こんにちは。ままくるです。

 

 

去る3月26日に、無事上映会が終わりました。

「うまれる」「うまれる ずっと、いっしょ」とあわせて

延べ219人の方にご覧いただきました。

 

 

上映会の準備をして行く中で、

もっとも私たちの心に残ったことは、

 

「みんな、様々な思いを持ってこの映画を観に来られる」

 

ということでした。

 

様々な人生の形がある。
様々な人生の悩みがある。
それでも、生きていることは素晴らしい。

 

この映画が伝えたかったことを、

私たちは準備の段階から実感として感じることができました。

 

この上映会が見に来られた方の人生に

そっと寄り添う機会となったなら幸いです。

 

 

今回、上映会メンバーには皆子供がいました。

打ち合わせも子連れでしました。

 

上映会当日、子どもたちをどうするかということは

頭の痛いことでしたが、

 

この映画が「命のリレー」をテーマにしていることから、

 

子どもたちを邪魔もののように扱うのもどうだろうと思い、

 

「子どもスタッフ」として働いてもらいました。

 

お気づきになられたでしょうか。

 

ちゃんとした働きはできなかったかもしれません。

途中で飽きてしまった子もいました。

 

それでも、ママのお手伝いをするんだ!と

頑張ってくれました。

 

中には親と持ち場が離れた子もいましたが、

ちゃんと働いていたようです。

 

その子その子の得意なことやペースで成長しているのだなと

感慨深い一日となりました。

 

当日は天気が悪く、肌寒い中での上映会となりました。

ご来場いただいた方、

お申し込みいただいた方、

チラシを貼らせていただいた方、

前回ご協賛いただいた方、

誠にありがとうございました。

 

゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+

 

さて、上映会は終わりました。

 

私たちは「ままくる」と言いますが、

これは「ママがミラクルを起こす」ことから付けた名前です。

 

ママもミラクルを起こせるなら

 

「ぱぱくる」「ちびくる」「じじくる」「ばばくる」でもいいなぁと

 

そんな場面に立ち会えたらと願いながら

次のステップに進んで行こうと思います。

 

いるだけで素晴らしい。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

AD