今通っている総合病院で体外受精を勧められました。

ただ、この病院は凍結保存設備がないのが心配です。
卵子がたくさん採れても、移植できない胚は捨てられてしまうのでしょうか。
凍結保存できる病院とできない病院は、どちらのほうがいいのですか?

 

c.blossoms* 43歳 Fさん

 


体外受精を勧められた施設で凍結保存ができないのは心配ですね。
体外受精を行う場合、卵巣機能の状態、排卵誘発剤の方法、また女性の年齢によって、採取できる卵子の数に違いが出てきます。
一般的には大きく分けて調節卵巣刺激法と低刺激法の2つがあり、調節卵巣刺激法の場合、連日の排卵誘発剤投与から採取できる卵子の数が多くなります。

この刺激法は、卵巣機能が良く、若い女性に適していますが、卵巣過剰刺激症候群に対する注意が必要です。

低刺激法は卵巣機能が低下した方や年齢の高い女性にも適する方法ですが、採取できる卵子の数は少ない傾向にあります。
排卵誘発を行い、いくつかの卵子が採取され、受精卵が複数個できた場合、日本産科婦人科学会、日本生殖医学会の会告では子宮に戻す胚の数は1つという指針があります。
複数個できた胚のうち1つを子宮内に戻して、移植しなかった胚は凍結保存することで、次周期、または第二子、第三子への期待に結び付けられますが、凍結保存設備がない場合には廃棄することになるでしょう。
従って、凍結保存のできない病院では、体外受精に挑戦するたびに、排卵誘発をして卵子を採取するということになります。
新たに採卵するとなると費用もかかりますので、複数個の胚ができた場合には、できれば凍結ができる施設のほうがいいと思われます。
体外受精での妊娠率はさほど高くはありません。

40歳以上になれば、1回あたりの妊娠率は15%以下、その後は年齢を追うごとに低くなり、43歳以上では数%の妊娠率になります。

逆に流産率が高くなっていきますので、妊娠しても出産に至らないケースも増えてきます。
ですから、1回の体外受精で妊娠ということではなく凍結胚も含めて何回か移植を繰り返して妊娠、出産にいたるという方も多いのです。
以上のことから凍結保存のできる病院をおすすめしますが、医師や、ご主人とよく相談して決めてくださいね。

 

 

成田病院 大沢 政巳  医師

*Adviser:成田病院 大沢 政巳 医師

 


i-wish ママになりたい 不妊治療のギモン 相談とアドバイス

AD