激しい運動は妊娠に悪影響する?

テーマ:

 

 

 

 

不妊治療の病院の初診まで、まだ数カ月待たなくてはならないので、それまでは自然に生活して、赤ちゃんが授かればと思っています。
週に2~3日、フットサルをしています。着床時期に激しい運動をすると着床しないのではないかと夫が心配しています。
激しい運動が妊娠に悪影響を及ぼす可能性はありますか?

 


不妊治療では、病院の混み具合から、初診までにかなり時間がかかることがあります。
診察時、病院では今までの経過や今後の検査などの説明に時間がかかり、一日に診察できる人数に制限や限界があるためなのですが、待ち遠しいですね。
初診までの間に妊娠できれば、それに越したことはありません。
月経の出血が治まってから2~3日ごとに性生活を持つようにすれば、特にタイミングを図らなくても、排卵日を逃すことはないと思います。
うまく卵子と精子が出会ってくれるといいですね。
さて、運動についてですが、運動自体が妊娠へ悪影響を及ばすことはありません。
着床するということを、胚が子宮内膜の上にちょこんと乗っているように考えている方が多くいます。
そうすると、何かの衝撃でポロッと落ちてしまうのではないかと思うでしょう。
しかし、実際は胚は子宮内膜に潜りこむようにして着床していきます。
すっかり潜り込んでしまいますので、流れてしまうとしたら、それは運動のせいではなく、胚にそれ以上の力がなかったため、子宮内膜ごと流れ出るということになります。
妊娠の希望の有無にかかわらず、着床がいつ起こるのかは分かりません。
それぞれの通常生活を送る中で妊娠を知りますので、心配しすぎないようにしましょう。
その中には、「毎日、あんなに忙しく働いていたのに?」とか「毎日、重い荷物をたくさん運んでいたのに?」という方もいらっしゃるでしょうし、運動選手のように毎日、ハードな練習を繰り返している方の中にもいらっしゃいます。
胚に力があって、染色体異常などの問題がなければ、しっかりと着床していきます。
ただ、「ああ、あの時の……」と後悔しそうに思うのなら、様子を見ながら運動を楽しんだらいいかなと思います。

 

 

*Adviser:秋山レディースクリニック

秋山レディースクリニック 秋山芳晃 院長

秋山芳晃 院長

 


i-wish ママになりたい 不妊治療のギモン 相談とアドバイス

AD