• 03 Mar
    • 基礎体温が低いまま人工授精?

      基礎体温が低いまま、排卵検査薬もマイナスで、人工授精をしました。意味があるのでしょうか? 先日、初めて人工授精をしました。人工授精をしている理由は、主人に膣内射精障害があるからで、私は黄体機能不全だと言われています。治療は、月経5日目から排卵誘発剤を服用、月経14日目に排卵を促す注射をしてから人工授精をしました。でも、当日の朝の基礎体温は低温相のままで、排卵日検査薬もマイナスのままでした。そんな状態で人工授精をする意味はあるのでしょうか。卵胞は、排卵するくらいまでに成長していたとエコー検査で確認できていますが、ちょっと心配です。教えて下さい。 *33歳 卵胞が育っていて、注射もうったのであれば心配は要らないと思います。いい結果になるよう祈ってます。  人工授精の妊娠率は、一般的に5~10%と言われています。平均すると7%前後で、人工授精で妊娠された方の多くは3周期以内という統計データがあります。膣内射精障害で、他に不妊原因が見当たらないわけですから、人工授精が適応で有効的だと思います。また、排卵誘発剤で卵胞の成長を補い、卵胞の成熟、促進のために注射をうってからの人工授精ですから、方法としては特に問題はないと思います。基礎体温については、月経周期を知る、排卵を境にしたホルモン活動の変化を知るための資料にはなりますが、治療方針に関する決定材料にはなりません。基礎体温は、それだけ不確実なのものなのです。そのため血液検査やエコー検査などから判断して排卵日を予測して人工授精を行ないます。あなたの場合、黄体機能不全があると言われているようなので、排卵日検査薬での特定は難しいかもしれません。排卵日検査薬は、LHというホルモンを検知して排卵日を予測するものですが、黄体機能不全の場合には、このホルモン分泌が弱いので、尿検査ではわかりにくいことがあります。きちんと卵胞が育ち、成熟してから排卵が起これば、黄体ホルモンも分泌されるようになり、黄体機能不全が解消されることもあります。また、注射もしているようですから、その辺の心配は要らないと思います。排卵日の予測は、必ずしもあたるというわけではありません。前後することもよくあります。しかし、元気のいい精子は卵管のなかで2~3日は生きていますので、その間に卵子と出会うことができれば受精する可能性がでてきます。統計データでは3周期以内の妊娠成立が多くあるといいましたが、それを鑑みて5~6回行なっても妊娠が成立しないようであれば、治療を体外受精に切り替えて行くことも必要になってくるかもしれません。 *Answer 神奈川レディースクリニック小林 淳一 医師i-wish ママになりたい 赤ちゃんに会うために

      2
      テーマ:

プロフィール

ママになりたい

自己紹介:
わたしたちは、ママになりたい!パパになりたい!と願う方、ご夫婦のために妊娠しやすいからだづくりから、...

続きを見る >

読者になる

AD
ママなり人気記事

赤ちゃん待ちランキング

*ーー*ーー*ーー*ーー*ーー*ーー*

月別

一覧を見る

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。