結婚したばかりですが、テレビでいろいろと放映されていたこともあり、AMH検査をしてもらいに病院へ行きました。値は低く、もうほとんど猶予がなく、妊娠できるのかと心配しています。
この検査は、どこで行なっても同じなのでしょうか。私は、後、どれくらいで閉経してしまうのでしょうか。年単位なのか、月単位なのか、なんだか余命宣告されたような気分になり、落ち込んでいます。
また、検査を行なった病院の先生からは、不妊治療を専門に行なう病院へ行った方がいいと勧められていますが、不妊治療をした方がいいのでしょうか。

 

*38歳

 

 

 

AMH(抗ミュラー管ホルモン)は、卵巣にある卵胞から分泌されるホルモンで、その値から、卵巣内にある卵胞数が多いか? 少ないか? と予測をするための指標にしています。
数値が高いということは、卵巣内の卵胞数が多いだろうと予測できます。低ければ、その反対に卵巣内の卵胞数が少ないだろうと予測するわけです。加齢とともに卵胞数は減りAMH値も低くなります。それがこの検査の特徴になります。ですが、その数値から、どれくらいで閉経するのかを推し図ることは難しいです。閉経のサインは、月経周期の変化や、FSHというホルモン値の上昇などがあり、AMHからだけではなく、これら総合的に判断する必要があります。
不妊治療については、考え次第だと思います。検査の値については、毎月、順調に月経がきているのであれば、AMHの値が低くても、あまり気にすることはないという見方もありますし、やはり早めに不妊治療をした方がいいという見方もあります。
しかし、年齢から考えれば、あまりのんびりとはしていられませんね。夫婦でコンスタントに性生活を送りながら、不妊治療を始められてもいいと思います。また、積極的に治療をという希望があれば、それもいいでしょう。
大切なのは、ご夫婦がどう考えているのか? ということです。妊娠できるか? という心配については、AMHの値だけでなく、不妊因子の検査をする必要があります。
年齢とともに、卵子は老化し、妊娠、出産は難しくなってきます。卵子は数も大事ですが、何よりも質が大事になってきます。この卵子の質は年齢とともに低下してしまいます。それが卵子の老化なのです。
ですから、子どもが欲しいのであれば、積極的にトライして欲しいと思います。トライする方法は、夫婦それぞれの考え方ですので、医療の助けを借りるのであれば、早めに受診されることをお勧めします。


*Answer 福田ウイメンズクリニック



福田 勝 医師

i-wish ママになりたい 赤ちゃんに会うために

 i-wishママになりたい赤ちゃんに会うために

AD