ママになりたいすべての人へ

ママになりたい!パパになりたい!
そう願うすべての人のために
by 不妊治療情報センターfunin.info

funin.info


私たちは、1990年から産婦人科を窓口に配布される妊娠・出産育児情報誌を手がけてまいりました。
妊娠・出産、そして育児には大切なことがたくさんあり、多くの幸せが生まれます。 ところが、子供を産みたくても産めないと悩む女性たちもいました。
私たちが不妊の情報を扱い始めた2000年当初は、それらの情報がネガティブに考えられ、また大変情報が乏しい状態でした。
私たちは、「子どもを授かる」「子育てにつなげる」ための不妊、不妊治療の情報の大切さを痛感し、不妊治療施設や専門的な治療を行う医師と子どもが欲しいと願うご夫婦の架け橋となるよう、2003年に不妊治療情報センター・funin.infoを立ち上げ、それと同時に、刊行本として『i-wishママになりたい』を定期発行し、これまでに40冊以上お届けしております。
また刊行本は、少しでも多くの方に知っていただけるよう、書店での販売のほかに全国約3000以上の産婦人科施設や行政窓口に啓発配布して普及に努め、 WEBでは全国の不妊治療を行う施設の紹介と共に、メールマガジンの発行(現在は終了しております。)や、子どもを欲しいと願い悩む方々からの相談コーナーを設置して、一人でも多くの方のお力になれるよう努めております。
その他、熱意のある医師と共に大切な情報を書籍化したり、イベント企画をしたりなど、幅広い活動に取り組んでおります。


1 不妊治療情報センターFUNIN.INFO
2 i-wish ママになりたい
3 全国体外受精実施施設ガイド Quality ART
4 妊娠出産育児情報&産院ガイドBeMam.COM

テーマ:



そんな疑問や不安を抱えていらっしゃる方もいることでしょう。
そこで、funin.infoのサイトに気軽にチェックできるコーナーを設けました。
質問の答えをチェックして、診断ボタンを押せば結果がでます。

これから不妊治療をはじめようかな? と思っている女性のあなた!!

はじめてさん 女性編に飛んでみてください。




これから不妊治療をはじめようかな? と思っている男性のあなた!!

はじめてさん 男性編に飛んでみてください。



そして、すでに治療をはじめているあなた!!(男女問いませんっ!)

治療中の方 夫婦編に飛んでみてください。



たとえば、はじめてさんの場合の結果は、

▶自力レベル/もう少し2人でがんばってみてもいいかも ?!

▶注意レベル/ママになるためには心配なことが ?!

▶警戒レベル/あなたがママになるためには不妊治療が必要 ?!

それぞれにアドバイスもありますので、合わせて読んでみてください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

ただいま次号の制作に熱気ムンムン!炎炎炎のママなり編集部です。

次号のテーマは「卵と胚と着床」

これは、とても重要なテーマです!

でも、この重要なこと、男性はどこまで知っているでしょう。

どこまで理解しているでしょう。

そう、あなたのご主人ハートは、いかがでしょうか。

 

はなおかIVFクリニック品川が行っている体外受精説明会には、毎回、多くの方が参加されていますが、ご夫婦でこられるケースも多いようです。

最近では、ご夫婦で参加されるというケースが、どこのクリニックでも増えているようですが、ちょっと心配なのは

 

もしかして、ご主人。

…連れられてきてる?

 

ということ。

女性は、妊娠も出産も、自分の身に起こります。
ですから、とても興味深いですし、いろいろな情報を仕入れることにも余念がありません。

でも、男性は? というと、どこか他人事口笛です。

ただ、それは仕方がない部分もあります。
オス♂としての本能は、メス♀の本能である「より強い種を身ごもって、守って育てる」こととは違い、「自分の種をより多く残すか」にあります。
これは本能の部分なので、誰にもどうしようもない部分と言えるかもしれません。

ですが、人間には知識があり、知恵があり、理性があります。

そして、何より愛ハートです!愛!ハートハートハート

 

花岡正智先生は

 

「とくにご夫婦が不妊治療を必要とした場合、男性の無知が妊娠を遅らせてしまうこともあります。

大切な女性を泣かせないためにも、男性が妊娠や出産に関する知識を持つことは大事なことなのです」

 

と言います。

そのお話をたっぷりと聞いてきました。

また、胚のグレードに関すること、胚のグレードと妊娠率のことなども聞いて、しっかりと記事にまとめていますので、ぜひ、次号の「i-wish ママになりたい 卵と胚と着床」と読んでください。

 

発売は、10月上旬〜中旬を予定しています。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

不妊治療情報センター・funin.infoでは、年に1回、大規模な体外受精に関する調査をし「全国体外受精実施施設完全ガイドブック」にまとめ、発行配布をし、サイト「Quality-ART」でご案内しています。

この調査で、体外受精を受ける夫婦の原因としてもっとも多かったのが「女性側の原因」、次に「一般不妊治療で結果が出ない」、そして「男性側の原因」でした。

 

女性側の原因で一番多いのは、「年齢に関すること」です。
これは、男女の結婚年齢が上がったことで出産年齢も上がってきたことが関係していると思われます。
次に多いのが「卵管に関すること」で、これは性感染症であるクラミジア感染症が増加していることも1つの要因のようです。
次に「排卵に関すること」で、年齢が高くなるとともに起きる卵巣機能低下や、無理なダイエットによる月経不順、ストレスなどが要因となっています。
また、もともと月経不順や排卵障害を持っていた方も含まれていると考えられます。

 

男性側の原因としては、半数以上が「造精機能に関すること」です。
これは、精子をつくる機能に問題があるケースですが、原因がわからないことも多く、原因のわかるものとしては「精索静脈瘤」があげられます。
次に多いのが「精路通過に関すること」で、これは精子の通り道になんらかの障害、問題があるケースですが、先天的なもの、また鼡径ヘルニア手術による後遺症やクラミジア感染症などが要因となります。
次にあげられるのが「性交障害に関すること」で、性交ができない、また腟内で射精ができない、勃起しない、勃起が続かないなどがあります。
原因として、ストレス性のもの、また機能的なもの、糖尿病などの病気が関係しているもの、それらが複雑に絡み合っているものがあります。

 

体外受精を受ける夫婦の原因は、さまざまあります。
ここにあげられる原因が1つだけでなく、2つ、3つと重なっていることも少なくありません。女性の年齢が体外受精を受ける原因になっているケースはだんだんと増加してきています。

 

星より詳しい情報は、i-wish ママになりたい 体外受精と顕微授精2016 を是非、お読みください。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。