coco、たまごを食べる。

テーマ:
なんだか、もう、梅雨明けどころか、夏が終わったかのような気候のmomo地方。

寒!


ここのところのブログ放置で、ついにランキングがどこにいってしまったのか全然わからなくなっていて、そろそろ更新しなさいよ!

と、苦情もちらほら。


一念発起して、久しぶりにcocoネタでもまとめておこうかしら(^_^;)



そうそう、前回の「子育て向いてない」記事には、たくさんの応援と共感のコメント、ありがとうございました(^_^)


そうだよね。悩んでいるのは、みんな一緒さ!

と、元気をもらいました(*^_^*)


みんなイライラしながら、頑張っているんだ!と、わたしも毎日イライラしながら奮闘しています(笑)


cocoに会って、「こいつ、言葉遣い悪いな…」と、思った方。

それ、きっとわたしです(^_^;)

はい。気をつけます(°_°)



さて、先日、かねてより計画していました、cocoの食物負荷試験なるものを実施してきました(^_^)


アレルギー食材を実際に食べてみて、反応がどうかっていうね。


cocoの場合、「卵」「乳」「ピーナッツ」が主なものですが、直近のアレルギー検査で、「卵黄」の数値が一番低く、負荷試験しても問題なさそうってことだったので、「卵黄」のみで試験してみました。

一応、日帰りの入院って形で、症状が出なければ、夕方帰宅。何かあれば、泊まりでの入院で対応、という感じです。


cocoの場合、レベル的にもそれほど重篤な反応ではないので、そこまでしなくてもよいのかな〜という気はしましたけど、一応大事をとって。


小児病棟の個室を用意してもらって、心拍やら酸素やらのモニターを着けて、ゆで卵の黄身ひとつを、16分の1にしたものから食べていき、体温や体全体の様子を見ながら、1時間かけて黄身ひとつ分を食べます。


初めは、慣れない病室、慣れないモニター、初対面の看護師さんに囲まれ、とても食べてくれる雰囲気ではなく…(^_^;)


言い出したら、絶対聞かないタイプなので、1時間ほど粘ったところで、もうこっちの心が折れ、今日の負荷試験は中止にしてもらおうかと諦めかけたら…


「…たべる!」


と、覚悟を決めたらしく、パクっと欠片を食べてくれました(^◇^;)


検査の数値が安全な数値になっていたとはいえ、やっぱり、前の反応を思い出すと、ちょっとドキドキしました。


その後も、何分かおきに、だんだん大きな塊を食べていき、1時間後には、丸ひとつ分完食!


ゆで卵の黄身なんて、単体だとパサパサなので、和風ドレッシングをつけて食べてくれました(^_^)


特に、発疹も出ず、体温も正常の範囲内。
しばらくして、お腹イタイ〜とか、ウンチが緩くはなったものの、本人も元気そうなので、大丈夫でしょう!ということで無事退院(*^_^*)


「乳」や「卵白」に関しては、また3歳を過ぎたあたりで、再検査して、数値が低くなっていれば、また負荷試験をしていくことになりました。

「ピーナッツ」に関しては、まぁ、含まれる料理も限られるし、食べなくても生きていけるから食べなくていいんでない?ってスタンスです。

しかも、数値も高めなので、これは一生無視していく食材となりそうです(^_^;)

「乳」や「卵白」は、これからも給食で使われる食材なので、できれば食べられるようになってもらえるといいな〜。


ここがアウトだと、保育園や学校とも、給食のことでいろいろと調整しなければね(°_°)

保育園でも、園長先生、担任の先生方、園の看護師さん、給食の先生方、などなど総勢10名ほどで、cocoだけのために集まり、対応会議をしてくださって、本当に申し訳ないです。
(入園時に1回、負荷試験後に1回。もちろん、わたしも参加。


「卵黄」はオッケーになったけど、保育園では、「卵黄」「卵白」をわけて調理できない。とのことで、引き続き「卵」は全部カットで。


なるべく慣れさせるように、お家では、「卵黄」は料理に使うようにしていきます。


なんか、使わないことに慣れちゃって、どうやって使っていこうか…(^_^;)


オマケ。






そして、頑張ったので、ご褒美にアンパンマンで「映画館」デビュー(*^_^*)


初めて食べるポップコーンに、ハマっていました!



