妊活(不妊治療中),産前(マタニティ),産後(骨盤底筋)専門。(沖縄県)痛みと動きが解決する骨格調整。理学分析+整体+指導+研究)

妊活(不妊治療中)の骨盤機能(血流と圧)、妊婦(マタニティ)の痛み解決と安産に向けて、産後の骨盤調整・痛み/姿勢の改善。動きと姿勢に対する施術、解りやすい身体の解説、維持ケアも伝授。理学的(運動学)分析に基づいたアプローチ

⇒ どうなっているのか?状態に気付く。
⇒ こんなに動きが変わる!変化に感動。
⇒ どうして?の専門的分析を分かりやすく学ぶ。
⇒ できる!自分で造っていける自信と知識を得る。

充実と納得の骨盤動きコンディショニング


・ツライ症状・長引いている症状の、
 改善を最短で解決。
・何度も通わずに 早く
  根本解決したい方のために。
・女性理学療法士による
  女性専門のコンディショニング

 (沖縄県内の産前産後の症例)
業界トップの実績と信頼(年間2千人超)
・医療機関・医療専門職種様からの
  ご紹介を多数いただいています。



*妊活(不妊治療中)
 ⇒ 骨盤内血流改善
*妊婦さん(マタニティ)
 ⇒ 安産の骨盤機能を指導
*産後の骨盤・筋骨格・痛み
 ⇒ 症状を解決し再構築

痛みを迅速に解決し
動きと構造がよみがえる。解りやすい説明と解決法。
〓 ホームページ 〓
産前産後のしあわせ整体からり

何度も通わない。
マッサージや整体に頼らない身体へ。
【 調整法で動きがよみがえる。】
  原因を知り、解決法を【学ぶ・取り組む 】
 ためのサロンです。

テーマ:

 リハビリテーションとは何か?
 理学療法とは何か?

 ゴールとはなにか?


*  *  *  *

 私には、
 理学療法士として、
 心から尊敬し、
 人として 大好き!!という
  方(ご夫婦)がいます。

石井慎一郎・美和子先生です。

 リハビリテーションの業界において
 知らない人はいないと思います。

 もう説明しきれないほど
 凄い凄い方々で
 お互いに超有名すぎて
  レジェンドな方ですが、
 ありがたいことに
 プライベートでも凄く仲良くしてくださいます。

*  *  *  *

 慎一郎先生は、
 大学の教授もされながら、
 高齢者の地域リハビリテーション事業の責任者もされ、
 たくさんの書籍を執筆され
 全国からは、講師の依頼が殺到している方です。

そんな 石井先生が。
 昨日は、
 
 リハビリテーション、理学療法の
 それぞれの意義の原点
 について、、

 (ノンアルコールで)語ってくださいました。




 大学では、将来の理学療法士を養成し、
 地域でリハビリテーションの現場に携わっている石井先生が
 最近 感じておられるという
 『 ゴール 』という概念のこと。

 たとえば、

 60代、70代、80代の方
 自分たちの親世代の高齢者が、

 ある日、脳梗塞や心疾患や骨折によって
 入院する。

 手術後の安静期間や残った障害などによって
 歩けなくなる、ひとりではトイレに行けなくなる、、。

 様々な機能低下・動作能力低下が起こる。

 そして、

≪ リハビリが始まる。≫

 全国でも、自分の身近でも
 そういう現状が 多くあります。

 日々、
 医療・リハビリテーションの現場で起こっていることです。


 しかし、改めて。


 その リハビリの目的はなにか。

 その中の理学療法の役割は何か。

 を 捉えなおすことが あるのではないか?と。

 石井先生は 提示してくださいました。


≪ ゴールとは何か? ≫

・限界のこと?目標のこと?

・医療側がその人を診て決めること?

・病態や障害 以上のこと以下のこと?


 昨日は、このことについて。
 個々人の考えを 皆で考えさせていただきました。

石井先生が、

『 その人のゴール って
  誰かが決めることでなく。
  その人が自分で 掲げきれる 希望
   ではないか 』 


 と 話してくださいました。

 理学療法とは、

その人が 目指す
 在り方、生活活動の
 ビジョン(ゴール)
に向かいたいと願うとき(Hope)。

 現段階との幅(ギャップ・可能性) 

どういう課題があるのかを
 専門的に 見つけ出し(戦略)、
 その解決を提供していくこと(戦術)
 が 理学療法という技術の役割ではないかと。
 重要な 視点を

 くださいました。


 この課題に 答えを定義することは
  とても難しいことですが。。



 リハビリテーションが展開される中で、
 それを提供する医療・リハビリ側が、
『 ゴール(限界)はこのレベルです』
 と 設定するのではなく、

 本人が 決めたゴールと
 現実実際の問題との
 その間を 埋めていく近づけていく手段

 提示していくということ。



 
  ここからは、
 私の解釈が混ざっていますが、

 この病態だから、障害残存しているから
 という
  引き算で
  ゴールを下げていくのではなく

 

