こんにちは、阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ の高見です。


いよいよ夏本番。

そこで心配になるのが熱中症。

先日は、熱中症とみられる症状で1200人が病院に搬送されたそうです。

熱中症は、体温上昇で起こる障害と、体液の不足で起こる障害の総称です。

予防は、暑さを避けることと水分補給が基本です。

暑さは自覚しやすいですが、体液の不足は自覚しにくいので、「かくれ脱水」に陥る危険性があります。

そこでかくれ脱水を自己診断する方法をご紹介。

⚫︎爪を押した後、白色からピンク色に戻るまで3秒以上かかる。

⚫︎手の甲の皮膚をつまみ上げて離した後、山の形が3秒以上残る。

⚫︎皮膚が乾燥してかさつく。

⚫︎口の中が粘っこくて、食べ物が飲み込みにくい。

⚫︎手足の先が冷たい。

いずれも体内の水分不足により起こる症状で、ほかにも尿の量が減ったり、便秘が続くのも、かくれ脱水の兆候になります。

かくれ脱水を防ぐには、こまめな水分補給が大切です。

一般的に体重が50~60キロの人は1日に2.5リットルの水分を必要とするといわれています。

そのうち3度の食事から1リットルとれるので、残りの1.5リットルの水分を補給すればいいです。

例えば、1日に16時間起きているとすれば、1時間おきに100ml、あるいは2時間おきに200mlを補給するようにします。

汗をたくさんかいていれば、その分の補給もお忘れなく。

この場合、ナトリウムやカリウムなどを含む水分をとるといいです。

高齢者や子供はとくに熱中症にかかりやすいです。

同居する高齢者や子供がいるご家庭では、本人が欲しがらなくても水や麦茶などを飲ませることで、熱中症を予防しましょう(^^)


最後までお読みいただきありがとうございました。


☆新しいホームページができました(^^)


☆阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ 人気No.1コース頭蓋骨美容小顔矯正はこちら

☆骨盤矯正コースの料金はこちら

☆全身美容矯正コースの料金はこちら

☆お客様の声はこちら

☆ビフォーアフターはこちら

☆アクセスはこちら

☆モニターさんも募集しています


【お問い合わせ】

電話06-6226-8059

携帯080-3869-1669

留守番電話の時は、申し訳ございませんが、ご用件と連絡先をお願いします。


改めてご連絡させていただきます。


阪神尼崎の整体院 ベストカイロたかみ 高見でした。

◇場所 尼崎市長洲東通3丁目1-13
グリーンプラザ尼崎305号

★☆出張&自宅サロン☆★



iPhoneからの投稿
AD

コメント(5)