久々の長男の事

テーマ:
長男 ミッキーは高校3年です

普通の高校に進学して、挫折をし
(特性が強いので普通の高校は無理なのは専門家や私もわかってました

専門家からの厳しいお言葉
『お母さん!ミッキー君は自分で選んて決めたんですよ。もうお母さんの手を離れてるんですよ。お母さんは見守る』
と、お叱りをうけ、苦しく見守り続けました。)


1年の夏でリタイアするだろうと、私は思ってましたが、

本人が死に物狂いに頑張って1年が過ぎ

2年は精神的にボロボロになりながら、休みながらの通学

精神的に崩れたので本人が転校を決断しました。

3年は単位制に転校して、無理なく通学してましたが、特性の強い息子です。

強すぎる特性からの精神的崩壊

学校から電話で呼び出しを受けた時は
廃人のようになっていて、自分で身体を動かせない状態でした。

車椅子に乗せられうなだれてました。

私は、もう、この子の人生は終わったんだな
と、思いました。


息子は 『学校は辞める』
『大学も無理。専門学校も無理。就職なんて無理。だから学校卒業には意味がない!』

と、いい続けてました。

私が息子にしてあげるのは、息子が楽しいと感じる事をやってあげるだけ

高校3年になった息子に、あれやこれやアドバイスはできません。

元々 独立心が高く他人の言う事を聞かないタイプですから、自分でなんでも決めちゃいます。


それと、今も
療育や訓練や色々やってますが

18歳で終了なんです。

こんな状態の息子を 専門期間はポイ捨てなんですよね。

支援は一生涯必要ですよ。18歳で治らないし、環境や状況は変化するのに


その変化についていけない障害なのに。


つづく



AD