 例えば、
 現在、入院していて
 まだ リハビリ室で つかまり立ちの練習段階であるような方が
 『 退院したら、
  週に一回でいいから、
 買い物や図書館にいけるようになりたい』

 という ゴール(生活・暮らし方)

 目標にしたとき、

 必要な動作の獲得や
 補助具や福祉用具の選定や
 利用できるサービスの活用など

 に 近づける 手技や手段
 リハビリテーションではないかと。

 こうやって書いていると、
 自分でも
『 そんなの当たり前のことじゃん』
 と。
 理学療法士として思ってしまいますが、

 業界のいろいろな現状の話を
 伺うと、
 
 そうでない現実も多いらしいのです。

 
 週に一回買い物や図書館に出かけたい
 という
  リアルへの
  積み上げの リハビリテーションでなく、
  そこに 向かってはいない
 
『 現 状 の
 身体機能の
 維 持 
  をしましょう 』

 
 というような。えっ??
 
 はたまた。

  リハビリの目標が

  リハビリ能力の維持??


 ?? みたいな ??
 疑問をいだいてしまうような、、。

 みたいな ことも 多くあると 伺いました。
 
 まだ、可能性が多く残っているのに

 『 身体能力の維持 』

 という。

  ゴールのような 
  ゴールでないような設定。。

*  *  *  *

 すみません。 
 難しいテーマを挙げて、
 個人的な 主観もかなり混ぜてしまった
 答えのつかない内容になってしまいましたが、

 石井先生ご夫妻、城内先生、比嘉先生、
 から 身が引き締まる
 談義を交えさせていただき、
 ありがたいひと時でありました。

 また一つ、
 自分の仕事の在り方も
 見つめなおす 課題をいただきました。
 
 (昨日この場では一緒できませんでしたが
 普段リハビリについて、リアルに仲良く語りあえる
 比屋根先生にも感謝)




 
 美和子先生は、
 いつも私が
 勝手に 引きずりまわしてしまっていますが((笑)

 心から、セラピストとして女性として人として
 尊敬してやみません。


 美和子先生は、
 先日、海外で
 世界トップレベルの理学療法技能システム(理論・研究・臨床・技術)
 を 日本人初として 称号されました。

 刺激と勇気を
 たくさん頂いています。

 ありがとうございます!!!


 今日は
 9月のカナダ研修でご一緒させていただいた
 城内先生の沖縄セミナーです〇
 
 しっかり学び治してきます。
 城内先生、比嘉先生、石川先生。
 機会をありがとうございます。
 よろしくお願いします。




いいね!した人  |  リブログ(0)
いつも
お忙しいなか読んでいただきまして、
ありがとうございます。


なかなか ブログでのご報告ができなくて
申し訳ありません。。

お馴染みのお客様や
医療専門職種・セラピストの方々
初めてご来訪された方々や
はたまた幼稚園のママ友さん方から(#^^#)

『 ブログを楽しみにしているのに
 さいきん 全然更新されていないから
  心配してますよ 』
『 病気でもしているのかと
 思ってましたよ』

 と 毎日 言われてしまっています(笑)

すみません。
 ありがとうございます。

 m(__)m

連日、多くの方に
ご来訪をたくさん頂きまして
予約枠を超過しての
 対応をさせていただいているなかで、
電話に出られなかったり、
 キャンセル待ちをお伝えすることも多いですが、
 全力で 施術とご指導を
 ご提供をさせていただいております。
どうか ご了承いただけますよう
 よろしくお願いいたします。

 と。

 相変わらず、
 ブログやご要望への
 前置きの 言い訳文が 長く
 なってしまいましたが、

 
 日々、
 大変 ありがたい 
 ご報告を 
 たくさんたくさん頂いていましたので、

 近日のことからピックアップして
 ご報告をさせていただきます。

 ↓ ↓ ↓ ↓
 

*  *  *  *  *
 
 妊娠に向けた体つくり(および不妊治療)の方々
 
  から頂いたご報告。


*  *  *  *  * 

 先月(1月)東京にて
 施術を受けられた 30代の方から
 
 2月1日に
 うれしいご報告
がありました!
 
