ママブルーin仙台 のブログ

出産後にブルーな気持ちになっているお母さんや、
産後うつのお母さん向けのサロンです。
仙台にあります。

はじめまして。すずらんと申しますニコニコ

出産後~13年前まで、気持ちがブルーになっていた、ママでした。

今は回復して、元気に生活しています。

以前の私と同じように、出産後、

ブルーな気持ちになっているお母さんが

気軽に参加できるサロン&ブログにしたいなぁ~と思っています。


ヒヨコ初めての方へ

どんな会なのか、一度こちらを読んでから来て頂くと、

スムーズかと思います。

→ ママブルーin仙台とは?
→ サロンのお約束

ヒヨコ連絡先です
連絡は、mamablue_sendai☆yahoo.co.jpにお願いします。

(☆を小文字@に変えてください。

諸事情により、連絡は基本的にはEメールのみとしています。)


ヒヨコ次回のサロン
現在のところ、予定はありませんm(_ _)m
再開できるようになりましたら、こちらでご連絡しますm(_ _)m
※メールの対応は随時しておりますので、ご連絡くださいニコニコ


場所は、福祉プラザ、3F託児室です。

月1回ぐらい開催していますニコニコ

予約や事前連絡は特に必要ありません。

 時間内でご都合の良い時間だけどうぞ~

また、この会は今悩んでるママのみの参加なりますので、ご了承ください。 

託児ボランティアの方が同じ部屋にいらっしゃるので子供連れでも大丈夫です。

(お母さんとお子さん以外の方はご家族でも入室出来ません。

申し訳ありませなんが、福祉プラザのロビー等でお待ち頂くことになります。)

先の日程については変更の可能性があります。

日程は1週間ほど前にこちらのブログで再度ご確認ください。


ヒヨコ私自身は回復者の一人です。

この活動については、無償で出来る範囲でさせて頂いています。

サロンの中では色々なお話をさせて頂きますが、その他の時間は

フルタイムの仕事と家事育児以外の時間で対応しております。

メールのお返事等は3~4日余裕をみて頂けると助かります。


テーマ:
参院選が公示となり、投票の入場券が届きましたね。

ここ数年、私はある目的をもって、選挙に行っています。
確かに、1票では結果が変わるわけはないですし・・・
はっきりした支持政党、政治家がいるわけでも
ないのですが・・・

目的はただ一つ、
「私たち世代の投票率を上げること」アップ
です。

子育て世代、(高齢者に比べれば)若い世代の
私たち世代の投票率が上がらない限り、
子育てに関わること(出産や保育園の状況など)
若い世代が関わること(教育費や奨学金の問題など、
そして、就職や雇用形態に関わること、
今後の介護負担や年金のことなど)・・・

今の私たちが抱える問題や、
これからの若い世代が抱える問題が、
投票率の高い世代の問題よりも後回しにされると
思っているからです。

しかし、当日にメチャ混みの投票所に行くのは大変です。
特に、小さい子連れでは大変です・・・。
そんなわけで、期日前投票も利用してはどうかと
思います。

私自身は、政治的な発言は、近い人にもしないことを
信条としています。
息子にも、自分で考えてほしいので、自分がどの党を
現在支持しているかは、伝えていません。
しかし、上記理由により、投票に行くようにとは
伝えてあります。

全ての方に賛同される意見とは思いませんし、
今回は、投票したいと思う党がない、人がいないという
方もいらっしゃるかもしれません。
でも、投票を迷われている方がいらっしゃったら、
投票率を上げる、という目的でも、
長い目で見れば、大きな効果があるのではないかと
思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
先月は記事が書けず、申し訳ありませんでした。

今日は、嬉しいニュースがありましたねニコニコ
北海道で行方不明になっていた男の子が無事に見つかりました。
男の子の様子や、ネット上の意見を見て思うのは、
子育ては本当に難しい・・・と思います。

私の2人の子供達は本当に想定外のことをするタイプで、
子育ては悩みの連続でした。
今回のことでも、「子供から目を離してはいけない」という
ご意見がありますが・・・
振り返ったらもういなくなる、というような子供達でした。
子供が二人になったら、一人を見ていたら、物理的に
もう一人が視界の外になるわけで・・・
「目を離さない」というのが、無理なんです・・・。

あとは、小学校になると、一人で登下校するようになります。
個人が特定されるので、あまり詳しく書けませんが、
二人とも、登下校中に行方不明になったことがあります。
学校の先生方に探してもらったり、電話網をかけてもらったり、
警察のお世話になったこともあります。
行方不明になった理由は、本当に「えっ?」っていうことで、
通学路や近辺をいくら探しても、それは見つからないだろうという
ところにいました。

ショッピングモール等で、いなくなるのは、日常茶飯事で・・・
「お母さんは、○○に行くたびに放送で呼び出されて、恥ずかしい!」
と言ったら、偽名を語るようになりました。
(そういう問題じゃないのですが・・・ガーン

