年をとるとなぜ、妊娠しにくくなるの? 

 

前回は、卵巣機能とホルモン環境の変化 についてお話をしました。

今回は、

ライン 花 年をとるとなぜ、妊娠しにくくなる要因 その3 ライン 花
 
子宮、卵巣環境についてお話しをします。
 

ハート 子宮や卵巣の病気

ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1

 
女性は、30代くらいから子宮や卵巣の病気を持つ人が増えてきます。
これは年齢を重ねるとともに増えていく傾向があります。
子宮内膜症は、20代の女性にも増えてきていますが、40代に多くみられます。
子宮筋腫は30~40代がなりやすいのですが、患者層は50代まであります。
子宮頚がんは、30~50代がピークと言われていますが、ここ最近は20代に急増しています。
子宮体がんは、50~60代と年齢層が比較的高いのが特徴です。
その他、子宮頚管炎、子宮頚管ポリープ、子宮内膜ポリープなどがあります。
卵巣環境については、卵巣嚢腫、卵巣がんなどがありますが、なかなか表に症状が出ないため、卵巣は物を言わぬ臓器ともいわれています。卵管環境については、卵管炎、卵管がんなどがあります。
 
 

ハート 子宮や卵巣の病気と年齢の関係

ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1ライン1


これらは、年齢を重ねたから病気になりやすくなるの?というと、そういうわけではなく、子宮筋腫や子宮内膜症などは、まだ病気になる原因がよくわかっていません。ただし、月経回数が多いと症状が悪化することが知られています。
これらは年齢的な問題から発症しやすいというよりも、月経回数に要因があり、必然的に年齢を重ねれば月経回数が積み重なって多くなっていくことから、年齢要因としてあげることできるのでしょう。
たとえば、月経を停止させるようピルを服用していれば子宮筋腫や子宮内膜症などは病気を抑えることができます。これは高エストロゲン状態が関係しているためです。
また、月経回数の問題ばかりでなく、環境ホルモン(その多くがエストロゲン類似物質)も影響していると言われています。

その他では、性行為をすることによって細菌やウイルスが侵入し病気を引き起こすものがあり、これらには子宮頚がんや、子宮頚管炎、卵管炎などがあげられます。

妊娠との関係から言えば、子宮の病気は、着床を妨げたり、流産の原因になったりします。
卵巣の病気は、排卵障害や卵胞発育に影響します。
卵管の病気は、受精ができない、胚が育たない、胚が子宮へと到達できないなどが考えられるでしょう。
いずれにしても、直接的に妊娠や出産に関わる臓器ですから、健康である、問題がないのが基本です。
それには、1年に一度の検診を必ず受けること、また卵巣については検診がないので、婦人科受診、または不妊治療に通院する病院でチェックしてもらいましょう。
AD