願いを叶える☆文章術
読者登録フォーム
お名前(姓名)
メールアドレス
Hiroko Sawaragi

バナーを作成
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-01-23 22:28:43

1日でキャッチコピーが作れ、一生使えるスキルが身につく

テーマ: |-セミナー情報

セミナーに行っても「いい話聞いたなぁ」で終わったら、もったいない。
 
その日中に完成!というワークをしても、いざ次に自分でやってみようとして再現できなかったら、意味がない。
 
そう思って、私のキャッチコピー講座では、
「一日でキャッチコピーが完成し、
次からは自分で作れるようになる」
ことを目指しています。
 
今日は、【集客文章パーフェクト3days

第二回 キャッチコピーの作り方】

 

もうその道を極められた大人の方ばかりのご参加でした。

 


 
新しく作るホームページのヘッダーに載せるキャッチコピー、
これから始める新講座のキャッチコピー、
そして、新たに立ち上げる新事業の柱となるキャッチコピーを
それぞれ作りました。
 
講座終了30分前には、皆さん、それぞれ納得するコピーができた様子。
 

 


「キャッチコピー」を作るだけでなく、
そのコピーを受けての「サブコピー」や
講座タイトルまで、完成しました。

 


 
「キャッチコピーに対する思い込みが外れました」
という感想を、いつもいただきます。
 

 


なんとなく、キャッチコピーってこういうもの、と
一般的に思われているものって、
実は、「それ、やめといたほうがいいよ」というものだったりします。
 

 


いいコピーとは、3秒で人の心をつかみ、「これ、ほしい!」「ここに行きたい!」と行動させるもの。
 

視点を変える、セリフを発する人を変える、語尾を変える。
 

 


人の心を動かすキャッチコピーとは、どういうものなのか。
実際に作っていくことで、見えてきます。

世の中にあふれている「コピーっぽいもの」ではなく、
本当に一番来てほしい人の心に刺さり、行動させるコピーが完成しました。
 

 


完成したコピーを使って、ホームページ、ランディングページ、ブログ、チラシ・・・
どんどん活用していってくださいね。
 

 


まじかるクラウン本日のご感想の一部 
 

 


コピーの作り方、文章の流れをスマートに作って、
感動させるような文章を作りたいと思っていました。
 
お客様目線で文章を書くことが大切なことはわかっていたけれど、
実際に書いたのは初めてだったので、勉強になりました。
 
これから私が始めるセミナーを受講する方へ、
どこかのタイミングで、さわらぎ先生に来ていただきたいと思っています。
 
集客は、文章で決まる。
さわらぎさんのセミナーに興味を持ってる人には、
ぜひ、参加して、心に響く、感動する文章を作ってほしいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

 


【3秒で心をつかむ!集客文章パーフェクト3ステップ講座】
 
「キャッチコピーの作り方」は、次回は2月15日(水)残席2
 
来週は、第三回「テンプレートを使った集客告知文の作り方」です。

 

 


詳細はこちらをご覧ください


 
3月の日程も、決定しています。
 

 


「自分目線」の伝わらない文章を卒業し、
文章のチカラで、人をひきつけ、ファンを増やし
ビジネスを変えていきたい方、ぜひお越しください。
 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-22 10:13:17

3秒で心をつかむ文章が書けるようになる、日常のヒント

テーマ:◇心をつかむ文章術

今は、だれもが個人メディアを使って集客できる時代です。

 

 

集客のためには、ブログがいいよ、メルマガがいいよ、

 

Facebookに毎日投稿するのがいいよ、と聞いて

 

お金をかけてやり方を学んでやっているのに、なかなか集客に結びつかない・・・

 

 

そんな声もよく聞きます。

 

 

ブログも、facebookもメルマガも、

 

それをやれば集客できるという魔法のツールではなく、

 

 

何を書くか、

 

どう書くか

 

が、やはり大切なのだと思います。

 

 

どんなにいいことを書いていても、初めの一行で興味を持ってもらえなければ、

 

永遠に次の行は読んでもらえません。

 

 

 

3秒で心をつかむ文章が書けるようになるために、

 

コピーライターである私は、こんなことを実践しています。

 

 

 

まじかるクラウン3秒で心をつかむ「キャッチコピー脳」を鍛える方法まじかるクラウン

 

●  降りたことのない駅で降りる

 

旅に出ていつもとは違う環境に身を置くと、新しいひらめきが生まれるものです。

忙しい日常でなかなか旅に出るのが難しければ、いつもは降りない駅で降りてみましょう。

看板、店先のポスター、POPなど街には集客文章のヒントが溢れています。

 

歩く、というのは脳の刺激にも良いそうです。

「インプットしよう」と意識して歩くと、それだけでも

ひらめきのヒントに出会えるはずです。

 

 

 

●  ターゲットが集まる場所に行く

 

自分の商品やサービスのターゲットが、何を考え、どんなことに悩み、

どんなニーズを持っているかを知ることが集客文章を書く第一歩です。

 

あなたが考える「ターゲットの悩み・理想」は、本当にリアルでしょうか?