 ご紹介させていただきます。

 治療段階としては、
 タイミング療法という段階の方です。

 医療専門職の方で
 子宮内膜への血液供給・運動療法について
 かなり専門的知識に富んだ方でした。
   
 

 実践取り組み、そして、
 ご報告ありがとうございます。
 
 お身体作りが より良き方向へ
 進んでいきますよう、
 心より応援しております。 


そして、↓
 こちらの方も

 骨盤帯(脊柱・骨盤・股関節、)の
 動きの改善と
 骨盤内の血流を増大させることが期待できる
 筋の伸縮性の改善に取り組まれた方々です。




そのほかにも。とにかく
1月は ご妊娠のご報告と
 安産のご報告がすごく多い月でした。




 そして!! 仰天のかた!

 一番すごかった方!!



 去年 9月に
 当方でご指導させていただいた内容の
 取り組みを実践したUさん。

 なんと

 アノ 3日後に!!!

 肺移植(体外受精)が成功した!!

 というのです。

  現在 妊娠4か月目
  経過も 良好ということで

 ご来店されました!



 なんと。。
 、、これは、、、、


 お電話をいただいたときに
 
 正直、信じられなくて、
 わたしは、
 経緯について、
 何度もなんども

 伺いました。

 
 Uさんは、
 糸〇クリニック様で
 人工授精の段階を経て
 体外受精を3回されていたそうです。

 これまでは、
 着床が成立しなかったということで
 身体作りの取り組みを考えたそうです。

 その中で
 
 当方の骨盤コンディショニングを
 受けられました。



 多くの方々が
 体質改善を目的に取り組まれる際には
* 食事(栄養)
* 運動
* 睡眠
* メンタルヘルス

 が 挙げられると思いますが。

 その中でも、

 運動は、
 血流を変化させることが期待されます。

 
 その方それぞれに
 どのテーマが お身体に必要かどうか
  
 様々ではありますが、
 
 運動 に関しましては、

 老若男女。本来 備わっている
 血管(ルート)・筋(モーター)
  
 活用すると 合目的な効果が期待できると考えます。

 
 そして、
 その運動を選択する中でも
 
 その方のどの部分が
 機能改善したほうがよいかを
 
 常々、分析し解説しご提供させていただいています。

 解剖生理学・運動学に基づいて、
 また、諸研究報告や
 わたし自身が 取り組んできた
 研究の結果に基づいて
 
 ご提供させていただいています。

 理学療法MOOK20 ウィメンズヘルスと理学療法
 第7章『妊娠に向けた身体つくり』
 を執筆させていただいています。

 
 こちらの方は、
 コンディショニングに興味を持ってくださる
 医師の先生です。(産婦人科石からのご紹介)


 運動療法に興味関心を示してくださる
 医師の先生が 増えていることが
 大変嬉しく思っています。



 必要な方への
 解決のヒントの一つとなりますように。

 さらに活用できることの追求に
 取り組んでいきたいと思っています。

いいね!した人  |  リブログ(0)
『 なんで?!
 あんなに痛かったのに
 5分で??』


妊娠8週から
骨盤の左側に強い痛みが発生し始めたというМさん。

 
常に痛みがあり、
 特に 立った姿勢で
少し前屈するという動作でも

『お尻の奥に痛みがでる、、』
 とのことでした。

 小さな上のお子様もいらっしゃるため
育児にも大変支障がでているとのことでした。



 痛みが発生する姿勢や動きを
 実際に再現していただき、

 どこでどう動きの不具合(不合理)が
 発生しているのかを

 観察や確認をします。


 Мさんは、

 脊柱と骨盤が
 角度を作っていく際に
 仙腸関節という部分で
 合目的な動きと剛性が発揮できていませんでした。

 まずは
 座った姿勢で
 腸骨の動きと梨状筋の伸縮性を
 発揮できるように
 アプローチしました。

 となりに並んで座って、
 左の腰に触れる程度です。

 5分後↓ 

『 えっ!!
 痛くない。。』
『 痛くない!
  痛くない!!!』

 と 何十回も
 口から溢れ出すように
 連呼されました。




 施術を開始してから、
 5分しかたっていませんでした。


 もちろん、
 それだけで終了ではなく、
 
*すべての動作において痛みが発生しないように
* なぜ痛みが発生したのかの推論の解説
* 機能性を欠いた筋バランスへの取り組み
 (セルフケア法・姿勢改善策) 
 などを お伝えし、

 痛みが再び引き起こされないよう、
 胎児の成長に伴う母体の変化が
  赤ちゃんを守っていけるよう
 分娩がスムーズになるような骨盤帯機能の取り組み

 などなど を
 じっくり 手とり・足取り
 解説をさせていただきました。


 Мさんの健やかなマタニティライフを
 願っております。

* * * * *

気付く・学ぶ・造るを提供する骨盤コンディショニング
 産前産後の骨格調整からりホームページ
いいね!した人  |  リブログ(0)
産後5か月目という 金城さん。
 プリティー♡ 赤ちゃんと
 ご一緒にご来店されました。


