ママになりたいすべての人へ

ママになりたい!パパになりたい!
そう願うすべての人のために
by 不妊治療情報センターfunin.info

funin.info


私たちは、1990年から産婦人科を窓口に配布される妊娠・出産育児情報誌を手がけてまいりました。
妊娠・出産、そして育児には大切なことがたくさんあり、多くの幸せが生まれます。 ところが、子供を産みたくても産めないと悩む女性たちもいました。
私たちが不妊の情報を扱い始めた2000年当初は、それらの情報がネガティブに考えられ、また大変情報が乏しい状態でした。
私たちは、「子どもを授かる」「子育てにつなげる」ための不妊、不妊治療の情報の大切さを痛感し、不妊治療施設や専門的な治療を行う医師と子どもが欲しいと願うご夫婦の架け橋となるよう、2003年に不妊治療情報センター・funin.infoを立ち上げ、それと同時に、刊行本として『i-wishママになりたい』を定期発行し、これまでに40冊以上お届けしております。
また刊行本は、少しでも多くの方に知っていただけるよう、書店での販売のほかに全国約3000以上の産婦人科施設や行政窓口に啓発配布して普及に努め、 WEBでは全国の不妊治療を行う施設の紹介と共に、メールマガジンの発行(現在は終了しております。)や、子どもを欲しいと願い悩む方々からの相談コーナーを設置して、一人でも多くの方のお力になれるよう努めております。
その他、熱意のある医師と共に大切な情報を書籍化したり、イベント企画をしたりなど、幅広い活動に取り組んでおります。


1 不妊治療情報センターFUNIN.INFO
2 i-wish ママになりたい
3 全国体外受精実施施設ガイド Quality ART
4 妊娠出産育児情報&産院ガイドBeMam.COM
NEW !
テーマ:

 

 

体外受精は、一般的に3〜4回で妊娠成立するのが目安、その辺りが限界ではないか? とも言われています。
では、その目安は妥当なのか、何回繰り返せば妊娠し、出産に至るのか累積出産率を英国のブリストル大学などの研究チームが調査、報告しています。
2003年〜2010年の間に体外受精治療周期を受けた約25件以上に対し、2012年6月まで追跡調査した15万6947人の女性の出産率を調べました。治療開始時の年齢の中央値は35歳、不妊期間の中央値は4年でした。
その結果、最初の治療周期での生児出生率が29・5%。4回目まで20%ほど。
ただ、それ以降も上がり、調整6回目までで65・3%。その後、9回目まで増加したと報告しています。
ただし、年齢が上がると厳しくなっています。
40~42歳の女性の場合は初回の出生率が12・3%、6治療周期までで31・5%。
42歳以上では、何回目でも4%未満でした。
しかし、提供卵子での体外受精治療の場合には、年齢による出生率の差は見られなかったとも報告しています。

 

年齢的な条件を省いても体外受精の妊娠率は25〜30%程度。
目安の回数は3〜4回?


英国での調査、報告からすると、3〜4回を目安にという体外受精でも、それ以上行っても累積妊娠率、出生率が頭打ちにならないだろうことがわかります。
もう限界かな? と思っても、もう少し頑張ってみてもいいかもしれない…と考え、挑戦してみてもいいのかもしれません。
今後の治療をどうするか? を考える時の参考資料にはなりそうです。
ただ、この調査、報告の中央値が35歳ですので、比較的結果の出やすい年齢層であることがうかがえます。
日本国内では、最近、各治療施設での患者平均年齢は上がってきていますし、この調査、報告でも40歳以上の結果は厳しく出ています。
それでも、治療周期6回目で30%程度の累積出産率があるわけですから、決して低いとは言えません。

 

 

参照文献 /

Live-Birth Rate Associated With Repeat In Vitro Fertilization Treatment Cycles.
JAMA. 2015;314(24):2654-2662. doi:10.1001/jama.2015.17296.