数日前から、呪文のように、「あんぱんまん…えーが…」とブツブツ呟いていました。


そして、1時間おとなしく観れるのか?と心配でしたが、このままちゃんと座ってジッと観ていました♪( ´▽`)


ねぇねも一緒に行ったので、車椅子の席の関係で、一番前の席だったのだけど、他のお友だちとかも視界に入らず、集中して観られたのが良かったのかな?



ねぇねも、初映画館だったのですが、視界にスクリーンが入りやすいのか、よくスクリーンを観ていたと思います。

うんうん、また映画館アリだな(^ ^)


保育園での夏祭り。

お決まりのねぇねのおさがりの甚平を着て、颯爽とカメラの前に立つcocoしゃん。

が、カメラを意識すると、めっちゃ真顔になるクセ…なんとかしないと…(^_^;)



ねぇねより、cocoの方が、この柄似合ってる〜♪( ´▽`)

…だから、お願い!笑って〜(^◇^;)



ねぇねは、冷静にcocoの通う保育園を眺めていました。


さ、次回は、momoねぇねの最近のまとめを〜(^◇^;)

いっぱいネタは溜まっています(°_°)


「読んだよ!と    今日も忘れず    ポチッとな(*^^*)♪」

1日1回、愛のワンクリックをお願いします。
ランキング参加中!

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブ ログ 障がい児育児へ
に ほんブログ村 病気ブログ てんかんへ

★標準ブラウザやアメブロアプリからは、PCページ・スマホページどちらからでも有効です。
よろしくお願いします(*^^*)

ハンデっ子のためのネットショップ「いちごの木」はこちらからどうぞ!
AD

子育てに向いてない。

テーマ:
生野菜と果物を積極的に食べる習慣を意識し、スロージューサーも購入し、毎日飲むようにしてから、早2週間以上。

1週間目で、劇的に変わった変化がありました。


…あ、わたしにです(^^;;


まず、朝、目覚ましがなる前に起きられるようになった!


以前は、目覚ましをかけても、すぐ止めて二度寝(笑)

結局、毎日ギリギリの時間に起きてバタバタ(^_^;)


朝起きたら、みんな仕事に出てしまって、誰もいないこともしばしばでした(^◇^;)

最悪の嫁(笑)


どうせ起きれないことを前提に、目覚ましすらかけないことも。

(確実に起きなければならない日以外は、使わないスタンスね。

いちごの木の作業を夜中やってることもあって、家族に別に怒られることもなく…

(いや、いちごの木やる前から、起きられないけど(^^;;


それが今は、前より早い時間にセットしているにもかかわらず、それより前に目が覚めます。

これは、信じられない変化!(◎_◎;)


夜中の作業して、2時3時に寝てもです。


そして、もう一つが、頬の内側(口の中ってことね)を噛まなくなった!

数年前から、よく噛むな~と自覚はありまして。

体重は特に変わらずなので、加齢と、意識不足による顔全体の筋肉が落ちたのだと思ってました。

でも、違いました(°_°)

ただのむくみでした(笑)


同じようなことでお悩みの方は、生野菜たっぷり生活オススメです(*^_^*)



…と、健康的な前置きの後になんなんですけど。



今日は、ブラックemicoです。

愚痴です。

反省です。




今、2歳半のcocoしゃん。


絶賛、イヤイヤ期。


イヤイヤというか、変なこだわり?

言い出したら、聞きません。


こっちも付き合える限り付き合うんですが、そうも言っていられない状況の時もあるし。


いつか、イヤイヤ期は終わる。とわかってはいるけど、本当に気が滅入ることもあり…(°_°)


義両親と同居していて助けてもらっているとはいえ、2人ともフルタイムで働いていて、朝・夕方の一番忙しい時にひとりで、momococoの支度と家事をしなければならないことがよくあります。


毎回、もううんざりしてしまうことも~_~;


