なぜ、勉強会の参加を勧めるの?

 

 

不妊治療に関するさまざまなご希望を持ったご夫婦がいることでしょう。
PCやスマホを開けば、いろいろな情報が手に入ります。

でも、どれが正確で、どれが新しい情報なのかを知るのは難しいものです。
また、さまざまなサイトの書き込みや人の話から、クリニックや病院、医師などについての評判を聞いても、今ひとつ納得できないという思いもあるかもしれません。
百聞は一見にしかず! とにかく直接行ってみようと思っても、いきなりの診察には不安も残ります。
そんなときに、勉強会や説明会に参加してみるといいでしょう。
最近では、多くのクリニックや病院で不妊治療や体外受精に関する勉強会や説明会が開かれています。「通院患者限定」というところでなければ、どなたでも参加できます。ぜひ、夫婦で足を運んでみましょう。

 

 

どうやって探す?勉強会をしているクリニック

 

 

 

 

実際に治療を始めたい、または転院したいという場合には、自宅や職場から通院しやすい場所にあるクリニックをピックアップして、その中から勉強会をしているところを探してみましょう。
また、通院するしないは別として、

  1. 今の治療の参考に聞きたい。
  2. ちょっと不安があるからセカンドオピニオン的に聞いてみたい。
  3. 気になっているクリニックの治療方針が詳しく知りたい。
  4. 治療方法で気になっているものがあるから、その方法に詳しい医師の話を聞いてみたい

という場合には、範囲を広げて探してみましょう。

週末に開催しているところが多いので、少し遠いところなら旅行を兼ねて! と考えてもいいのではないでしょうか。
サイトfunin.infoでは、トップページに「勉強会・説明会」のご案内があります。

気になるクリニックがあったら、リンクしているクリニックのオフィシャルサイトからお申し込みください。

 

< 日程の選び方 >

  1. 勉強会は定期的に開かれていることが多いので、数カ月先の日程がわかることもあります。自分の都合に合わせて、日程をみてみましょう。
    また、参加できそうな直近の開催日が定員オーバーしていた場合には、キャンセル待ちをしながら、次回開催日での受付が可能かどうかを聞いてみましょう。
  2. 夫婦で参加できる日を選びましょう。
    夫婦が同じ情報を共有するのは大切なこと。
    「言った!」とか「聞いてない!」などというケンカを避けるためにも夫婦ご一緒に!

< 一箇所でなく、何箇所か >

  1. できれば1つのクリニックでなく、いくつかのクリニックの勉強会に参加してみましょう。
    転院を含めて病院選びには、いくつかピックアップするほうがいいですし、治療の考え方や方法を知りたい場合にも、いつくかを比較してみることも大事なことです。
  2. 勉強会の後に個別に質問できるクリニックが多くあります。具体的な話を医師や胚培養士と直接話してみることで道が開けることもあります。
    できれば何箇所か参加してみて、肌で感じてみましょう。
 
勉強会に参加する日が決まったら?
 
 
参加する日程が決まったら、そのクリニックのオフィシャルサイトなどから簡単に情報を収集しておきましょう。
すでに通院しているところのクリニックであっても、医師のプロフィールなどを中心に確認するといいでしょう。
プロフィールは医師の経歴や専門性の高さなどもわかります。学会発表や科学雑誌などへの掲載についてもみてみるといいでしょう。
また、夫婦が抱えている疑問や不安。それから具体的な症状や状況などを書き出しておき、勉強会を聞きながらで解決できたこと、わかったことをチェックしていきましょう。
勉強会を聞き終わってもわからないこと、また新たにわからないことが出てきた場合には遠慮なく質問し、個人的なことが含まれる場合には、勉強会後に直接医師に聞くなどして疑問を家に持ち帰らないようにしましょう。
 
 
勉強会参加の3カ条は、以下の3つです。
せっかく参加するのですから、最大限有効に勉強会を使いましょう。
 
 
 

 

AD