次回はいよいよ、基本の立ち方の集大成、意守丹田の説明に入ります。それが、終わったらば、基本の立ち方で屋外で立つ。シリーズに入ります。
AD

立禅ナビゲーターブログへようこそ!

 

前回の 基本の立ち方(軽い立ち方・立禅の実践⑩) から、

今回は、争力を用いて張りのある立ち方へと変換します。

 

まずは、軽く立ちます

 

①顔は正面、目は半眼または軽く閉じる

②口は軽く閉じる。アゴの力を抜く

③肩の力は抜けていて、下がる

④腋の下にボールを1つ挟んだ感じ

⑤胸は反らさずにお腹を閉める(へそを内へ

腕は丸く張る (張り=争力

 

ここで、張る という言葉が出てきました。

 

張り=争力 について学びます。

 

首から画板。 掌と首の後ろで引き合う

※ひじを丸く ※首を開く

⑧この時に、へそを内へ入れる感覚と同期

⑨腕全体が、太鼓の皮のように、均等に張る(意念)

 

以上、 動画で確認してくださいね。

下矢印下矢印下矢印

 

 

 

IMG_20160514_101842627.jpg

 

 

 

AD

立禅ナビゲーター ブログへようこそ!

 

わたくしが、ナビゲートしている立禅は 養生を主眼に置く立禅

 

ですが、 武術の鍛練法としての立禅 もあります。

 

その場合は、基本は同じですが、外形や要求が少し違ってきます。

 

このような型です。

↓↓↓

 

 

 

養生的な立ち方 との違い は。。

 

腕の位置 ⇒ 腕を心臓より 少し高く持ち挙げます。

 

膝のしぼり ⇒ 養生的な立ち方 の時より 膝の内側への絞り方が強いです

 

姿勢の前傾 ⇒ 養生的な立ち方 の時より 前足底側に乗り込みます。

 

武術的な立禅 (太氣拳) に御興味がある方は

太氣拳尚武館へ お問合せくださいませ。

AD

立禅ナビゲーターブログへようこそ!!

 

高天原ゆき です。

 

わたくしと一緒に 立禅を覚えて、

ストレスに強い 心と身体を作りましょう。

 

今回は、基本の立ち方 です。

まずは、軽やかに、楽に、気持よく立つことを覚えます。

 

実践のポイントおねがいキラキラ

 

①顔は正面、目は半眼または軽く閉じる

②口は軽く閉じる。アゴの力を抜く

③肩の力は抜けていて、下がる

④腋の下にボールを1つ挟んだ感じ

⑤胸は反らさずにお腹を閉める(へそを内へ

⑥腕は丸く張る (張り=争力を覚える)

⑦膝は少し緩めて、わずかに内へ傾く

⑧中指がズボンの縫い目側に向く

⑨自然呼吸

意守丹田(中丹田を感じる)

⑪青々と茂った松の樹のように立つ(意念)

⑫足に根が生えたような感覚(足底と湧泉の感覚)

 

YouTube動画をみながら実践してくださいね。

下矢印下矢印下矢印

 

 

 

次回は、基本の立ち方 の続きです。

軽やかな立ち方 から

争力を用いた 張りのある立ち方 へと 変換します。

 

写真は、筑波山で咲いていた 二輪草です。

 

 

 

 

筑波山中腹の情報発信型おせんべいカフェ
日升庵(にっしょうあん)プロデュースによる

【立禅を学ぶ会】 開催のお知らせです。



日時 6月4日(土) 午前 9:45~正午

集合場所
日升庵(にっしょうあん)
〒300-4352 茨城県 つくば市筑波1221-3  




イベント問合せ&予約 029-875-8821(日升庵)
日升庵ホームページ




※座学は日升庵にて。
立禅実技は、筑波山中腹の美しい遊歩道【四季の道】終点広場(屋外)で行います。

参加費 1500円 (座学+実技+ハーブティとおせんべい付)

以下、日升庵さんからのメッセージです。



最近、仕事や家庭でのストレス溜めていませんか?溜めこみすぎるストレスは、心理的な不安定や、肩こりなどの身体的な不調、様々な病気の原因になったりすると言われています。最近、そのストレスを解放する手段として、【禅】を取り入れている会社も増えています。【禅】と言っても、座って行なう「座禅」が有名ですが、今回は、立って行う「立禅」を体験して頂くのが今回の企画です。


一般的な、禅のイメージは我慢するツライ修行で動いたら叩かれるお坊さん
のようなものが定着してしまっていると思いますが、
本来は心と体を整える穏やかな瞑想法になります。

座禅と違い、場所を選ばず道具を使わず、屋外でも出来るのがメリットで、
自然の中で行うと、風の音や木の葉の触れ合う音を五感で感じられ、
四季の変化を体で感じるので、気持ちもリラックスして効果も上がるそうで
そして、立禅は武道の構えから作られている事もあり、
肩や背中、腰の筋肉の強化、バランスを整え体の中心軸が安定する効果もあります。

立禅を学んで、日々の生活に10分でも20分でも取り入れる事によって、
ストレスの解消、集中力アップ、自律神経の調整、成長ホルモンの促進などの効果が期待できます。
体の歪みを矯正して生活のバランスを整えてみませんか?

指導講師 高天原ゆき(太氣拳尚武館所属 立禅ナビゲーター)
※平成18年に太氣拳、女性初の黒帯(奥入)の免状を取得
養生気功学を星野稔先生に師事。夫は、太氣拳尚武館館長の島村尚武


立禅体験と理論的な座学もあるので、初心者の方でもわかりやすく解説して頂きます。
座学では、体調に合わせたブレンドハーブティーをご提供致します。



日時 6月4日(土曜日)
9時40分 日升庵集合


参加費 初回1500円(ハーブティ付き)



タイムスケジュール
9:45 日升庵集合 
受付 基本的な説明
10:00 移動
四季の道入り口(車 5分程度)
四季の道終点 (徒歩 15分)
10:30 立禅体験 (20分)
11:00 移動
11:20 日升庵 座学 (30分)
12:00 解散



以上。

立禅は、いつでもどこでも出来る健身法ですが
屋外(緑の多い場所)で行うと効果大です。
筑波山中で実施する立禅は格別の気持よさです。

立禅初体験の方におススメの講座ですよ!

初めての方の為に
立禅ハンドブックを作りました。

IMG_20160521_193215117.jpg

立禅をこれから始めよう、生活の中に取り入れよう!
という方を 応援する内容です。
(心得、場所選び、準備体操から実践までコンパクトにまとめた内容です)

初めて参加する方に、もれなく立禅ハンドブック進呈 しております。


どうぞお気軽に御参加くださいませ。


イベント問合せ&予約
029-875-8821(日升庵)

FaceBook の 日升庵 タイムラインの イベントページ でも告知します。


※ 写真は5月21日に開催した
第一回筑波山で立禅を学ぶ会 のものです
↓↓↓

IMG_20160521_183225084.jpg

IMG_20160521_183223675.jpg

IMG_20160521_183221709.jpg

IMG_20160521_183223033.jpg

第一回 筑波山で立禅を学ぶ会のレポートはコチラ


第一回 筑波山で立禅を学ぶ会ダイジェスト動画はこちら