子宮の入口に5cmぐらいの子宮筋腫があり、内膜にも腺筋症があります。

このままだと妊娠しにくいし、妊娠しても流産の確率が高いので手術をした方がいいと言われましたが、高齢なので手術以外に治療法はないのか相談いたします。
私は、できれば妊娠・出産してから手術をしたいのですが…。

 

c.blossoms* 42歳 Kさん

 


子宮腺筋症と子宮筋腫が心配、でも年齢的なことも心配。

どうしたらいいのかと悩みますよね。
子宮筋腫治療の手術以外の方法として、ホルモン剤を使用して月経を半年から1年間止める偽閉経療法があります。月経を止めることで筋腫が小さくなることが見込めるでしょう。
ただし、月経を止めるので、その期間、妊娠できない状態になり、あなたにとっては得策ではないかもしれません。

年齢的なことを考慮しますと、今のうちに体外受精を行ない、複数個の胚を凍結保存し、子宮筋腫、子宮腺筋症の手術を受け、妊娠の許可が出たら、凍結胚を融解し移植するという方法が、いいのではないかとも思います。でも、この場合、体外受精が前提になります。

または子宮筋腫も子宮腺筋症もそのままにして、妊娠にチャレンジするというのも1つの方法としてあるのかもしれません。

その場合、どのような方法で妊娠にチャレンジをするのかは、年齢から考え、また時間的なことも考えると不妊治療をされた方がいいのではないかと思います。
ただ、その際には妊娠後に子宮腺筋症や子宮筋腫が問題を起こさないか。

胎児の成長を妨げることはないか。

その辺りを十分に確認しておいた方がいいでしょう。

今の時点で妊娠にしにくいと言われていること。また、妊娠しても流産の確率が高いことを十分に考えてみてください。
やっと妊娠したのに、子宮腺筋症や子宮筋腫が妊娠経過の障害になる、胎児の成長の妨げになってしまったら、辛いのはあなただけでなく、お腹の中にいる赤ちゃんも辛い思いをします。
妊娠出産を優先させることが、結果、赤ちゃんの生命を危険にさらす、成長を妨げるとしたら、それはあまりいい方法とは言えません。
妊娠するということは、赤ちゃんの生命を守るということでもあります。
どの方法が適切かは筋腫の状態や位置、個数により異なりますので、医師とよく相談されたほうがいいですね。
手術以外に方法がないのかどうかも、直接、医師に確認してみるといいでしょう。

 

 

成田病院 大沢 政巳  医師

*Adviser:田村秀子婦人科医院 田村 秀子 医師    

 


i-wish ママになりたい 不妊治療のギモン 相談とアドバイス

AD