「ママ業が好きになる」=「ママla育(ママlike☆)」

管理栄養士、健康食育シニアマスターの隅弘子のブログです。

ママってやってみるといろいろな制約があったりとか難しいことって多い・・・


みんなどうやっているの?


これであっているんだろうか?


など不安になったりうまくいかない現実にイライラしたりして日々終わっていく。


気づけば自分のことが後回しになっていることが多くありませんか?



完璧ではないかもしれないけどこんな私が好きだ!


って思える人をひとりでも増やしたい!


それが仲間となってひろがっていけば日本の世の中はママパワーで


明るく元気なるはず。




育児って実は私自身を育てる育自ですもん!




家族の健康、食費から賢く節約する食事術、


いつまでもきれいなママを食や身体の面から 提案します!





テーマ:



こんにちは音譜
食事作りがラクになる方法を広めたいmamful隅です。

昨日は年に2回ほどの開催の特別講座!
「幼児食スタートからのママのための食育講座」
開催しました。

今回の参加のベビちゃんの月齢は
1歳のお誕生日前のベビちゃんから2歳をこえるおねえちゃままで!

この月齢の差だけでもすでに2歳のママは先輩としてたくさんの体験をしているのですよね~。
いろいろな情報交換ができるのも講座のいいところかな~と思っています。

毎回、参加してくださった方にアンケートにご協力していただき
みなさまの満足度やご要望にお応え出来るようにと記入いただくのですが
今回はじめて

すぐに申し込みました」という回答。

うれしい!うれしい!

そしてそれだけ
「幼児食」という言葉に対して「どうしたらいんだろう???」と
漠然に不安をあおる言葉なのではないか
シラー

と思ってしまったのです。


離乳食が始まりますよ~という情報がなんとなく耳にする生後4ヶ月あたり。
行政が開催している「離乳食講座」に参加してみて
こんなかんじか~というママも多いと思うのですが
離乳食完了期といわれる1歳6ヶ月前後になると
次に参考にすべきものってなんだろう???と
なんだか放り出されたような感覚

ママは陥るのかも




私も実際、
この先ってどうなるんだろう~?
と思った記憶あり。

そしてこうも思いました。

これで親と一緒のものを食べる機会が増える~~~♥️

って。


そう、赤ちゃんも大人もおなじ「ひと」ですよね。
基本的には食べる物はおなじだと思うんです。


離乳食はまとめて作ってフリージングしたりして
必要な量も少量なので親とは別メニューということも多かったと思いますが
ずっとこのまま幼児食のレシピばかり検索の毎日にしますか?

これはかえって大変だと思うんです。


だったら・・・

こう考えてみるのはいかがでしょう?

幼児食のはじまり=家族みんな同じ食事のような形ができるスタートじゃん!

だったらベビちゃんにもあげられるような食事なのかを
見直すチャンスしちゃおうかな


というmamafulからの提案。

まさに「今でしょ!!ベル(⬅もう死語??いえいえたまに使わせてください)

家族一緒に同じメニューで美味しそうにママやパパが食べるところをみせながら
食卓を囲めたらそれは立派な食育活動じゃないですか!!

どれだったら大人が食べているものをとりわけしやすい?

という基準を作りませんか?


刺激的なメニューやアレルギーとなりやすい食材など
配慮すべきメニューもありますが毎日そのような食事をするわけでもないと思います。


ようは

基本的に家族が食べる食事は同じであったらいいな

を実現できればと考える訳です。


どんな食事だったらそんな思いが実践できるかな?

これが私が伝えたい幼児食からの食育講座の根っこです。



AD
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。