『 しゃがみ動作で恥骨が痛い 』
『 仰向けになると 仙骨が痛い 』
『 身体全体に力が入りにくい 』
『 すべての動きが しんどい・ツラい 』
『 尿漏れが改善していくか心配。』

などの多くの症状を
  抱えておられました。

お身体の各所を
 細かに確認しますと、

① 腹直筋離開の状態(幅2横指半、深さ第一関節程度)
② 骨盤底筋の前方ゾーンの運動感低下
③ 股関節の制限(相反回旋が乏しい)
④ 仙腸関節の不適合(剛性力低下)

 などなど。が確認でき、

 そのメカニズムを分かりやすく
 紐解きながら 丁寧に解説して
 理解していただきました。
 
* 金城さんは、医療系のご職業ではないので、
  図式や骨格模型や、
 わたしのボディナビゲーション(笑)などで
  表現しながら、

  しくみ

  について、解説していきました。

 ご本人が 理解 する 

 ということが

 改善への 最大の近道であると考えます。



*  *  *  *  *



①~③に対する 分析→解説→施術→セルフケアの
組み立てに関して。
ミッチリ・じっくり → バッチリ!
 改善しましたが、

④ の 動作で起こる

剛性(安定性)の獲得
 つきましては、

 1週間くらいは、ご自身で
そのシステム作り

 していただく必要がありますので、

 取り組み易い、
  しかし、効果レベルの高い
 ホームトレーニングを
 立案し、ご指導させていただきました。


 現段階に見合った
 必要な要素を含めた
 オーダーメイドの セルフメンテナンス法です。



 
セラピストは、
 クライアントさんの
 仙骨と腸骨の動き
  がどのように
 『合致』する必要があるのか?

  確認(触診)しながら、

 同時に
筋肉の出力が統合されているかを確認し、

 クライアントさんに 
 その 瞬間の感覚を 何度か
  体感とともに理解していただきます。

*  * *  * *


 部分的に ただ鍛える ことのみを
 目的とした 筋トレではなく

 骨(関節のフォーム)の動きと筋肉の出力が
  合目的に発揮できることが
 大切であると考えます。


*  *  *  *  *

金城さんには、
 動き・リズムとして
 体感で覚えていただいた後、
 
 そのホームエクササイズを
 動画で 撮って 持ち帰っていただきました。




実施している最中から
『 骨盤が ガシッ!と 締まる感じ!!』

『 もう今腰回りが 痩せたみたい!!!』


と エクササイズ自体に
 大満足されました。

動画内にも文字で解説をしていますが、
 仙骨の向き
その際に 効くユニット(共同収縮)
 が重要です。





『 すごーい!!』
 とっても楽に動ける~~!

『 骨盤の中の筋肉って
  こういうことなんですね!!』




『 すっっと立てる!』
『 ガシガシ歩ける!』
 
 と 大喜びされました。

『 この身体だったら、がんばれますっ!』と。

気合いまでも入って
 
 お帰りになりました。(#^^#)


 よかったです。。

 健やかな 産後ライフでありますように。。



産前産後の骨格調整からりホームページ



 こちらの絵は わたしの娘6歳画伯による
  コッコちゃんです。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
大変遅くなってしまいましたが、

新春のご挨拶を申し上げます。

 皆様おすこやかに新年をお迎えのことと存じます。

昨年は多大なご厚意を沢山いただきまして、
 ありがとうございました。

 お蔭様で、大変有難い・得難い
 務めや学びや交流を頂くことの多い一年でありました。



 わたし個人的には、
 昨年は、
 激動の一年と感じるほどに

 大きな 流れが多かった 1年でありました。

 責務に
 戸惑いながらも 得させていただいた機会に
  感謝しております。

 昨年は、
 

* 国際レベルの臨床技術の受講習得
キャシーウォレス先生の骨盤底筋と運動器の連鎖、経膣触診法、
 ダイアンリー先生のアップデートコースの履修(カナダのクリニックにて) 
* 理学療法士専門書の共著の執筆
  【 ウィメンズヘルスと理学療法 】三輪書店
* 産婦人科医師との共同ディスカッション
* 専門職向け講習会の講師
  理学療法士団体様、助産師臨床ワークショップ様 ほか
* 学術発表
  日本女性医学会学術集会(京都11月)
* 県外での出張施術依頼
  (宮古島、大阪、名古屋の個別・団体様)
* 著名な理学療法士の先生方のご来訪と交流