朝6時前から準備しても、9時に家を出るのがギリギリ。

3時間動き続けても、時間が足りない。

本来なら8時半には出ていたいところだけど。



夕方も、5時に家に戻ってきて、朝のやりきれなかった片付けをし、大人4人分とmomococoそれぞれのご飯の支度をできるだけし、cocoを迎えに行って…

自分たちだけなら、最悪、ごはんと味噌汁と納豆だけでもいいけど、義両親もいるとそういうわけにもいかないしね。


cocoが帰ってきたら、グズグズと抱っこ攻撃で、家事は進まず…


結局8時過ぎても、momococoのご飯が終わらない…

ようやく誰かが帰ってきたら、自分のご飯を食べる時間も気力もなく、2人をお風呂へ入れ…


9時半に布団に連れていければ、まぁよいかな。


8時に寝かしつけとか、どうひっくり返っても無理。


なに?もうどうすりゃいいの?

わたしの要領が悪いだけ?

手を抜けるところは抜いてるけど、これ以上抜くのもどうよ(^^;;


は~、凹む。


これが毎日ではないけど。


ここ最近の生活を振り返ると、自分には、子育て&主婦業向いてないな~(°_°)と心底思います。



ブラックついでに、ぶっちゃけると、この間、cocoの頭を叩いてしまった(´Д` )

…最悪。


最近、cocoがmomoねぇねを叩いてしまうことがあり。

自分の思い通りにならないことがあると、近くにいるねぇねに当たってしまうのです。


もちろん、momoは、逃げることもやり返すこともできず、叩かれっぱなし。

cocoも怒りに任せて叩くので、けっこう痛いです。

たまに、オモチャを手に持ったまま叩いてしまうことも。


momoにしたら、もう恐怖でしかなく、そんな状態のcocoが近づくだけでポロポロ泣いてしまいます。

それで、momoを守ろうと庇えば庇うほど、cocoは執拗に叩こうとしてきます。


普段は、cocoもねぇねの世話を真似したり、優しくしてくれるのだけど…。


モノやわたしに当たるのはいい、訳のわからん主張して言うことを聞かなくたっていい、でも、ねぇねに手を出すのだけは止めさせようと、きつめに叱ったり、優しく注意したり、いろいろ考えられる限りの伝え方はしたんだけど、それでも何度かそういうことがあり。


もうどう言ったらいいかわからず、ついにはcocoが叩いたのと同じくらいの強さで、cocoの頭を叩いてしまった。

「こうされたら、cocoもイヤでしょ?痛いでしょ?」


この対応が間違ってるのは、自分でもわかっています。

どんな理由であれ、こっちが手を出すのはダメ。

うん、わかってはいるのです。


これが、普通のきょうだいなら、わたしもこの対応はしなかったろうと思います。


でも、何もできないmomoが、大粒の涙をポロポロ流して恐怖に怯えている姿をみたら、なんとかしなくちゃ!と思ってしまって。

このことを、先日の市の健診の時に、臨床心理士さんに相談したら、やっぱりこの対応は間違っていて、口頭で伝えるだけでいい。と。

そのうちわかってくれるし、今は、cocoと2人の時間をしっかり持って、そういう嫉妬だったり不安だったりを軽くしてあげる対策を取ってあげて。と言われました。


「そのうち」っていつ?

1ヶ月?
半年?

その間、momoはやられっぱなし?


momoは生活の全てにおいて介助が必要で、私たちが全部やってあげていて、そういう嫉妬心みたいなのもわかるんです。
(嫉妬心だけじゃなくて、今は自分の言いたいことをまだちゃんと伝えることができないから、そのストレスも大いにあると思います。

だから、cocoにも同じ要求をされたらなるべくしてあげるようにしています。

momoにしていることは、cocoにもしてあげる。


cocoはできるんだから自分でやりなさい!とは、あまり強く言わないようにしています。

冗談で言っちゃうことはあるけどもね。

どうしても2人同時にできない場合もあり、cocoに我慢させてしまうこともあるけど。


それでも、なるべくそういう差はつけないようにしてきたつもりだけど、やっぱりやりきれてないのかな~?


ってか、cocoの方がより手をかけてると思うんですけど??

むしろ、momoの方が、ほっとかれてる時間が多いですけど??


