たとえ、世間で風化しても

テーマ:
海老蔵さんのブログ、引き続き拝見しています。

いまは本当にそのニュースが多いですね。

ずっとアメーバでのランキングもMVPの海老蔵さんと麻央さんが隣。

ご夫婦が並んでいました。

でもきっと時が経つと、その並んでいたランキングもまた別の人が一位へと塗り替えるのでしょう。

ニュースも、どんどん新しいものが流れてくる。テレビもネットも。そしていつかは今のようには報道されなくなるのでしょう。

海老蔵さんのブログを拝見していて思うことは、やはり直後は麻痺しているというか大切な人の死の大きさを受け止められず、現実感がないのではと思う。

だんだんといない日常が重くのしかかってくるように思います。

周りの人の中では、新しい出来事がどんどん増えても。

大切な人を亡くしてしまって家族の時はなかなか流れていかないと思う。

自分も、きっと周りから見たら、妹がなくなって辛いこともあったけど立ち直った。

そんな風に思われているかもしれない。

影で上がっていた妹の死の話題も上がらなくなっているのかもしれない。

でも、わたしやわたしの家族は妹の死が風化したということはないのです。

今も毎日思う。ほとんどの時を思う。
 
大切な人を失った悲しみや辛さや後悔が、家族にとって風化することはないと思う。

これは、大切な人を亡くした人にしかわからないことかもしれません。

想像するのと実際に亡くしてしまうのと、その境は本当に大きなものです。
AD