「トマトが赤くなると、医者が青くなる」と言われるほど、トマトには栄養たっぷりで、リコピンやカロテンなど活性酸素を除去する成分もたっぷりです。生のトマトを使うと、とん汁の中のトマトに気がつかないかもしれません。
ホールトマト缶やトマトジュース(無塩)を使ってもいいですが、味噌汁というよりもトマトスープの色合いになりますので、気をつけて!
寒い日、体を温めて、活性酸素にさようなら!妊娠しやすいからだづくりにオススメの一品です。
 

トマト豚汁/funin.info

 

 

 

トマト ……………… (中)2個

 

じゃがいも ………… (中)2個
玉ねぎ ………………… 1/2個
にんじん ……………… 1/3本
豚バラ肉 ……………… 100 g
しょう…………………… 少量
だし汁 ………………… 適量
味噌 …………………… 適量
サラダ油………………… 少々
 
1材料を好みの大きさに切る。トマトは皮をむき、クシ切りにする
 
2トマト以外を炒め、鍋にだし汁を入れる。煮立ってきたら、トマトを入れて少し煮る。
 

3仕上げに味噌を入れ、ひと煮立ちさせる

 

pointo 具材はお好みでチョイスしてください。大根、ごぼう、蓮根、里芋、こんにゃくなどもいいですね。
 
pointo​ 豚バラ肉は、一度お湯で洗って余分な脂を落とすとヘルシーです。また、お肉の代わりに油揚げや厚揚げもいいですね。
 
pointo​ サラダ油をごま油にしてもいいですよ。
 
pointo​ 具材を油で炒めずに、トマト以外の具材を水から煮てもよし!その時、ダシが野菜やお肉から出るので、ダシを足さずに味噌だけでもOK!
 
花このレシピは、矢内原ウィメンズクリニックから紹介していただきました!
 
矢内原ウィメンズクリニック
 
AD