「知らない人に声をかけられてもついて行かないように!」と
言い聞かせますが・・・
「知らない人に、自ら話しかけてしまう」ような幼児~小学生でした。

それが、どっちか一人なら、子供の特性という説明も
ついたのかもしれませんが・・・
うちは二人とも落ち着きがなく・・・
二人いて、二人ともということだと、これは親の問題なのかと
悩みは深くなりました。

今も、悩みがなくなったわけではないのですが、
今は一応スマホもありますし・・・
子供は元気で友達も多く、たくましく?
自立している方だといえば、そうかもしれません。

「夜泣き」とかと一緒なのかもしれませんが、
こういう、親の想定を超えた、ちょっと育てるのには
パワーがいるタイプのお子さんを育てているお母さんが
もしいらっしゃったら・・・

う~ん・・・
かける言葉がなかなか思い浮かびません・・・
でも、おそらく、大変な面も多々ありますが、
良いところも沢山あるお子さんなんだと思います。

今は、昔の事件の数々は、懐かしい思い出話です。
また、今私の子供達が行方不明にはならないように、
成長と共に少しずつ、少しずつは、楽になることも
あると思います。

何だかうまく書けませんが、
パワフルなお子さんに恵まれたお母さん・・・
共に、お疲れさまです、という気持ちですクローバー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
続けての投稿になりますm(_ _)m
地震のニュースが収まらない中、
産後うつの報道(東京都での自殺の統計について)がありました。

「産後うつ」、というのはまず表現が曖昧なのかと思います。
産後うつうつした気分になったことも「産後うつ」
一時的にうつっぽくなったのも「産後うつ」
なんかうつ症状が出たのも「産後うつ」になってしまいます。
また、8~10人に1人、専門家による対応や治療が必要になるのが
「産後うつ病」になります。
ニュースの内容からすると、うつ病の方を言っているのかと
思いますが、病はつかない「産後うつ」という表現なので、
なかなか、わかりにくいです・・・
以下、報道では「産後うつ」が使われているのですが、
あまりに広い意味になってしまうのかと思うので・・・
私は「産後のうつ症状」か「産後うつ病」のどちらかを用いて、
記事を書きたいと思いますm(_ _)m


本題にはいります。

私のこの記事も含めて、物事の見方は大なり小なり偏っていて、
どういう方向から見るかで、全然異なったことになると思います。
ある人には当てはまる事柄も、ある人には当てはまらないことが
多々あります。

「○○をしたから産後のうつ症状が軽くなった」の○○は
人それぞれ違うことがあると思います。
それは、その方個人個人の体験なので、事実であり、
それについて、どうというつもりは全くありません。
ただ、自分がそうだったからと言って、
全ての方に、それが適合するということではないと思います。

病院に行かず、自分にあった方法で、産後のうつ症状が
軽くなったという人もいると思います。

ただ、産後のうつ症状が、病院で治療(薬を飲むなど)を
しないといけないもの(産後うつ病)なのか、
自分の判断で、自分に合った○○をすれば、
回復するぐらいのもの(マタニティブルー)なのか、
それは、私たち「ど素人」にはわかりません。
治療が必要なレベルなのかどうか(うつ病なのかどうか)は、
お医者様や医療関係者の方でないと、
判断がつかないと思います。

万が一、治療の必要な方が、病院の治療以外の○○
で良くなると思って、それをずっと続けていたら・・・
どの病気もそうですが、治療がされない、
または遅れることで、悪化することになると思います。
うつ病の悪化となったら、自殺という可能性もありえます。

病院での治療が必要なのか、
病院の治療をせず、薬も飲まず、自分に合った方法で
回復するものなのか、
最初にその判断を専門家にしてもらわないと、
取り返しのつかない結果になることもありえます。

今回の報道を機に、多くの情報が付随して報道されたり、
色々な立場の方が色々な意見をされると思いますが、
どちらが正しい、間違っているというよりも、
色々な角度でお話されているのかな、と思います。

情報に触れる際には、以下の点に注意いただけたらと
思っています。

●産後うつの経験者というのは、「産後のうつ症状があった方」
なのか、「産後うつ病だった方」(精神科等の治療をされた方)なのか
(専門家の治療の必要がなく、一過性のものは、
産後うつではなくマタニティブルーになるのかと思います。)

●産後うつは○○で良くなるという言い方をしていないかどうか
(冒頭に書いたとおり定義が広いので、一つの方法で必ず良くなる
とは言えないと思います。)

●最初に専門家が治療の必要があるかどうかを判断する
必要がある、という視点があるかどうか、
治療の必要がない「産後のうつ症状」なのか、
治療の必要がある「産後うつ病」なのかがはっきりした後に
○○をしているのかどうか、
(その判断がないと、治療が必要な人に対して治療を
受けることなく、○○をさせてしまう(悪化させる)、という
可能性があります)


統計をとってもらったり、報道があるのは良いことなのかも
しれないですが、なかなか難しい・・・と思います。
ご参考まで・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。