 など。


 私の身の丈以上の
 大きな 機会とご縁に
 目まぐるしい一年でありました。

 務めさせて頂く毎に
 自身の勉強不足や未熟であること等を感じます。

 
 気を引き締めながら、 
 精進していきたい所存であります。 


*  *  *  *  *



平成29年の今年は、

* 基本を見直す。基盤を硬める。本質を問う。
 
* 対個人様にご提供する 内容の更なる充実とフォロー体制の拡充

* 研究の精査・発表 

*( 昨年ご依頼をお断りさせて頂いてしまいましたが)講習会・研究会の開催のお引き受け


 に 取り組んでいこうと想っております。


また、

 日々、当施設に訪れて頂き、
  お身体の課題を解決(解放)に
 進んでいってくださった方々の

  ご報告ブログの
 発信も
 そろそろ再開していきたいと思っています。

 

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



いいね!した人  |  リブログ(0)
今日は、
 助産師さん、
理学療法士さん×二組、、
その他のご職業の方3組
 の方々の ご来店がありました。



 なかでも、Oさんは、
 
 妊娠中の今年に
 一度だけ施術を 受けられて、
 その日に 陣痛を迎えて、
  ご出産された とのことで

 産後 約1か月の今日、
  赤ちゃんと ご主人さまとご一緒に
 ご来店されました。


 
Оさんは
 今回、初産(第一子)のご出産
 3時間の 分娩時間だったとのことでした。


 ☆ おめでとうございます ☆

助産師さんにも 褒められた 安産だったそうですが、、


 じつは、Oさんは、

 当サロンへ ご来店された際には、

 とてもとても、、
 
 骨盤・股関節の コンディションは
 『 いい状態 』とは 
言えませんでした

固かったのです。
 

  それにつきましては、
  
  別記事で 解説を交えています
 
 ( 宜しければ、➜ 安産を迎える骨盤の機能 を御参照ください)




 産後の 骨盤に対して、
 
 座り方などの問題もありました。




  ので、
  
 みっちりじっくり
  分析させて頂いて、
  調整させて頂いて、
  解説させて頂いて、

『 腰が軽くなった!』
『 動きやすい!!』

 ととても嬉しそうに
お帰りになりました。

 
 授乳やおむつ交換が
頻回で まとまった睡眠が取れていないとのことでしたが、

 骨盤の安定と
身体の軸が

 整うと、とても
  身心が楽に なりますので、


どうか、間違った姿勢をせずに
 修正・改善すべきポイントを
  手に入れていただけたらと想います。


 健やかなマタニティライフでありますように。。

 応援しています。

*  *  *  *  * 


 その他の続きに
  仙腸関節の歪みと圧力のことなど
  書いています。






 更に詳しい骨盤の解説は➜ 安産に向けての骨盤機能


いいね!した人  |  リブログ(0)

11月26日。今日も

 朝6時から 施術していました。

 緊急の方、切実な方、本気で解決を望んでいる方、

 を優先して (というか、そのような方 のみを)

 お引き受けをさせて頂いています。

 朝6時の サロン前はこんな感じです。

 

今日は、

 妊娠7か月目になる 

 深刻な症状をお持ちの妊婦さんが 

 はるばる 沖縄市から 

 ご主人さんの付き添いで、いらっしゃいました。

 

 

 『 骨盤~左脚の激痛で 、

  座れない。

  歩くのが できない。』

   とのこと

 

 妊娠中期から

 左の腰ヘルニアを患っていて、

 どんどん悪化していったとの事です。

1か月 安静で ほぼ寝たきりだったとの事。

 

 【 分析 】

 ※ 後ほど⇓ ⇓ 下記の動画と参照してください。

 1.座る 

  とにかく 座れない。

  左股関節を 曲げられず

  このような すごく 崩れた座り方。

 (これには驚きました。。本当に辛い様子) 

  

  左膝は 床につけないと座れない。

 

2・立つ

 脊柱の側弯が出現する(ヘルニアに良く見られる神経圧迫逃避姿勢)

本人はなんとか 正中に持ってこようとしているが無理。 

 2.歩く

  歩くときに左お尻に 劇痛

  いろいろ表記すべきところはありますがl、

  歩行中の骨盤‐股関節の動きの不良

  ( ジャイロ機構の破たん)が見られました。

  ※ 下記の動画を参照

 

 3.関節の確認

  ① 左AS腸骨、左大殿筋~ハムストリングスが極度に筋委縮

    座る姿勢でも、歩行でも 筋力を発揮できない。

    床反力に抗することが出来ない。

   見た目にも明らかに お尻の厚さが違う!(右>左)

  ② 左大腿筋群(筋膜)の 内旋ベクトル位。

   解りやすく言うと、左足だけ【内股】の状態。

  足を乗せることが出来ない。(※これは仙腸関節の適合不良の要因も含んでいる。)

  痛がって、腰をのけ反らせてしまいます。

 

