抗精子抗体の検査は?

テーマ:
結婚したばかりですが、年齢的に難しいと思い、不妊治療を早くから始めました。不妊検査は一通りしましたが、特に問題はありませんでした。ただ、タイミング療法と合わせて行なったヒューナーテストの結果はゼロでした。2周期行ないましたが、結果は同じだったので、抗精子抗体の検査をした方がいいのではないか? と思いますが、主治医は特に必要ないと言います。次周期は、人工授精をする予定になっていますが、抗精子抗体の検査の結果によっては体外受精の方がいいのではないでしょうか。無駄な時間を過ごすことはできません。1日も早く妊娠したいのです。

*39歳 Hさん


草原/funin.info

ヒューナーテストの結果がゼロだったから、子宮腔に直接、精子を注入して妊娠を目指す人工授精を選択するというのは、1つの方法だと思います。それは、人工授精での妊娠の可能性があると思われるからです。
ただ、あなたが言うように抗精子抗体が陽性で、抗体価が高いようであれば、体外受精(顕微授精)を選択した方がいいと思います。
そのためにも、できれば抗精子抗体の検査をしてもらいましょう。
抗体がなければ1つ安心ですし、抗体があれば治療方針が決まってきます。検査をすることに問題はないでしょう。
抗体価によっては、人工授精でも…という意見や、抗体価の変動が激しいから、抗体価の低いときに人工授精をという意見もありますが、長年の診療の経験上、基本的に抗体価が高い人は高い傾向が続くと思われます。
また、人工授精は、抗原を子宮に大量に入れることになり、抗精子抗体を増加させることもありますので抗精子抗体検査の結果が陰性であっても、回数に制限を設けて、体外受精や顕微授精に治療を切り替えて行くことを視野に入れておくといいでしょう。

「39歳という年齢から考えても、あまり余裕はない。無駄な時間を過ごしたくない」というあなたの気持ちは十分に分かります。
その気持ちは私たち医師にとっても同じです。
ただ、治療の進め方については医師にもいろいろな考えがあり、それぞれの診療経験もあります。
何度やってもヒューナーテストの結果がゼロであれば、抗精子抗体については誰もが疑うところでしょう。
その検査の重要性については、人工授精を何度か行なって妊娠しなければ体外受精に治療を切り替えて行けばいいと考える医師もいれば、早めに検査をして、その結果から治療方法を決めた方がいいと考える医師もいます。
私は、その後者にあたりますが、検査を受ける、受けないを最終的に決めることができるのは、あなただと思います。
主治医が必要ないと言っても、あなたがそれに納得できなければ、「やはりお願いしたい」と伝えてみてはいかがでしょうか。
それが新たな道につながるかもしれません。

*Answer ベアータ・クリニック



吉村 愼一医師

i-wish ママになりたい 赤ちゃんに会うために

 i-wishママになりたい赤ちゃんに会うために
AD