですが。。
S君から、写真は撮っちゃダメ!と言われております(^^;)

そんなS君、3月のピアノ発表会では「クシコスポスト」を立派に弾きこなしてくれました。
夏に開催される「きらめき音楽祭」(3月に真美先生がこのブログで紹介しています)に、
クシコスポストで参加してみない?と聞いてみた所、
「トロフィーが欲しいから出る!」とのお答え。
まあー、何て子供らしい理由にひひ(笑)
理由は何にしろ、参加してくれるのは嬉しい!経験値も増えるし絶対今後のプラスになる!


そしたら次の週のレッスンで・・
「クシコスポストはやめる!鬼あられを弾きたい!」と。

湯山昭先生の「お菓子の世界」に入っている「鬼あられ」を
Youtubeで聴いて大変気に入ったみたいで。
でもクシコスポストなら弾きなれているし、もしかしたら何らかの賞がもらえる可能性は高い。。

しかし彼は
「賞はもらえなくても、この曲で出たい!!」と。

なにか、胸にジーーンと来ました。
大好きになった曲を、今すぐに弾けるようになりたい気持ち。
賞を取る為でなく、自分の弾きたい曲で挑戦したい気持ち。

「分かった!!この曲で頑張ろう!!」



お母様は、S君の意思をいつも尊重されます.
S君がこれを弾きたいなら、これで!と賛成して下さりニコニコ

8月10日の本番に向けて、楽しく頑張って行こうね!!音譜

AD
いいね!(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
6/5(日)セッションパーティーVol.13 まで1か月を切りました!

生徒のみなさん、それぞれの講師の指導とアドバイスの元、
本番に向けて楽しく練習に励まれている事と思いますニコニコ

大人の生徒のTさんは、全くの初心者から習い始めて1年半経ちました。
今回のセッション発表会は3回目。
いずれも、お母様とのデュオですラブラブ
お母様がアコースティックギターと、歌です。

お母様もTさんも大のゆずファンで。
前回も今回も、セッション発表会のお題は、ゆず(#^^#)

親子での共演なんて、本当に素敵ですね。
始めての発表会出演の時、レッスンでお二人で合わせたときに、
「こんな風に娘と一緒にできるなんて。。」と
お母様が涙ぐまれた光景が忘れられません。

音楽を通して、親子の絆が一層深まっているのではないでしょうか。


本日Tさんのレッスンでした。
今回のお題の曲はテンポが早いのですが、
まだちょっとゆっくりとしか弾けませんあせる
そして、次の音を探すのに間があいてしまったり。。

でもまだあと一か月ありますので!
いつも完璧に暗譜で仕上げて下さっている生徒さんなので、心配はしてません!

おうちでの練習は、
メトロノームに合わせて、
まずはゆっくりと、
なるべく途中で止まらないように切れないように続けて弾ける事を頑張って、
少しずつテンポを上げていくことをアドバイスしました。

そして、指使いもなるべく決めて、変えない方がいいですね。

あと1か月!
頑張って下さいチョキ
本番、また感動させて頂ける事を楽しみにしています音譜





okouchi
いいね!(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
ドラム講師のMark(マーク)ですNEW

前回アナログとデジタルと言う話を書きました

今回は「平常心と緊張感」です

人前に出ると緊張しますよね、
緊張するといつも出来ていることが上手くできなかったりします

音楽でステージに上る時や
仕事でプレゼンするときとか
カラオケで歌う時も

やっぱり上手くやろうと思えば思うほどね、
人には性格があるので全く緊張しない人もいると思いますが(笑
そんな人はいいですが一般的には緊張します

一生懸命レッスンして練習しても本番で実力が出ないと後で後悔しますよね、
いかに落着いて平常心で居られるか

そう平常心、、

これが大事ですでもそれがなかなかできないのです
私もステージに上る前は緊張します

じゃあどうすれば平常心でいられるようになるのか?
そんな魔法はあるのでしょうか?

それはキチンと練習をした自分を信じることです

きっと大丈夫!って思うことグッド!

もし失敗しても
ウィークポイントがわかってよかったって思えたら最高ですけど(笑

平常心をもつために大事なことは

「自分を等身大より良くみせようと頑張らないこと」なのかもしれません

練習をしていたら以前より絶対に前に進んでいるのです

だから等身大の自分を信じること

練習してその等身大をどんどん大きくしていけばいいのですから

ステージでは感情や伝えたいこと、大好きな音楽を楽しみながら
自由に音で表現したいものです

極度の緊張は平常心を壊していきますからダメですが
集中力に近い程よい緊張感は持って行きたいですね!

音楽を通して音楽以外の場面でもお役に立てると思います

さあ、チャレンジしましょう!

ドラムレッスン / Mark


いいね!(5)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。