能天気OLが開業しちゃった!~社会保険労務士としてやっていけるのか?日々の成長日記

コネもお金もない、人脈あるけど客はない・・・そしてもしや頭も足りない?!『ないない尽くし』の私だけど、開業しちゃいました。

本当に困ったときには必ず誰かが助けてくれたから、その人たちに恩返しするつもりで私もあなたを助けたい!


テーマ:

そういえばこの間、36協定がらみで

介護事業もやってる人材派遣会社が

ニュースになってたな。



36協定というのは通称で、

労働基準法第36条に基づく協定のことです。



従業員に時間外労働や休日労働をさせる場合は、

かならず結ばなければならない協定です。




今回問題になっていたのは

誰と結んだか、ということ。


会社と従業員で協議するんだけど、

従業員全員とはムリでしょ?



労働組合があれば会社と組合で協議するんですが、

組合がない場合は『労働者の過半数代表』と協議します。



この『労働者の過半数代表』というのは

会社側が一方的に


”あなた”


と決めてはいけません。




全従業員の投票などで

従業員の過半数票を獲得した人が代表になります。


代表は1人じゃなくてもOKで、

大きな会社だと部署がいくつもあると

その部署から過半数代表を出して、

その何人かを代表とすることもできます。




会社の思惑のとおりに動くいいなり従業員ではなく、

きちんとした方法にのっとって選ばれた

従業員でなくてはなりません。




上記の会社はこの代表者を

会社側が勝手に決めて

記名押印をさせていたようです。


で、改善命令が出ていたらしいのですが、

その調整に手間取り、そのうち

届け出ていた協定の有効期限が切れてしまい、

結果として36協定がないまま

時間外労働や休日労働をさせていたそうです。




2つ、違反をしたということになります。



36協定を締結する際の従業員代表の選定が不適格だったこと。

36協定の有効期限が切れていたのに新たに届け出なかったこと。

(36協定がない状態で残業をさせていたこと)




36協定は有効期限があるので

みなさんも注意してくださいね。



36協定についてもっと知りたい方はこちらをクリック

クリックお願いします

経営 Blog Rankers




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。