今周期、自然周期で採卵をしながら5日目胚盤胞と7日目胚盤胞の移植を予定しています。
生理がはじまり、周期10日目の診察で、周期12日目に採卵手術をすることが決まりました。点鼻スプレーも決められた通りにしましたが、手術当時の診察で排卵してしまったとのことで採卵できませんでした。移植の予定は採卵の5日後の周期17日目だったのですが、1日早く排卵してしまったようなので移植日も1日前になると思っていたのですが、点鼻スプレーを使用してから1週間後が移植日になると先生はおっしゃいました。
点鼻スプレーが自分ではうまくできなかったように思っていますが、喉の奥に苦味は感じました。噴霧した日から1週間後が移植日で何も問題ないのか大変心配で、悩んでおります。ホルモン値的には問題ないようですが、5日目胚盤胞を、排卵から6日目に戻すことにも疑問を感じています。

 


自然周期採卵をしながら5日目と7日目の胚盤胞移植を予定していたところ、採卵当日に排卵していたため、採卵はキャンセルになったけれど、移植は予定通りということですね。
排卵を起こすために点鼻薬を使用されているのですから、排卵は1日前ではなく、おそらく採卵の直前だったのではないでしょうか。
採卵の直前と考えると、融解胚移植は点鼻から1週間後ということですので、17日の移植のスケジュールで問題はないかと思います。
点鼻する際に喉の奥に苦いものが流れてきたということですから点鼻薬は噴霧できているでしょう。
今回排卵してしまったのは点鼻のせいではなく、LHサージが少し早かったためタッチの差で排卵が先行してしまったということではないでしょうか。
時間通りにきちっと噴霧していても今回のようなことが起こることもあります。
いくら薬でコントロールしていても、人の体はその通りになるとは限らないのです。
ご心配されている融解胚移植の時期に関しては、排卵からの日数と、胚が成長にかかった日数を合わせるのが基本ですが、医師の方針通りで大丈夫ではないでしょうか。
ご心配があれば、そのあたりのことを一度確認された方がいいと思います。
1回1回が貴重な治療ですから、あなたが疑問や不安を残さないことは、とても大切なことだと思います。
移植の後でもっと悩んでしまう、また結果によっては悔やんでしまうようなことがないのが一番です。

 

 

*Adviser:京野アートクリニック高輪

京野アートクリニック高輪 京野 廣一 医師

京野 廣一 医師

 


i-wish ママになりたい 不妊治療のギモン 相談とアドバイス

AD