こんにちは。

はたらくママも参加できる休日コミュニティ♪ママ休の渚です。

 

6/19「森と子育てのつどい」プレオープン前特別企画!!天野秀昭氏講演会!!「森へあそびにおいでよ~今、なんで遊びの場が必要なの?~」&シェア会を開催しました

 

NPO法人北本雑木林の会の方々に当日の会場設営をご協力いただき、大人49名、子ども31名の合計80名のご参加となりました。また、活動資金の募金のご協力もいただき、ありがとうございました。

 

前日は猛暑太陽
この日も暑い日になるのかと心配していましたが、午前中は程よい曇り空の中で、雑木林を通り抜ける風を感じながら天野さんの講演を聞くことができましたニコニコ

 

今回は撮影した写真を見て、雑木林の雰囲気をたくさん感じて欲しいです。

 

みんなで作った横断幕の前で話す天野さん。


雑木林での講演会と子どもたちが自由に遊ぶ姿が、マッチしていました。

 

雑木林にあるものが、子どもたちの遊び道具に早変わり。


雑木林の奥まで行って虫探しをする子どもたちのグループや、雑木林の会さん手作りの木のブランコを順番待ちして乗る子。

本を読んだり、絵を描いたり、「○○○をしよう」と大人が言わなくても、自分の好きな遊びを見つけて夢中になっています。

さといくの佐々木さん (写真左奥) やさといくメンバーもかけつけてくれました爆 笑


よく見ると、ボードの後ろでつるをターザンロープのようにして遊ぶ子どもたちの姿が。天野さんの講演中はどんどん子どもたちが増えて、ゆら~りゆら~りと遊んでいました。

 

天野さんのお話にあった「遊育」遊ぶ、育つを子ども時代にどれだけやってきたか。

今の子どもたちは遊学ができているか?
大人の監視が強くなっていないだろうか?
大人の思いで
子どもの自由を奪っていないだろうか?

 

自分の子ども時代を思い出しながら、いろんな遊びが浮かんできて、今の子どもたちの生活に思いを馳せました。


 
2時間と長時間でしたが、大人も子どもも雑木林の中で、気持ちよく過ごせました。

 

子育て世代だけではなく、シニア世代の方々も多く駆け付けてくださり嬉しかったです。
ありがとうございました。

そして午後からのシェア会。
ぽつりぽつりと雨が降ってきたので、会場をてづくりの森から徒歩5分のところにある東五地区自治会館に変更して行われました。
大人18名、子ども2名のご参加でした。

 

シェア会のナビゲーターを「たねの会」代表の佐藤さんにお願いして、皆さんと話し会いました。

 

自己紹介の時に「子どもの頃にどんな遊びをしたか」を話していただきましたが、一人ひとりのとても豊かな遊びに皆聞きいっていました。
雑木林の会のスタッフの方と森と子育てのつどいスタッフも同席して、今後のプレーパークについて不安な点やしたいことなどをあげて、お互い共有し、アイディアを出しあいました。

予定時間を大幅にオーバーするほど、話は続きました。
シェア会までご参加いただいた方、長時間ありがとうございました。

 

森と子育てのつどいプレオープンが近づいてきました。

いるだけで、気持ちがとってもなごむ場所です。
夏の1日、遊びに来てください。

 

森と子育てのつどいプレオープン

717() 10時~15

場所:北本市てづくりの森(南小通り大村庵横雑木林/北本市北本宿158)

※駐車場あり(蕎麦屋大村庵駐車場を利用可)

北本駅西口けんちゃんバス「福音診療所」下車徒歩1

http://maru-ken.co.jp/route-bus/route-21/(バス時刻表)

*プレオープン以降、3日曜日に、月1でスタート予定です。

*遊び場つくりのメンバーも募集中爆 笑

Facebookグループ「森と子育てのつどい」もあります。
公開グループですので、ご興味のある方はどなたでも参加できます。

AD