TGS2013

テーマ:
TGS2013が始まりました

sonyはps4と新型vita、MSはxbox one
私も一応行く予定ですが実機は触れないでしょうね
並ぶの嫌いだし昼ごろ行くつもりだしw

titanfallとbattle field4の動画だけ見て満足しようかな

去年はスマホゲーの大攻勢でしたが
今年はどうなんでしょ?
勢いあるのはパズドラくらいで
あとはどんぐりの背比べな感じだし
個人的にスマホゲーはそんなどっぷりハマれないから
ブースを見ることはなさそうです

海外企業(台湾)や学生のブースを見るのが好きなので
その辺をたっぷり楽しもうかと思っています。


去年は新日本プロレスが試合やったりで
面白かったんですけどね、
今年はそういうのやる企業あるのかな?
ああいうショーは大歓迎
プロデューサーが偉そうにトークショーやるよりも
イベントを華やかにしてくれますしねw
AD

Brothers: A Tale of Two Sons

テーマ:
Brothers: A Tale of Two Sons



XBLA、サマーオブアーケードの4タイトルの内の1本

1200MSP、アップデートして\換算になってる人は\1500


E3でPV見た時からやってみたかったんで購入
突然の病に倒れた父を救うべく兄弟で遠い遠い所にある薬を手に入れる為に
冒険の度に出かける
多分こんなストーリーだと思います
一応なんか喋ってるんですが多分デタラメな原語だと思いますし
字幕なんかも一切無いんで

まず操作方法が非常に面白いです
左スティックで兄を操作、右スティックで弟を操作
左トリガーで兄のアクション、右スティックで弟のアクション

これだけしか使いません

兄弟を動かす訳ですので基本は左右スティックで
兄弟を操作し、状況に応じて兄と弟を使いこなしていきます

兄は力があって、弟は身軽
高いところに登るときなどは
兄を崖下に移動させ兄のアクションで土台となり
弟のアクションで上に登り、上からロープを下ろして兄も登る
こんな感じで兄弟で協力して進んでいきます


遊んでて驚いたんですが
単なる兄弟の冒険モノと思ってたんですが
世界観が非常に重いです
兄弟を助けてくれる巨人が居たり
ファンタジーな要素もあるんですが
突然首吊り死体があったりで「えっ!?( ゚д゚)」っと驚いたり
結構ヘビーな旅路でした

ゲーム中の仕掛けは特に難しい物もないので
比較的簡単にクリア出来ると思います
1500円にしてはちょっとボリューム不足を感じました。


が!


めちゃくちゃにストーリーが素晴らしいです
もう本当に最高
久々にゲームやっててガツンと脳天叩かれた様な衝撃を受けました
icoで感じたようなあの感覚
braidとかもそうですし凄いストーリーに出会うと
ちょっと放心状態になりますよね、今回もそうでした
1500円は確かに高いですが
セールになってからでもいいんで360持っているなら
絶対に遊んでみてください。
本当にこれは良く出来たゲームでした

超オススメ


Xbox Live 3500 マイクロソフト ポイント カード【プリペイドカード】(NEW)/日本マイクロソフト

¥5,000
Amazon.co.jp

AD

ドラゴンズクラウン

テーマ:
ドラゴンズクラウン



ps3で発売されたベルトスクロールアクションRPG
このゲームが発表されたのってかなり昔な気がします
4年くらい前だった気が…
新作ゲームにある画像を見て

「あ、D&Dみたいな懐かしいベルトスクロールだ
こういうのみんなでまたやりたいね~」

そこから音沙汰なく完全にポシャったもんだと思ってましたが
インデックスが製造、販売権を獲得し、
アトラスブランドからリリースされることが決まったのに
インデックスの粉飾決算とてんやわんやがあった末での発売

ゲームとしてはシンプルなベルトスクロールアクション
ファイター、アマゾン、ドワーフ
エルフ、ソーサレス、ウィザード
の6種から選んでゲームスタート

私は前情報で決めてましたので
ソーサレス井上喜久子(17歳)でスタート

最初はチュートリアルで
攻撃、魔法、スライディングなど基本的な動きを教えてくれるので
すんなりゲームに入り込めます
ちょっと驚いたのは右スティックの使い方

右スティックで画面内の気になる所を調べて
隠し扉を発見したり相棒の盗賊に宝箱を開けさせたり
キラリと光る部分をクリックしてアイテム拾ったり
なるほどね~と


大まかな流れとして

依頼受ける

目的地へ行く

ボス倒す

戦利品の選別、スキル取得等

これの繰り返し

レベルが上がればスキルポイントを使って
新しいスキルを取得出来ますし
武器、装備なんかによってかなり同キャラでも
違うスタイルの戦士が完成します

Sランクの装備を求めて何度も何度もダンジョンへ…

このハックアンドスラッシュの流れが好きな人には
たまらないゲームなんじゃないでしょうか


面白いと思った所
・4人同時プレイ可能ですが1人でも仲間を連れていけるシステム
まぁ酒場で雇うのはよくある設定ですけど

ダンジョンで骨を拾う>骨を教会で復活させる>復活させた仲間を雇える

っていう設定は面白いですね。
死者の遺言?みたいなコメントで
この骨はドワーフか、これはエルフかなんてわかったりしますし
私はソーサレスなので要らない骨は召喚して仲間にしちゃったり

・依頼の報酬
冒険者ギルドで依頼を受け達成すると
経験値、スキルポイントと共に
その依頼の関したイラストや後日談を見ることができます
そのイラストが非常にクオリティが高く
イラスト見たさに依頼を頑張ってしまう
私はダークエルフのイラストを見た時に
「ギャラリー全部コンプしよう!」と心に決めましたw

不満な所
多分これは1時間くらい遊べばすぐ感じると思います
エリアチェンジの度にナレーションが流れる所…
ナレーションは谷口節さんです
去年末亡くなられましたが缶コーヒーBOSSのcmで
トミー・リー・ジョーンズの心の声を演ってた人ですね

落ち着いた渋い声で素晴らしいんですが、
酒場から出る「君は迷宮に向かい~」
教会に入り、教会から出る「君は迷宮に向かい~」
ギルドで依頼を受け、ギルドから出る「君は迷宮に向かい~」
とエリアチェンジの度に同じ台詞が何度も何度も流れてきます
こういうのってデバッグ作業で気になったりしないんですかね?
1つのクエストがそんなに長くないので
サクサク回転率を上げていく最中に
この連続ナレーションは正直イラっときてしまいました。

ガッツリ遊ぶ人にもオススメですし
ちょっと1時間くらいだけやろうかなとか
そういうライトな人にもオススメ出来ます
まずベルトスクロール好きっていうのが前提ですがw


ドラゴンズクラウン/アトラス

¥8,190
Amazon.co.jp
AD