…子育て、難しい…。


そんなことがあってcocoの頭をはたいてしまったのが、2週間ほど前のこと。

それ以来、cocoがmomoに手をあげることはないです。


でも、今でも、わたしの中には後悔と罪悪感しかない。


もっとできるママなら、違う対応でうまく伝えられたんじゃないか?

この先、違う問題が出てきたときも、正しい対応ができるだろうか?


もう全然わからない~(°_°)


ただいま、戦意喪失。自信喪失。


ちょっと充電して、元気取り戻します(^_^;)





「読んだよ!と    今日も忘れず    ポチッとな(*^^*)♪」

1日1回、愛のワンクリックをお願いします。
ランキング参加中!

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブ ログ 障がい児育児へ
に ほんブログ村 病気ブログ てんかんへ

★標準ブラウザやアメブロアプリからは、PCページ・スマホページどちらからでも有効です。
よろしくお願いします(*^^*)

ハンデっ子のためのネットショップ「いちごの木」はこちらからどうぞ!
AD

栄養って大事よね。

テーマ:
ご報告が遅くなりましたが、「子ども用車イス啓発活動」への寄付キャンペーン、皆さまのご好意とご協力により、11万2千円をサポートすることができました(*^_^*)

いちごの木の商品購入だけでなく、寄付金のみの参加の方もいらっしゃって、皆さまの気持ち、しかとお届けいたしましたゆえ、ここにご報告いたします(^_^)

minafamilyの本田さんも、大変喜んでくれました♪( ´▽`)


終わってみれば、チャレンジも目標金額を大幅にオーバーして目標を達成できたということで、多くの方がこの活動の必要性を切に感じているんだな~と、ますますこの活動の広がりを楽しみにしております(*^_^*)


近い将来、いろいろな場所でこのマークを見かけるのが楽しみですね(^_^)



さてさて、今日は、自分への反省の気持ちを込めて、記事を書こうかな。

(ちゃんと管理されてる方には、お恥ずかしいかぎりの内容です(^^;;


先日、通園先の保護者会の会合の後に、食育に関するセミナーを聞く機会がありました。


「食育」…今までも耳にする言葉ではあったけども、そんなに深く意識はしませんでした。


いろんな食物をバランスよく食べろってことでしょ?(^_^;)

くらいにしか考えていなかったのです。

一応、バランスよく食べさせているつもりでした。


でも、講師の先生の話を聞いていくと、わたしは全然わかっていなかったし、必要な栄養素を摂れていないし、余分なものを摂り過ぎていた!と思いました。


セミナーは、わりと短時間のもので、いろいろな情報をギュッと詰め込んだ内容だったので、全ては理解できなかったけど、講師の先生はそれでもわかりやすく話してくださいました。


栄養学って、本当に奥が深いし、そもそも料理が得意でもないので、苦手分野で、あまりちゃんと向き合ってこなかったのだけど。


でも、わたしのような初心者にもわかりやすく、かつ、このままじゃよろしくない(´Д` )と危機感を持たせてくれました。


わたしなりに、超ザックリとまとめると…


◎「まごわやさしい」の食材を摂る。

ま→豆類
ご→ごま、ナッツ類
わ→わかめ、こんぶ、のり
や→野菜、果物
さ→小魚
し→しいたけなどのキノコ類
い→いも類


◎できるだけたくさんの「生野菜と果物」を摂る。

食材は50度以上で加熱すると、酵素がなくなる。


◎食材のバランスは、肉・魚が1、野菜類が2、穀物類が5。

ヒトの歯の役割から、このバランスでよい。
前歯8本→野菜を千切る歯
犬歯4本→肉を噛み切る歯
臼歯20本→穀物やナッツ類をすり潰す歯


他にもいろいろな情報があったけど、とりあえずこの辺がポイントかな~と思ったので(^_^;)


で、momoのことを考えた場合、全然足りてない!ってことに気付きました。

そもそも、生の食材をあまり食べてない。

基本、加熱して柔らかくなった煮物や、スープや味噌汁だったり。

そういうものをミキサーで刻んで食べさせていたので、野菜は摂っていたつもりでした。


生野菜のサラダは、あまり積極的に摂っていませんでした。

なぜって、サラダをミキサーにかけると、見た目的にあんまり美味しくなさそう…と思って(^_^;)