 4.要因の聴取

  ① 安静時期(1ヵ月)は ほとんど横になっていた。

  ② 日常で 座ることはほとんど無い

      (座れない、左下半身がシビレ・劇痛が増してくる)

  ③ 立てるようになったら、ウォーキングを長時間してしまった。

  

【 アプローチ 】

とにかく、

 仙腸関節!の不適合を調整し

 ➝ 腸骨の捻じれを修正

  ➝ 左股関節の安定化

  (殿筋と腹横筋下部・多裂筋の同時収縮) 

  などなど を行い。

 

 自動運動で、

  骨盤の左をインフレにすることを

  エクササイズの中に

  取り入れました。

 ※ 動画参照

 

 

 

 どんどん、歩き方がスムーズになり、

 歩くのも、座り続けるのも

  痛みが軽減して消失していきました!!

 

『 楽です。。痛くない。。』

 と 泣き出してしまいました。

 

 そして、最後には、

 なんと私のほうが

 ギュウっと抱きしめられました(照)

 

 ご主人さんにケアして頂く方法も

 お伝えしました。

 

 何が問題になっているのかを

  明確にし、本人に徹底的に解説し、

  望む変化がすぐに 得られる 修正法を

 提示すること。

 

 私は、基本的に

  次回の予約は 取りません。

 本人が来たがってもです。

 

 まずは、自分の中に落とし込んで、

 施術を受けることに依存しない 意識で 取り組んでもらいます。

 どうしても、

 忘れてしまったり、実践できなかった時には

  電話をもらい、会話だけで,

 疑問が解決するなら、再度ご来店する必要はありません。

 

 毎日、毎日、

 重症な方や 切実な方がいらっしゃいます。

 正直、

 わたしの手に負えない人数のご予約です。

 お互いにとっても。  

* 出来るだけ治療に通わないようにすること。

* 自分の状態を理解し、

* 改善策を理解し、

* 本当に効果のあるこセルフメンテナンス法を提供する。

* 取り組みさえすれば、改善していくこと。

 

 それらを 

 

 その与えられた 時間内で 全力で

  前進全礼で ご提供していきたいと想っています。

 

 リピートさせること 通わせることを

 前提には 考えていません。

 

 

 しかし、 

   2度と来るなとか、

 つながりを絶つ

   というわけではありません。

 

 実際、施術を受けられた方への

  その後のアフターフォローやご質問には

  無料で対応しています。 

 

 ・ 解らなくなった

 ・ もっと知りたい、もう一度学びたい

 ・ どうしても実践できない事情があった

  という場合には、再来店の必要があるかどうか

   お話しを伺った上、お引き受けを検討しています。

 

 あくまでも、

 治療に依存してほしくない。

 自分の能力を信じてほしい 

   という想いです。

  ご自身が 自立して自己調整していけるように

  支援できたらと 想っています。

  

 

 ご理解のほど 宜しくお願いします。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

37週の妊婦さん。

『 逆子が治っていました~』

のすごいご報告!

11月3日(祝)の 早朝の時間外枠で

 ご来店された妊婦さん。

 

妹の Yさんからのご紹介でした。

 わたしは Sさんとは、以前より。

 お互いを知る 産婦人科の医師を介して

 フェイスブックで繋がっていたご縁でした。

 

Yさんから、

『 お姉さんの逆子を何とかしてほしい』

 と メッセージを頂いていたのは、

 お姉さんが 妊娠33週目の時でした。

 

※ 病院・クリニックによっては、

 妊娠32週目の時点で 胎児が逆子である場合は、

『 このまま、逆子であった場合は、

 帝王切開になる可能性もある 』と

 妊婦さんに説明があるのが通例です。

 

 

 ( 10月12日)

 

 という内容でした。

 お電話でも詳細を伺いました。

 はじめは、

  私は、お引き受をお断りさせて頂きました。

 

 担当医師先生が 鍼灸を勧めている場合は

 そちらを優先してください と 申し上げました。

 

 その後、

 Sさんのお姉さんは

 鍼灸に4回通院されたそうです。

  しかし、

 なかなか赤ちゃんの胎動が現れず、、。

 再度、こちらへのご来店をご希望されたのは、

 もうすでに 妊娠36週が経過 されていました。

 

 もう日が迫っていることもあり、

 施術をお引き受けさせていただきました。

Yさんのお姉さんの

 骨盤帯の機能を確認させて頂きました。

 

  *腰痛がひどく、

 *右の股関節と腸骨の動きが悪い(どちらも内旋)

 *座る姿勢が不良(骨盤の左右への加重が不均衡)

 *寝るときに横向きで脚の間にマクラを挟んでいない

 

  という状態でした。

 特に。寝返りの動作において、

 骨盤と腰に痛みを発生していました。

 そして、

 お腹の赤ちゃんの位置は、

 頭を右上に向けた肢位とのことでした。

 そして、、

 骨盤の右側と股関節の動きが悪い。。。

 

この関連。。うぬぬ。。

 

 ⇓ ⇓

 骨盤と股関節の内側への捻じれ位

 調整させて頂きました。

 

 まったく 強い力は使いません〇

 お姉さんも『 えっ?これだけしか触ってくれないの?』

 と。少々、物足りなさげ(笑)

%e7%9f%b3%e4%ba%95%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%ae%e6%9c%ac%e3%81%ae%e3%80%80%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%81%a6%e3%83%bc%e3%81%97%e3%82%87%e3%82%93

 しかし、動かした際の動きは

  みるみる消失していきました。

 すると!

