妊活(不妊治療中),産前(マタニティ),産後(骨盤底筋)専門。(沖縄県)痛みと動きが解決する骨格調整。理学分析+整体+指導+研究)

妊活(不妊治療中)の骨盤機能(血流と圧)、妊婦(マタニティ)の痛み解決と安産に向けて、産後の骨盤調整・痛み/姿勢の改善。動きと姿勢に対する施術、解りやすい身体の解説、維持ケアも伝授。理学的(運動学)分析に基づいたアプローチ

 まさか!!の

 【 不妊治療中の方からの

    妊娠 ご報告 】

 

 

 とても 。

 すぐには 信じがたいお電話に

 当方といたしましても、大変

  困惑 しています。   

 

 突然いきなりの ご報告と 御礼を

  頂きました。

  

 Kさんとおっしゃる方は、

『 先日の

  講習会を受けたおかげで

  妊娠できました!

  ありがとうございます。 』

 と。 唐突に ご報告をしてきました。

 

 

『 えっ??

  なんですか?

  そんなん講習会だけで

  妊娠しますか?』

 と。こちらが 疑ってしまい、

 

  何度も何度も

   どういうわけなのか?

  状況を理解 するために

 根ほり葉ほり 言及しました。

 

その方いわく、

今年3月4日に

 浦添市の子育て支援事業で

  当方 が担当させて頂いた

 お母さん向けの 『 身体メンテナンス講座 』。

  を 受けられたそうです。

 はい。 たしかに、

  3月は、浦添市からのご依頼があり、

  5箇所での 講習会を担当いたしました。

 

  わたしはこの講座の中で、

  骨盤内の血流を上げる運動療法

  についてのご紹介も

   チラッと 述べました。

 

 

 『 骨盤内の血流を上げる

  筋を選択した効かせ方・しくみ 』

 

 理論と運動の実践。

 

『 こうやって動かすと

  骨盤内インナーマッスルの中でも

  この血管血流が増大します 。』

 

『 この研究については、

    当方の施設で

   超音波エコーで

 医師と臨床検査技師と共同で、 

 その変化を確認しながら

   選定しています。 』 とか。

 

 

  上記の 内容は、

 

  当サロンに 

  妊娠を希望されて来られる方には

   理論と実践、

    研究内容を

  解剖生理学とともに

   解説ししながら

  お伝えしている内容です。

 

 また、医師による

   諸研究で明らかになっている 

 

* 子宮内膜の毛細血管分布検査と

   妊娠成立の相関について。

* 運動における血流再分配システムについて。

    などなど。 

 

 

*   *   *   * 

 

 Kさんの話に 戻りますが、、

 

 Kさんは、これまでに

  不妊治療において

  人工授精の治療 を15回

    されたことがあるそうです。

  その後は、人工授精を中断しており、

 

  病院では、 定期的に受診を進める中で。

  今回の、

   自然妊娠が 発覚したとの事です!!

 

 Kさんいわく、

  『 あの講習会の 直後の

       妊娠に間違いありません』

 

  『 産婦人科でも

   算出してもらいました。

   本当なんです。』

  とのこと!!

 

 ↑あの日の私が訊いたら驚くでしょう。

 

  本当に仰天過ぎて、

  こちらのほうが、信じるのに

    時間がかかってしまいます。

  だって、

   たった1回の しかも講習会を

   受けただけで

    自然妊娠が成立したなんて!

 ( 実は、去年4月にも同様の方がいましたが)

  

   

  しかも! 検査計算すると、、

   一週間以内だった可能性

 とのこと!!! (@_@)

 

 ちなみに、週数の

 簡易計算法としては、

 ネーゲレの概算法というのがあり、

最終月経の第1日目から280日目を計算する方法で、

最終月経のあった月の数に 9を加え(13以上になる場合は、3を引く)、日数に7を加えます。

 

Kさんの場合は、

 産婦人科にて、さらに 経膣超音波検査で

  確定したとのこと。

 

 6週の胎児↑ 

*  *  *  *  *  

  

  そして、

  そのKさんに ご紹介されたとおっしゃる

  看護師の Tさんという方が

    膝の痛みを解決したいと   

   ご来店されましたが、

   そのTさんからも 同様に

   Kさんの ミラクルについては 

      伺ことができました。

 

  やっぱり、ほんとうに本当のことなの??と。

 

 本当に信じられない展開に

  まだ呆気にとられていますが、、。

 

 あれから、

 Kさんとは、何度か お電話で

  やり取りをして、

   アドバイスをさせて頂いています。

 

【 気を付けること・アドバイス 】

 

* 着床(妊娠)が解った時点で

  インナーマッスル系の激しい運動は

   控えるor中止してください。

   上記の図のように

   胎盤循環が始まるから

 

* 姿勢・着衣 を気を付けるように

   リンパ・静脈還流を圧迫するような

   不良姿勢と下着類の締め付けを 避けること。

 

  などについて、お伝えしていっています。

 

 Kさんは、

 妊娠安定期に入ってから、

  医師に確認をとりながら、

  こちらに、ご来店されるそうです。

 

その際には、

 いろいろお話しを伺って、

 『 実践者・体験者 】としての

  経緯 を 研究報告として

  まとめていけたらと 想っています。

  

 

*  *  *   *

 

本来備わっている

 万人に共通する 筋肉と血管なので、

   運動療法として 提示して

 計測(研究発表)し、

 実践された経験者の

  経緯を追跡することの

   集積も課題だと 考えています。

 

 

 その効果が

  沢山の方の活用に

 広がるように 

  発信していけたらと思っています。

 

  その情報を必要としている

 次の方の

  笑顔に繋がるように。

 

 Kさん、、

  本当に おめでとうございます。

  そして、ありがとうございます。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

産前産後の骨格調整(沖縄)動きと姿勢から痛みを解決する整体さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります