フェマーラ周期で治療をしたい

テーマ:
転院/funin.info
主人の転勤が決まり、不妊治療病院の転院先を探しています。 多嚢胞性卵巣症候群で、自力では排卵が起こらず、薬が必要です。
これまで、いろいろな排卵誘発剤を試しましたが、どの薬も上手くいかず、フェマーラでやっと排卵できるようになりました。
やっと波に乗ったかな? というところで主人の転勤が決まり、転院先を探さなくてはならなくなりました。
そこで、ファマーラ周期で治療をしてくれる病院を希望しています。どうやって探せば良いでしょうか。

*28歳 Jさん


生殖医療(不妊治療)を専門としている病院やクリニックではフェマーラは一般的に使用されていますので、受診の際にその旨をお伝え下さい。
また、転勤先で不妊治療を専門に行なう施設(体外受精、それに伴う培養環境、凍結保存機器が揃っている生殖補助医療実施施設)をお探し頂く方法としましては「日本産科婦人科学会」のホームページの「一般のみなさま」→登録施設ART一覧に全国の登録一覧表がありますのでそこからお探しいただくのが有用です。
フェマーラという薬は、本来、乳がん治療のための効果が認められているものです。
エストロゲンの産生を阻止する作用があることから生殖医学では排卵誘発剤として使用されます。
排卵誘発剤にも、さまざまな製薬会社から、いろいろな薬が発売されていて、多くの種類があります。全ての薬剤を、どこの病院でも使っているわけではなく、医師の考えなどによって、扱う薬剤に違いがあります。
多くの病院のサイトがあり、治療方法などの情報を掲載していますが、使用している薬剤名までを出しているところは少ないかと思います。ですから、ご希望する病院にお尋ねになるしかないかもしれません。
最近では、メール相談を受け付けている病院もありますので、候補となるところへ直接メールで聞いてみるのも、1つの手段です。
一般的な治療では原始卵胞からの発育をコントロールしているわけではなく、発育後半のホルモン依存の卵胞をコントロールしています。
成熟した卵胞こそ良い卵子が育っています。フェマーラだけにこだわり過ぎずにさまざまな治療を検討していきましょう。
また、これまでの治療については、紹介状を書いてもらっておくといいでしょう。
紹介状には、これまでの検査結果や治療方法などの治療歴が書かれています。
その内容から、治療計画が立てられ、治療が進められていくでしょう。

*Answer はらメディカルクリニック



原 利夫医師

i-wish ママになりたい 赤ちゃんに会うために


AD