 すぐ近くで 見学していた 妹さんのほうから

 『 今お腹がゴロンって大きく動いたねっ!!』 と。

 お姉さんご本人も

 『 そう!そう!動いてる~』

   と 驚かれていました。

 

 あとは 

 

 * 座り方と 寝方のポジショニングについてのアドバイス

 ( 圧力と方向のこと)

 * 自分で股関節を腸骨の動きを更に改善していく方法 

 (赤ちゃんの動きに合わせられる骨盤の柔軟性)

 

 を 追加で指導しました。

 もちろん『 安産の為のスクワット法 』も。

 

 『 これらの 取り組みを 頑張ります 』

 と 元気いっぱいでお帰りになった姉妹。。

 Yさんと私⇑

 お姉さん⇑

 すると!!

 あれから 4日目の

 11月7日(月)に

 仰天の

 メッセージとお電話を頂きました。

 11月7日(月)

 

 なんと!なんと!!

 仙腸関節の動きと股関節の動きを

 引き出しただけで!!

 あっ。 それと、 

 座り方・寝方のポジショニングを

  工夫しただけで!!!

 

  本当に 37週で まさかの

  逆子が治ってくださいました〇

 

 お姉さん。本当に頑張ったね。。

 大好きなお姉さんと生まれてくる赤ちゃんを想い

 Yさんは、ウルウルしていました。

 

  思わず長電話で興奮し合いました(笑)

 

  本当にありがとうございます。

  私も 歓びを ヒシヒシと噛みしめています。。

 

 ちなみに

 安産のスクワット法はこちら ⇓ 

http://ameblo.jp/mamatherapy35/entry-11800604119.html

 姿勢の工夫の記事は コチラ ⇓ です。

http://ameblo.jp/mamatherapy35/entry-12170204958.html

 

 皆さまが健やかに 過ごせますように。。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

2016.10.31

はるばる長野県からいらっしゃった

 理学療法士E先生。

 

今回のご来訪に際して、

 1か月半前から、施術を希望されてご連絡を

下さっていました。

12年前左膝の前十字靭帯と半月板を損傷してから、
膝屈伸時に痛みが出て、

 日常動作においても不安定とのこと。

 仕事にも支障がでることもあり、

 

・大腿四頭筋も左がかなり萎縮していました。

 ご自身がベテランの理学療法士さんであるので、

 このような筋バランスについては、

 ご自身が かなり、詳細な身体分析をされていました。


足の指(および足底)の感覚が低下し、

 動かしきれなくなっていたとのこと。


 医師からは、

 【 膝に負担のかかる動きを控えるように】と

  言われて居たそうです。

将来の妊娠や子育てに

 左半身が耐えうるのかという

  不安があるとのことでした。。

 

 

⇓  施術・メンテナンス ⇓

 

最初の10分の調整で、

 『ええぇ~?』と

 膝の痛みが無くなっていくのを感じ、
どんどん片脚での膝屈伸が

 できるようになりました!
また、

 シビレもあった左脚。

 足指の動きが出なかったのも!!

 

  ⇓ ⇓

 足趾の運動が右と同じようになっていきました。

 

 これには、

  突如、感極まって

  興奮され 

  号泣しだしてしまいました。
 

『 諦めていたのに。。。」

『 本当に辛かったんです。。』と。 

 

 目も鼻も真っ赤にしながら

 本当に 嬉しそうに。

 何度もなんども指を動かし、

 相当久しぶりに感じる!という

  足を動かすという 感覚

 何度もなんども実感しながら

  喜んでいました。

 

 喜びと興奮が伝わると想います⇓

 

プライバシーには配慮して、

お顔を撮っていませんが、じつは、
 顎関節症
(口を開くとガクガクして外れそうだった感覚)
無くなって 開閉がスムーズになりました。

 

『 本当に来てよかった。

  想像を超える体験で、

  まだ信じられません。。』と。

 

また、再会することをお約束して

 見送りました。

 

色々な出会いと感動があって、

 本当に嬉しいです。

 

【 余談 】

 

