ママになりたいすべての人へ

ママになりたい!パパになりたい!
そう願うすべての人のために
by 不妊治療情報センターfunin.info

funin.info


みなさんがどのような情報を必要としているのか教えていただいて、ブログや「i-wish ママになりたい」シリーズでご提供していこうと考えております。


ぜひ、アンケートへのご協力をお願いいたします。


下記のリンクからアンケートが開きます。


また、コメントをいただければ、それに沿った内容の情報を随時、ママなりの特集、またはブログに上げていきたいと思います。


ぜひ、ご協力ください。よろしくお願いします。




ママなりアンケート



私たちは、1990年から産婦人科を窓口に配布される妊娠・出産育児情報誌を手がけてまいりました。
妊娠・出産、そして育児には大切なことがたくさんあり、多くの幸せが生まれます。 ところが、子供を産みたくても産めないと悩む女性たちもいました。
私たちが不妊の情報を扱い始めた2000年当初は、それらの情報がネガティブに考えられ、また大変情報が乏しい状態でした。
私たちは、「子どもを授かる」「子育てにつなげる」ための不妊、不妊治療の情報の大切さを痛感し、不妊治療施設や専門的な治療を行う医師と子どもが欲しいと願うご夫婦の架け橋となるよう、2003年に不妊治療情報センター・funin.infoを立ち上げ、それと同時に、刊行本として『i-wishママになりたい』を定期発行し、これまでに40冊以上お届けしております。
また刊行本は、少しでも多くの方に知っていただけるよう、書店での販売のほかに全国約3000以上の産婦人科施設や行政窓口に啓発配布して普及に努め、 WEBでは全国の不妊治療を行う施設の紹介と共に、メールマガジンの発行(現在は終了しております。)や、子どもを欲しいと願い悩む方々からの相談コーナーを設置して、一人でも多くの方のお力になれるよう努めております。
その他、熱意のある医師と共に大切な情報を書籍化したり、イベント企画をしたりなど、幅広い活動に取り組んでおります。


1 不妊治療情報センターFUNIN.INFO
2 i-wish ママになりたい
3 全国体外受精実施施設ガイド Quality ART
4 妊娠出産育児情報&産院ガイドBeMam.COM
NEW !
テーマ:

 

i-wish ママになりたい の新刊「体外受精と顕微授精」が出来上がってきました。

今回は、ラベンダーが表紙です。

 

ラベンダーの花言葉は、「あなたを待ってます」。
みなさん、待ってますよね。かわいい赤ちゃん!
2輪のラベンダーが寄り添うように仲良くしているのが、まるで夫婦のようですハート

 

ママなりアンケートにも、体外受精や顕微授精について知りたいというポイントが多くあったので、ぜひ、参考に読んでいただければと思っています。

 

ドクターインタビューは はなおかIVFクリニック品川 と みなとみらい夢クリニック と 六本木レディースクリニック です。

それぞれに受精方法として通常の体外受精と顕微授精をどう選択したらいいのか、また受精方法の違いで胚の成長や妊娠率に差があるのかなどをお聞きしています。

とても参考になるお話です。

 

特集は、1部と2部があります。

1部では、体外受精を選択するとき、治療周期をスタートさせるときのこと、受精方法の違いなど概論的なお話です。

2部では、実際の体外受精のスケジュールに沿って、どう展開していくのか、また治療を進める際のポイントなどのお話です。

 

その他では、オーク住吉産婦人科から卵子凍結に関するお話もあります。

発売は7月上旬。全国書店、または i-wishショップ からお求めいただけます。

また、全国の産婦人科、不妊治療専門施設にも送付をしていますので、待合室などでぜひお手にとってみてください。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

私は最初の就職に失敗してから心療内科にかかり、薬も数年飲んでいます。夫は勃起不全でバイアグラも飲みましたが、ダメでした。
でも射精はでき、精液検査も問題なしです。
この2年で人工授精を7回しましたが、ダメでした。
体外受精にステップアップし、初めての採卵は空胞。
時間もお金もかけ、痛い思いもしたのに悔しくてたまりません。
AMHが1.25で、これは子宮や卵巣の機能が落ちているということでしょうか。
子宮や卵子のために、何かできることはあるでしょうか。
ネットや本には情報が溢れていて疲れてしまいました。
うつ病の薬を飲みながら不妊治療をしている人っているのでしょうか。
心療内科の薬はよく分からないと言われ、心療内科では妊娠については詳しく聞けず、何から手をつけていいのか分からなくなってしまいました。
ちなみに前回はやっとできた胚盤胞5BBを移植しましたが、着床の形跡はあったらしいけれど育たなかったと言われました。
これはどうすることもできないのでしょうか。

 