自分の頭で考えたことが正解とは限りません。

答えは、ネットで検索しても出てきません。

自分の足で、ターゲットが集まりそうな場所に行き、その人たちの行動を観察したり、声を拾ったりすることが大切です。

 

私は、カフェや駅で電車を待っているときなども、

かなり聞き耳を立てて人の話を聞いています。

 

有名な人の名言もいいですが、

フツーの人のフツーの会話の中にも、キラッと光るフレーズは落ちています。

 

 

 

●  とにかくメモる

 

アイデアやキャッチコピーを思いつくのは、机の前とは限りません。

寝る前、電車に乗っているとき、家事をしているとき、マラソンをしているとき、トイレに座っているとき、シャンプーをしているときなど。

思いついたら、忘れないうちに即メモです。

私はスマホに声で録音しています。

 

 

 

●  誰かと話す

 

誰かと話したことがきっかけで、キャッチコピーのアイデアや

ブログ・メルマガのネタが生まれることはよくあります。

今考えているテーマについて、周りの人に話を振ってみましょう。

そこで出てきた率直な意見が参考になることもあるし、あ、そのフレーズいただき!ということも良くあります。

 

会社員なら、隣の席の人と談笑する、というのはよくあることです。

 

フリーランスや起業家の方も、ぜひ意識して、誰かと談笑する時間をとってみる。

それだけでも、脳はかなり柔軟になるのではないかと思います。

 

 

 

そんな時も、メモは忘れずに。

 

 

いかがでしょう?

少しでも参考になりましたでしょうか。

 

どれか一つでも、今日から取り入れてもらえれば幸いです。

 

とびだすうさぎ2

-----------------

 

「3秒で心をつかむ文章」について、もっと知りたい方は、こちらへどうぞ。

 

1.ファンが増える文章の書き方

2.3秒で心をつかむキャッチコピーの作り方

3.テンプレートを使った「集客告知文」の作り方

 

たった3日で、あなた自身や、商品・サービスの「価値」を「本当に伝えたい人」の心に届く文章が作れます。

 

今日から使えて、一生役立つスキルが身に付きます。

 


 3秒で心をつかむ!集客文章パーフェクト3ステップ講座

 

 

1月、2月、3月のお好きな日程を組み合わせても、3回受講すれば「3回受講特別価格」で受講できます♡

 

1日だけの参加もOK。ぜひお気軽にどうぞ。

 

 

 

★★ セミナー情報 ★★

 

1月は即満席になった、こちらの1day講座。2月はまだお席があります。お早めにどうぞ~

 

セミナーテーマは「1日20分でブログ・メルマガを書く方法」

 

プロのコピーライターが、あなたの書いた文章やキャッチコピー、販促物をその場で添削する「ライブ添削」付き。



残席3【第二回・集客文章レベルアップ1dayセミナー&ライブ添削

 

 

 

あなたにお会いできることを、楽しみにしております。

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-01-11 06:18:23

人として、女性として、叶えたいことがある。

テーマ:文章を書く前に大切な「マインド」のお話

 
ランチタイムの新年会。
永里 真由美 (Mayumi Nagasato)さんの、オープン前の新オフィスで、

出張寿司職人の 須澤 宏光 (Hiromitsu Suzawa)さんのお寿司をいただきました。

 

 

 


 
起業家としての道を作り、前を歩いて行ってくれる
まぶしいほどの先輩たちと、
同じように悩み、葛藤を抱えながらも、
自分たちのペースで勇気をもって進もうとしている同志たち。
 

 


「新年の抱負を」と言われ、
自分の口から出た言葉に、私は驚いた。
 
そうか。いちばん望んでいたことは、それだったか。
 
私は、子どもの頃に父が病気になって家が貧しかったからだろうか、
貧乏性というか、立ち止まっていられない性質のようだ。
母がひとり苦労して私たち姉妹を育ててくれた姿を
ずっと見ていたからか、
仕事というものは、苦しいもの、
しんどくて当たり前、がまんがつきもの、
それがあるから人として成長する、
ただ自分の好きなことだけ、楽しいことだけを
やるなんて甘い。
そんな呪縛がずっとずっとあったように思う。
苦しくて当たり前、だから成長する。
それは、確かにそうかもしれないが、
もう、その呪いからは、自分を解放してやっても
いいかもしれない。
いつまで、下積みを続けるつもりだ、君は。
ふと、今年のお正月に、そんなことを思った。
 

 


本当に大切なことを大切にするために。
 
「誰かに求められる役割の自分」でいることを
卒業してもいい。もう自分にそれを許してもいい。
 

 


本当に、自分の頭で考えて、
自分が、今この瞬間すべきことを、しっかり「決めて」
進んでいきたいと思いました。
 
 
年末にここに、このメンバーで集まったら、
きっと、みんな、今とは違う顔つきで
笑っていることは間違いない。そんな気がします。
 
今年一年が、楽しみです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>