国民健康保険の給付には、


①療養の給付


②特定療養費の支給


③療養費の支給


④特別療養費の支給


⑤高額療養費の支給


⑥助産費の支給(あるいほ助産の給付)


⑦葬祭費の支給(あるいは葬祭の給付)


⑧育児手当て金の支給


⑨出産手当て金の支給


⑩傷病手当て金の支給


の10種類があります。



このうち、①~⑦は、法律によって、保険者に給付が義務づけられているので、法定給付と呼ばれます。


また、⑧~⑩は、給付するかどうかは、保険者に任されているので、任意給付と呼ばれます。


法定給付のうち、⑥と⑦は、とくに理由があるときは行わないことができる、とされています。


なお、老人保険法に基づく医療を受けることができる被保険者については、①~⑤の給付・支給は行われません。





AD