• 14 May
    • 人工授精で妊娠*子どもが授かった! それは奇跡 その2

       夫という名の薬 そんな私も、今の主人と出会い、32歳で結婚しました。その時の母の言葉は「よかったね。いいお薬が見つかって!」でした。ビックリもしましたが、大笑いです。結婚しなくちゃ、生理痛の治療もまともにできないと言われていたので、いろいろな意味で結婚したのは好機でした。きっと、母も安心して「いいお薬」といったのでしょう。そして、すぐに婦人科へ行き「毎月、生理痛がひどくて、大変なので、痛みを止めて下さい!」と伝え、「これで痛みから解放される! 」と嬉しさいっぱいだったのですが、先生の答えは意外なものでした。「赤ちゃんは、いらないの?」え? 赤ちゃん? …赤ちゃん?生理痛を止めてもらうことしか考えていなかった私には、驚きの発言です。そして「あぁ、結婚するって、そういうことか。生理痛を止めるって、そういうことか」と思いました。それから、すぐに基礎体温表をつけることにしました。何度かつけたことはありますが、2相性には、ほど遠いグラフでした。まるで、めちゃめちゃの体温に「こんなのつけても無駄!」と思っていたほどでした。それでも、ホルモンのバランスがよくないことは重々承知していたので、しっかりと付けることにしました。結婚して、しばらくは2人でいいじゃん!と思っていた夫は、セックスの度にコンドームをつけていました。私は、それがとても不満で「これは、嫌だ!」と結婚から数カ月後にやっとの思いで伝えました。それでも「赤ちゃんは、まだいい」と言う夫は、3箱もコンドームを買い足し、「これを使わないと!」と意地を張り、私は2箱を捨てました。その後、さらに数カ月、コンドームのお世話になり、やっと何もつけない(笑)セックスになったのは、結婚から半年以上も後の話です。 きっと!すぐにできる! セックスさえすれば、赤ちゃんはできるものだと思っていました。でも、思うようになりません。やっぱり、私は、妊娠しづらいんだと思い返し、再び婦人科へ。今度は「赤ちゃんは、どうすればできますか?」と先生に尋ねました。先生は、ちょっとビックリして、そして笑って「検査をしようね」と。血液検査や卵管の通水検査などをしましたが、特に問題は見つかりませんでした。その周期から、タイミング療法が始まりました。  人工授精で妊娠*子どもが授かった! それは奇跡 その1 東京在住 35歳 女性 (仮名/ともちゃん)

      13
      テーマ:

プロフィール

ママになりたい

自己紹介:
わたしたちは、ママになりたい!パパになりたい!と願う方、ご夫婦のために妊娠しやすいからだづくりから、...

続きを見る >

読者になる

AD
ママなり人気記事

赤ちゃん待ちランキング

*ーー*ーー*ーー*ーー*ーー*ーー*

月別

一覧を見る

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。