E先生にも言われたのですが、

『 どうして最近、ブログを書いてくれないんですか?』

『 いつも 愉しみに待ってるんですよ』

『 生きているのか心配ですよ(笑)』 と。

最近

有難いお言葉をいただきました。

怠けているわけではありませんが、

本当に本当に

 早朝から 夕方まで、

 びっっっしりの ご予約で、、

 なかなか ブログが間に合わない状態です(言い訳)

 

 したし、今日は、

 県内の理学療法士さんと助産師さんも

 来店してくださり、

 全く おんなじ事をツっっ込まれてしまいましたので、

 なんとか書こう!という意欲が

 出てきました。

 

 今週末はまた、学会発表で県外に出向きますので、

 またしばらくフリーズしますが。。

 

 またもやですが、相変わらず、

 原稿が未完成で 慌てて徹夜している日々です。。

 なんとか、仕上げたいと思います。

 

 E様、Tさん、Yさん、O様。

 お声かけありがとうございました。

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

その人自身が

 自分の身体に向き合って

 【 知りたい ・ 良くしていきたい 】と

 本気にならない限りは

  結果(変化・改善)は得られにくい。

 

改めて感じます。

 

年間約2千人の方が訪れます。

 

 私のコンセプトは、

 痛みや動きの制限や

   姿勢の不具合を感じられている方へ。

 

 初回に来ていただいた際に。

 出来るだけその日で 完結できるように

  最大の内容 をご提供することです。

  ご本人に

 その仕組みを理解して頂けるよう説明し、

 その後 更に

  改善が進んでいけるように

 * 分析の解説、

 * 骨格の自己調整法、

 * 筋バランスのエクササイズ法、

 * 姿勢の気づき方。。など

 惜しみなく ご提供をしたいという

  信念があります。

 

 その方が、

 ご自身でもカンタンに取り組め、

 短時間で効果が高い 調整法を

 その日でご提供したいと想っています。

 

※ ただし、

 お身体の状況・発症時期・体力などを

 考慮すると、

 1回目では すべてのことを身体が

 受け入れられないこともありますので、

 稀ですが その場合には、

 致し方なく 近日に2回目の施術も

  必要な場合もありますが、

 

治療の続きを、

  こちら側の都合の良さ(意図的)で 【次】へ

 引っ張るようなことは したくありません。

 何度も何度も 通わせるようなことはしていません という意味です。

 

 

 最大・最良の 内容が生まれるには、

 提供側にも 受けられる方にも

   真剣な情熱があってこそです。

 その方と一緒に

 痛みやクセなどの原因を

 これまでの在り方から 一緒に考え、

  専門的視点と併せながら

  作っていくから生まれるものだと想います。

 

 痛みや動きの制限、姿勢の改善に対して

 『 身体の改善機能を信じたい!』

 『 なんとか痛みを解決したい!』

 『今後ちゃんと身体使いに向き合っていく!』

 

 という 意欲が高いときの

  タイミングが合致すれば

 お互いで最大の取り組みができると想っています。

 

 

 やたら超ムズカシイことを勉強しないといけない。とか、

 毎日しんどいトレーニングをする。とか

 

   ではなく、 

 

 知ること・気づくこと・心がけていくこと

 で、大きく 変化に向けていくことができるのです。

 

 *  *  *  *  *  *  *

 

来週は2日間、

 大阪の方々の施術に呼ばれています。

中学生〜高齢の方々とのことです。
従来だと、

私のいるこちら(沖縄)のほうに、

本土他県から はるばる訪れて下さる方も 多いのですが。 
( 昨日も 長野県からの来訪がありました)
 ここ数ヶ月は、

私のことを まとまった人数で 希望され

 誘致して下さる方々が 増えてきました。

 

  宮古島・大阪・愛知は、

ほぼ日帰りで 定期になりましたが、 
個人的に 東京で施術を受けたい

 という ご希望者の人数が

 現在20名くらいに 達していて

 待って頂いている状態なので、スケジュール調整を考え中です。
(沖縄も しょっちゅうは空けられませんが)


いつも 出向く際には、

 観光は一切せず

 私は1分1秒施術をさせて頂くことを

  希望します。
 


 東京に行く際には、

 出来るだけ多くの方々に

 お逢い出来るように 考えております。
ご縁がありましたら、嬉しいです。

 

今後も 必要とされている方の熱意に

 お役に立てられる ような ご縁が あれば、

 嬉しいです。

 

 

 

必要な方へ 真剣な方へ

 肚くくっている方へ。

あなたの身体の可能性を信じるというパワーを

 1000%込めて。

 

本気の気合いで

最大のご提供をと考えています。 

 

 

宜しくお願いします。

いいね!した人  |  リブログ(0)