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

テーマ:

 

抗精子抗体には、女性が男性の精子に対して持つケースと、男性自身が自分の精子に対して持つケースとがあります。

 

 

赤ちゃんを授かるためには、精子は必要。

でも、自分のからだがそれを異物と捉えてしまう。

それが、男性自身が持つ「抗精子抗体」です。

 

自分(男性)のからだが自分の精子を異物として捉えてしまうケースは、決して多いわけではありません。
抗体は、精子が精巣から精巣上体を通っていく時に付着するのだろうと言われていますが、なぜ抗体を持ってしまうのか、その要因が何かというハッキリとしたデータがないのが現状です。
しかし、自分が抗精子抗体を持っていても、きちんとした検査を受けていなければ、必要でない治療を受けてしまうことにもつながります。
また、検査をしてもすべてのケースで不妊になるわけではありません。
さまざまなケースがあり、精子のすべてに抗体がある場合やその一部に抗体のある場合、また抗体のつき方もさまざまで精子全体についている場合もあれば、精子の尾部だけに、または頭部だけについている場合もあります。
この抗体の有無を調べるためは特殊なビーズ「イムノビーズ」を使います。

 

この特殊なビーズが、精子にどのように付着するのか、どのくらいの精子に付着するのかを検査するのがイムノビーズ検査です。

付着がなければ陰性で抗体を持っていませんが、付着するようであれば抗体を持ち陽性となります。

運動精子に抗精子抗体が存在する場合、イムノビーズは精子に結合します。

運動精子の頭部や尾部にビーズが多数結合し、ブドウの房のように見えることもあります。
例えばそれが80%以上だったら高頻度で受精障害が起こることがわかっていますから、顕微授精が必要になります。

しかし、80%未満でヒューナーテストに問題がなければ自然妊娠やタイミング療法での妊娠が可能なケースもありますし、ヒューナーテストで問題があっても抗体を持つ精子が20%程度だったら人工授精でも妊娠が可能なケースもあります。

陰性の場合は、運動精子はビーズに関係なく自由に泳ぎます。

また、実際に妊娠させたことのある男性の中にも自分の精子に対して抗体を持っているケースもあるだろうということも考えられます。


イムノビーズ検査は、 結果によって治療の方向性が大きく変わります。

いくら精液検査の結果がよくても、抗体価が高ければタイミング療法や人工授精では難しいケースもでてくるのです。


女性が妊娠し、出産する時間は限られています。

その時間を無駄にせず、早く妊娠、出産へ結びつけるためには必要な検査の1つともいえるでしょう。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

結婚の幸福度指数「QOM」って知っていますか?

「QOM」とは、結婚の質「Quality of Marriage」を略したもので、「結婚すれば一律に幸福である」というひとつの社会通念に疑問を呈し、結婚生活にも幸福度の差、つまり結婚に質の違いがあることを客観的に捉えるために開発された指数なのだそうです。


この診断には、全部で80の設問があり「自己PR力」「観察力」「仲良し力」「ケンカ力」「過去未来力」「境界力」という6つの要素で構成されています。

パートナーのことをどれくらい知っているか、どのくらい共通点があるか、ケンカはするか、どのようなケンカをするのか、さまざまな設問があります。

 

おヒマな時間に、ちょっとやってみましょう。

 

パッと答えられる問題が次から次へと出てきますので、最初は80問?!多いな!と思いますが、意外と短時間で終了します。
また、QOM体験者10万人の結果から見える各地からの分析結果もサイト内で発表され、その平均は613点でした。

全国で比較した場合の QOM指数600以下の県は 日本海側に多い傾向があり、610以上の高QOMエリアは 九州沖縄エリアと首都圏エリアに集中していたと発表しています。

 


平均点の高い県1位は宮崎県、2位東京都、3位鹿児島県と続きます。

平均点の低い1位は鳥取県、2位三重県、3位秋田県でした。
ちなみに、総務省「人口動態統計」によると2014年度で離婚率が高いのは1位沖縄県、2位北海道、3位大阪府、宮崎県。

離婚率が低いのは1位新潟県、2位秋田県、3位山形県でした。
宮崎県は、幸福度も高いけど、離婚率も高いという結果に、気性を感じるものがありますね。
 

QOM診断サイト

 

さて、私の結果は、1000点満点中500点でした。

可もなく不可もない。まさに、ど真ん中。なんの面白みもない結果でした(笑)

 

ただ、診断を終えて、あらためて考えてみると、あまり夫のことをわかっていないのかな〜と思いました。

「あれ〜、知らないなー」ということと、「我が家は、お財布が真っ二つ」だということが、よくわかりました。

結果は、ど真ん中の500点でしたが、私は結構幸せです。

夫が、どう考えているかは知りませんけど…。

みなさんも、一度、やってみませんか?

 

結婚の幸福度指数 http://www.qom.jp より

AD
いいね!した人  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。