フライパンでパン。

こんにちは!!






皆さん、大変な中、メッセージやコメントいつもありがとうございます!!皆さんの言う通り、昨日は、はる兄の卒園式で、思い切り泣きました~。担任の先生も泣いていました。さらにもらい泣きしました。






制服が小さくなったはる兄、大きな声で「ありがとうございます!」と卒園証書をもらう姿を見て、大きくなったな~と思った。






はる兄、お友達といっぱい写真を撮って、嬉しそう。さわやかな卒園式でした。







さて、「お米が手に入らないので、小麦粉でできる料理を教えてほしい」とメールをいただきました。







そこで、発酵なしで、混ぜるだけの、いつまでもふわふわ~フライパンでパンを作りました!!







まず、ボウルに材料を入れ、最後に水を加えます。

藤原家の毎日家ごはん。

ボウルに強力粉(300g)・ベーキングパウダー(大さじ1、10g)・砂糖(大さじ1.5強、15g)・塩(3本指で4つまみ、3g)を入れて、最後に水(180㏄)を全部入れて手でかき混ぜ、手から離れるまで1分ほど軽く混ぜる。手にくっついた生地は、強力粉を少しつけるとはなれます。





次に、生地を一まとめにして、ラップにくるんで常温で10分置く。

藤原家の毎日家ごはん。

ラップで生地を包んで、10分置く。少し置くと扱いやすい生地になります。イースト菌の代わりにベーキングパウダーを使うので、発酵なしで生地がふわふわになります。






次に、生地を6等分に切って、大人の手のひらのサイズに伸ばし、具を入れて包む。

藤原家の毎日家ごはん。

はる兄「はるがやるよ~」って包んでた。れんちび「れんも~」って。れんちびさんは、お願いですから見ててください。具は、刻んだベーコンとチーズにした。チーズだけでも、ハムでも、何も入れなくても美味しいと思います!生地は包丁でケーキのように6等分に切って、生地を引っ張って手のひらサイズに伸ばし、具を入れたら、端から生地と生地をギュッとつまみながら包む。






そして、フライパンに間隔をあけて生地を並べ、弱めの中火で焼き目をつける。

藤原家の毎日家ごはん。

フライパンに生地を間隔をあけて並べたら、早く火が通るように上から手のひらでギュッと押して生地の厚みを薄くし、バター(大さじ1)を入れて、弱めの中火で底面に焼き目をつける。





ひっくり返して、焼き目をつけたら、弱火にして蓋をし、3~4分ほど焼いたら~、

藤原家の毎日家ごはん。

ひっくり返して焼き目をつけ、弱火にして蓋をし、3~4分ほど焼いたら出来上がり。弱めの火でじっくり焼くとふわふわにできます。





ベーコンチーズパンが焼けた~!!!
藤原家の毎日家ごはん。
はる兄もれんちびももりもり食べて、あっという間に6個食べた。パンはカセットコンロでも作れる
と思います!







さて、卒園式も終わったし、これから2人の入学の準備をしないとな。





AD

コメント(193)