いくつかの病院の説明会に行きました。
いろいろと迷って、2つの候補まで絞りました。でも、本当は1つの病院がいいなと思っているのですが、そこの医師は、ライバル医師の悪口のようなことを説明会で何度か言いました。それが気になっています。
いろいろな考え方があって、いろいろな治療法があっていいと思います。
だから、別に言わなくてもいいのに…と思います。
その医師、腕はいいように思います。治療法もいいと思います。でも、悪口のようなことを言う医師に任せていいものかと不安に思います。

 

*37歳

 

 

 

いろいろな考えがあって、さまざまな学びがあって、日々の診療に活かされています。例えば、ほかの医師から学ぶことの中には、取り入れて活かすこともあれば、却下してほかへシフトするきっかけになることもあります。
そこから新たな理論が生まれ、新しい考え、方法が浮かび、研究し、実験し、治療へと発展していきます。
そして、スタンダードがスタンダードでなくなることや、スタンダードがよりスタンダードになることもあります。日々、進化していかなくては、不妊治療も進みません。
さて、いろいろな先生がいます。自分と同じような考え方で診療している人もいれば、違う考え方の人もいます。それは、それでいいのだと思います。
いろいろな考え方や治療法があっても、結果、より安全に妊娠、そしてより安心できる出産につながる治療であればいいでしょう。それをお互いが認め合うのは、ある意味、大切なことです。医師を選択するのも、治療法を選択するのも、その最終決定権は、赤ちゃんを望むご夫婦にあるわけですから。
ただ、説明会にきてくれた方たちを目の前にすると、
「どうしても、あそこの治療は受け入れられない。だって、患者さんのためにならないから!」
と熱くなり、お話ししているうちに、いわゆる悪口のように聞こえてしまう場面が出てきてしまうのかもしれません。そこは医師の信念とも関係してくるのでしょう。
言い換えれば、それだけ医師は患者さんを大切に思っているからこそ、そのような言い方になってしまうのかもしれません。
ただし、それは勉強会での治療方法の論法であって、実際の診療中に他の先生の個人的な悪口を言っているわけではないでしょう。
基本的には、人は人。自分は自分です。あまりに医師としてのモラルに反するような、人として疑問に思うような先生では困ります。
ただ、どこであれ、最終的に決めるのは、あなた方ご夫婦です。
よくご夫婦で話し合われて、通院先を決めて下さいね。


*Answer おち夢クリニック名古屋

おち夢クリニック名古屋越知正憲

越知 正憲 医師

i-wish ママになりたい 赤ちゃんに会うために

 i-wishママになりたい赤ちゃんに会うために

AD