1/22開催の大磯クリテリウムにエキスパートで参加してきました。

今回初めてボランティアをしたのですが、お菓子食べ放題だし運営がしっかりしててスムーズだし、和気あいあいとしてて雰囲気がいいし、レース代無料だし、といいこと尽くしだったのでこのブログ見てくださってる方も是非。
以下レースレポート

目標:1位  結果:4位

予定ではスプリントで決める。逃げやアタックは積極的に潰していくということだったが、当日超強風ということもあったため、場合によっては逃げにも乗るという感じで臨機応変に対応することに。(やはりこれが敗因となる。)

エキスパートはスタートが2時半だったのでボランティアの関係で午前3時に現地入していた自分は余裕を持って食事、アップを出来た。脚の調子は普通。ただ前日の練習で山がダメダメで千切れてしまったので、不安要素は少なからずあった。
スタートライン3列目くらいに並んで待機。人数多いしローリングあったのであまり前でも良くないだろうと判断。(てかホームストレート向かい風で寒すぎた。)
スタートしてローリング。ローリングの時点でミディアムとは明らかに違う緊迫感、、、ちょっとビクってさらにポジションを落とす。まぁ別にいいか、、、

リアルスタートが切られて一斉に飛び出すが風が強すぎるため散発的or中途半端なアタックは集団が淡々と進むだけでも吸収出来てしまうくらいだった。自分は雰囲気にも慣れたので前々で展開。予定通りアタックは潰し、位置取りのために1人で前に出ては落とすを繰り返す。なるべく脚を使わないように向かい風ではなるべく前に出ないように心掛けた。

レース中特に感じたのは向かい風間でのケイデンス。向かい風はケイデンスをいつもより高めにしてペースで前を追いかけた方が確実に楽。思いギアを踏みがちになってる人は脚が早く削れたと思う。

そしてエキスパートにも関わらず、(おそらく風のせいだけど)平塚コーナーでのライン取りがみんなバラバラだったので、そこは注意深く、脚を使ってでも前でコーナー入れるようにした。あそこは大外回りで回った方が、ホームストレート向かい風の場合はスピード落とさず入れるのでいいと思います。

17周回とは案外短いもので、散発的に起こるアタックを協力して潰していたらいつの間にか残り3周くらいになっていた。
残り2周回でアタックを繰り返していた方と自分の仲間とでアタックをしようと話すが、うまく意思疎通が取れないままグダグダになって何も無かったことになってしまう。今度からは肩叩いて話しかけよう...

残り一周。大磯クリテ出たことある人なら誰しも知っていると思うが、最終平塚コーナーをどのようにして前方で入るか。これが最重要である。
って知ってるにも関わらず自分は脚を使い切るのに控えめになってしまって5,6番手で入ってしまう。バカすぎ〜

結果大集団のままコーナーを超え、スプリントで4位になる。前回のレースの反省を全く生かせてない悔しい結果となったレースでした。

そして、ゴール前の落車に関して、自分が無理なラインでスプリントをしてしまい接触する形での落車になってしまいました。落車された方、運営の方々、本当に申し訳ありませんでした。

5位までは繰り上げなので2月の大磯クリテリウムからはエリートで戦うことになります。次戦で目標にしていることは3つ。

前で積極的に展開。
Pの選手の走りを見て、多くを学ぶ。
着に絡む。

11月,1月と大磯クリテに参加してきて、どちらも4位。今のところ順調にカテゴリーをあげていますが、どうしても3位までには入りたいです。そうでもしないと実業団が不安だ、、、

エリートで着に絡むことは正直今の自分の実力では難しいと思いますが、前で積極的に展開する。今まで大磯で学んだことを活かすことを胸に刻んで、次戦挑みます。

ちなみに次戦はウィンターロードレース。修善寺です。足切りだけはしたくない!!

次戦☞ウィンターロードレース Bクラス



AD