ちなみに、③巻き寿司のように丸めて並べる、のように洋服を丸めると素材によっては服が傷みやすいという場合もありますが、それはどの方法でも同じことです。


洋服は本来、広げた状態で保管するのが最もいいんですが、なかなかそうはいきません。


あまり細かいことにとらわれずに、継続できそうな範囲でやってみることが大事です。



あと、そもそもたたむのがどうしても面倒臭かったり、時間が割けない人は、できるだけパイプハンガーに吊すという選択肢もあります。


パンツや靴下は無理ですが、Tシャツなどはハンガーで干して取り込んで、そのままクローゼットや洋服タンスに、という方法です。


しかしながらこの方法は、相当大きなクローゼットや洋服タンスを確保する必要がありますから、よほどのことがない限り現実的とは言いがたいところです。



いずれにせよ、洋服のたたみ方はもちろん、他のモノの収納方法でも、一概にこれが正解といえる方法はありません。


モノの種類や量はもちろん、収納スペースや、何よりそこに住む人に合った方法というのがあります。


すなわち、収納方法は状況に応じてケースバイケースなのです。


収納のプロの誰それさんがこの方法が優れていると言ったからといって、それがあなたに合うという保証は何もありません。


収納はまず人(自分)ありき、次にモノありき、最後に収納スペースに合わせて、どの方法が一番合理的か、つまり楽にできて、お金がかからないかを考えて答えを導き出す必要があるのです。












AD