心療内科で治療もしながら、人工授精、体外受精と治療してきたこと、大変だったでしょう。
初めての体外受精も、とても残念でしたね。辛かったことでしょう。
卵胞内には、必ず卵子が入っているわけではないので、そのようなことが起こる可能性はあります。確かに時間もお金もかかっているのに辛いですね。
AMH値も心配ですね。
同年代の人と比べると残りの卵子の数は少ないということになります。
ですが、良質な卵子がないということではありません。
実際胚盤胞になって、評価も5BBといいものです。
いい卵子が発育して来た時に採卵し、それが受精でき、胚が成長できれば大丈夫でしょう。
AMHは前胞状卵胞から分泌されるホルモンで、その値が発育する卵胞数・採卵数の目安になります。
あなたの場合、採卵できる卵子の数が少なめになるだろうという目安になります。
子宮の状態ではなく、卵巣予備能の指標になるものです。
あなたの場合、AMH値が低くても胚盤胞に到達できる受精卵はできていますし、着床の形跡があったということは妊娠反応が出たということですから、あとは生命力の強い受精卵ができるのを待つということになります。
体外受精での妊娠率は1回あたり約30%とあまり高くはありませんが、反応が出たということは、妊娠する力があって、今後もよい結果に繋がる可能性があるということなので、少しずつでいいですから治療を進めていってくださいね。
不妊治療している人の中には様々な病気を抱えている方もいますが、それぞれの主治医の許可があれば不妊治療は可能です。
妊娠が成立したときには、産科と心療内科と連携したサポートを受けられるように確認、準備されたほうがいいかもしれませんね。
お住まいの近所に産科はありますか?
またご実家へ帰っての里帰り出産をご希望の場合には実家の近所の産科を調べておく必要もあるでしょう。
不妊治療は毎月でなくて大丈夫ですから、疲れた時には少し立ち止まり休むことも必要です。
心と体は1つなのですから。

 

 

*Adviser:はなおかIVFクリニック品川

はなおかIVFクリニック品川 花岡 正智 医師

花岡 正智 医師

 


i-wish ママになりたい 不妊治療のギモン 相談とアドバイス

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

 

昨年秋に小さい子宮筋腫が3個ほど見つかりました。今は経過観察中です。

子宮頚がん、子宮体がん共に今年検査し、異常ありませんでした。
今年の7月くらいにプロラクチンの検査をしたら、数値が高かったため薬を飲んでいます。
また、10年以上前から不正出血や茶色いおりものが毎月のようにあります。

生理から2週間も経たないうちに出血が少しと、茶色いおりものが3、4日あります。
こんな状態ですが妊娠できるでしょうか?

 


子宮筋腫があり、現在は経過観察をされているのですね。
プロラクチン検査の数値が高かったようですが、排卵が問題なく起きているのであれば、薬はどうしても必要というわけでもないと思います。
プロラクチン値が高くて問題になるのは、排卵障害がある場合になります。

高プロラクチン血症は、授乳期間中でもないのに血中のプロラクチン濃度が高値を示す場合をいいます。乳首をつまむと母乳が出ることで自覚する方もいます。

この原因として脳下垂体に腫瘍があったり、甲状腺機能が低下していたり、ピルや降圧剤などを長期に服用することで引き起こされることもあります。
何が原因かを突き止めて、それに関する根本的な治療が必要になることもありますので、一度、詳しい検査をしてみてはいかがでしょうか。

ただ、薬の服用については、医師と相談されてみて指示通りにした方がいいですね。
また、不正出血については、月経から2週間も経たないころに出血があるようですが、基礎体温表はつけていますか?

出血が排卵後なのか排卵前なのかわかるといいのですが、排卵あたりの出血であれば、排卵期のものですので特に問題はないでしょう。
妊娠ができるかどうかは、いろいろな検査をして総合的に判断をする必要がありますので、医師に直接相談されてみたらいかがでしょうか。

その際には、不妊専門クリニックで検査された方がいいと思いますが、現在通院されているところから転院が必要になるかもしれませんね。
転院される場合には、医師に紹介状を書いていただくと治療経過がわかってスムーズですが、言い難いようなら自分で経過をメモし、服薬している薬を持参するか、お薬手帳などを持って行かれれば紹介状がなくても大丈夫です。

クリニック選びは、いくつか候補を見つけて説明会や勉強会が開催されているようなら、ぜひ、ご夫婦で参加されてみるといいでしょう。
クリニックの様子、先生の診療方針もわかり、自分との相性の良し悪しもわかるかと思います。

 

 

*Adviser:はなおかIVFクリニック品川

はなおかIVFクリニック品川 花岡 嘉奈子 医師

花岡 嘉奈子 医師

 


i-wish ママになりたい 不妊治療のギモン 相談とアドバイス

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。