受付の人が、あまりに…

テーマ:

 

 

不妊治療に通いだして、半年です。年齢のこともあって通院を決めました。
今は、人工授精をしていますが、体外受精をと考えています。妊娠が自由にならないことに焦りを感じていて、落ち込んでいます。
先生に診察を受けているとき、看護師さんに採血してもらっているとき、それぞれにこやかにしてくれて気持ちも落ち着くのですが、受付の人は忙しいのか、とても事務的です。テキパキしていていいと思う反面、温かさが感じられなくて、いつも沈んだ気持ちで帰ります。それに、「この容器に検体を…」って言葉が辛くなっちゃうんですよね、検体って…って思う。

 

*39歳

 

 

 

受付は、病院の顔。不妊治療に訪れる方は、基本的には健康な方たちばかりです。
どこかが痛いとか、痒いなどという症状を持っているのではなく、「赤ちゃんが欲しい」という願いのもとに治療をしています。
ですから、体は健康。
でも、心は…? というと、健康とは言えない部分も持っています。
まさに今日が妊娠判定という方は、その検査結果によっては天と地の差があるでしょう。排卵誘発をしている人は、ちゃんと卵胞が育っているのか心配です。
訪れる人、それぞれが心配したり、不安だったりするその中で、通院をしています。そのため、できるだけストレスの少ない、リラックスした環境で患者さんたちを受け入れるよう、どこの病院も特別な配慮をしていることと思います。
ですから、1人1人に対して、温かい気持ち、思いやりが大切になってきますね。
事務的で、テキパキと仕事をこなすことは大事ですけど、やはり人と接する職業ですから、その辺りは気をつけて欲しいですね。
また、検体という言い方ですが、医学用語ですね。
患者さんからすれば、検体という言葉から何を連想されてしまうのでしょう。
実験される…というような気持ちになっていますかね?
容器などについても、受付など多くの人の目の集まる場所でなく、医師が診察室で、また看護師が処置室などでプライバシーの護られた空間で渡した方が、きっとスムーズですよね。検体とは、検査をする血液や尿などのことですが、プライバシーの守られた空間であれば「おしっこを入れて下さい」とか「精液を入れて持ってきて下さい」などとお話しすることができるでしょう。
通院されているクリニックには、ご意見箱のようなものはありませんか? あれば、そちらへ一度、ご意見として書かれてみてはいかがでしょう。
あなた1人が思って、感じていることではないかもしれませんし…。


*Answer 西村ウイメンズクリニック



西村 満 医師

i-wish ママになりたい 赤ちゃんに会うために

 i-wishママになりたい赤ちゃんに会うために

AD