あと、生の食材系はトロミをつけないと食べにくい。


そんな安易な理由から、生の食材といえば、朝にバナナやリンゴやイチゴやキウイなど果物を刻むくらい。


現状の食事では、食材のバランスが偏っていることと、圧倒的に生の食材が足りていません。

で、ズボラなわたしでもできることからやってみました。


まず、野菜をたくさん使うこと。肉や魚に比重を置きすぎないこと。

生野菜のサラダも、ミキサーで刻み食にすること。

(トロミは、市販のトロミ調整の粉末のやつで対応。


で、数日後。

なんか、momoの反応が良くなった!

意識の覚醒度がスッキリしているというか(^^;;

表情や呼びかけへの反応がすごく良い。

お昼寝や就寝の寝つきや、目覚めも良い気がする。


さらに、今までなかった反応が!!


momoを縦抱っこした時に、ギュッと掴まってくることができるようになったんです!(◎_◎;)
(常にじゃないけど。


で、momoを抱っこした状態で、フッと自分が前かがみになってmomoに落ちる感覚を入れる(←わかるかな?)と、落ちないように腕に力を入れて、しがみついてきます!


スゲーーーー!!!


これ、momoにとってはすごいことなんですよ。


先日の記事でも書いたように、パラシュート反射のないmomoは、自分の体勢の変化に伴う危険を回避できません。

転んでも手が出ないので、顔から床にぶつかる。


抱っこしていて、落ちそうになっても、自分で掴まってくることはなかったのです。

それが、少しではあるけども、そういった反応が出てくるようになった!!!


スゴさが伝わりました??(^◇^;)


食事の意識を変えたタイミングと、偶然なのかもしれないけど、偶然とは思えないタイミング!

6年できなかったことが、このタイミングで突然できます?


もし、食事の摂り方の変化で、momoの潜在している力を引き出すことができたのであれば、すごいことじゃないですかね(*^_^*)


講師の先生曰く、食事のバランスがちゃんと摂れている子どもたちと、そうでない子たちのテストの平均点が違うデータや、仕事の効率が上がるデータがあるとのことでしたが、momoたちのような子たちにこそ、必要なことなのかもしれないな~と、ここ数日の変化を見て思います。


テストや仕事の能力が上がることよりも、こうした本来の体の能力を発揮できることって、これからのmomoのリハビリや生活のレベルに直結することなんじゃないだろうか…


そう考えると、今までわたしは何やってきたんだろう(´Д` )

momoの食べる物は、わたしが全部管理してきたのに…。
自分の都合で、楽なものを加工しただけだった。

もっとちゃんと考えるべきでした。

(でも、こうして気付くことができたってことで許して(^_^;)



ということで、生の食材をもっと効率良く摂るには…と考え、スロージューサー買いました(^◇^;)

生野菜&果物をジュースにして飲んじゃおう!ってことです♪( ´▽`)

スロージューサーなら、酵素も壊れないし~(*^_^*)


momoだけでなく、cocoや自分や他の家族にもメリットたくさんありそうだしね!


しばらく、「食育」にハマりそうです(^^;;


あと、わたしの心を動かしたのは、「一気に食生活変えようとすると、ストレスでノイローゼになるから、できることから1つずつでいいんだよ~」という先生の言葉でした。


だから、たまにはジャンクフードも食べるし、白米も食べるし、スーパーのお惣菜も買うし、無理のないシフトをしていこうと思います(*^_^*)


今日の記事は、あくまでわたし個人の見解と解釈なので、間違いがあったらすみません(^^;;


まだまだ勉強は始まったばかりです(^^;;






「読んだよ!と    今日も忘れず    ポチッとな(*^^*)♪」

1日1回、愛のワンクリックをお願いします。
ランキング参加中!

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブ ログ 障がい児育児へ
に ほんブログ村 病気ブログ てんかんへ

★標準ブラウザやアメブロアプリからは、PCページ・スマホページどちらからでも有効です。
よろしくお願いします(*^^*)

ハンデっ子のためのネットショップ「いちごの木」はこちらからどうぞ!
AD