EPSON PX-5600 のモニター記事も3本目となりました。

今日の記事を書く前にまずご報告というか、書いておきたいことが!!
実は当初の予定では、このPX-5600週明け早々にも返却の予定だったのですが
先日連絡メールがきて、20日前後までお借りできることになりました!!


今回うっかりしていたのですが、モニター期間がどっぷりただいま通学中の専門学校の
試験期間となって、使い倒せないかも!とどんよりしていたので、小躍りしちゃうような
気分でした!
ありがとうございます!EPSONさん 、そして、モニター企画に参加させてくださった
Cyber Buzzさん!!



そして、うれしいことがもう一つ!

先日、PX-5600が送られてきたときに同梱されていなかったので、すっかり諦めていた
月光というフォトペーパーが後日送られてきました。


月光コレクション A4サイズ

お試しパックのようなものなので枚数は少ないのですが、銀塩写真時代にこの上もなく
愛した印画紙のシリーズ。


今回もあの締まった黒を再現してくれるのかと思うと嬉しい限りです。
デジタル用の写真ペーパーとして、引き続き月光ブランドを提供してくれている
三菱製紙さんには足を向けて寝られません?。


このGEKKOコレクションですが・・・・


・印画紙 / 微粒面光沢  2枚
・画材用紙/光沢 2枚
・バライタ調紙 / 滑面光沢 2枚
・印画紙 / 滑面無光沢  2枚


という品揃え?です。

バライタですよ、バライタラブラブ

デジタルから写真を始めたり、モノクロを自分の手で焼いたことのない人にはなじみのない
言葉だと思いますが、一度その世界に触れたことのある人には既に郷愁のような気持ちに
させられる「バライタ」。『調』がつきますけど、とてもうれしいです!!


さて、いよいよプリントしてみたいと思います!

ペーパー差し込み

まず、紙をセット。
A4サイズくらいだと、それほど差し込みにくさは感じないですね。
先日のイベントのときのようにノビサイズだとなんとなく気を使ったのですが、
馴染みのあるサイズだからそう感じたのでしょうかね~?


さて、せっかくですので早速プリントしてみました。


今日、使ったのはGEKKO コレクションのうちのブルー・ラベル(印画紙 / 微粒面光沢)。

写真(データはカラーのもの)を選んで、プリンタのプロパティ画面よりモノクロへの変換を行います。

プロパティ画面


上の画面の左上のほうに カラー (C)という項目があって、そこを 『カラー』 から画面のように

モノクロ写真

とすれば、カラーデータがそのままモノクロになります。
すごく簡単です。

もちろん細かい設定がしたい方は、PhotoShopなどの画像編集ソフトを使ってのモノクロ変換をして、

そのあとプリントというのも可能です。

他の設定は、上から


・用紙種類の設定
・カラー(これは上に書いたもの)
・印刷品質(高精細、超高精細、詳細設定から選べます。詳細設定は自分でカスタマイズ可)
・色補正 (自動 / 温黒調、冷黒調、純黒調、セピア、他にユーザー設定があったカスタマイズ可)


あとは、用紙サイズや給紙サイズを選んだら『OK』を押すだけ!

銀塩写真だと、同じものをカラーでもモノクロでも撮りたいと思ったら、
2台カメラを持ち歩くか、そうでもなければフィルムを入れ替えるか?という面倒なこと
だったのですが、こんなに簡単にそれもきれいにモノクロにデータ変換できるのは
デジタルデータだからこそですね。



そして、出来上がったのがこれ。

先日のイベントのときにも思ったのですが、いまはデジタルデータでインクジェットプリンタで
こんなに再現性があるんだなぁとまたしみじみ。

銀塩時代だと撮影後に…

  1. フィルム現像
  2. 印画紙プリント
  3. 印画紙現像
と、手順があって、どこでミスっても(特にフィルム現像)思ったような諧調がでないもの
でしたが、今日出力したプリントはそーんなことは全然気にしないで、ポンっとタブを
カラーからモノクロ写真に切り替えただけで、こんなに簡単にきれいにできちゃうんですもん。
なんだか、隔世の感がありますです。
紙も、厚みがあって、なんというかこう、満足感のある質です。

そして、前回のレポートにも書いたのでしつこいかもしれませんが、出力の際の音が静かです。

あと、少し残念というか、こうだったらな~という希望も一つ!
ブラックインクの入れ替えが面倒です。
プリントする内容によって、画面で『切り替えて』と指示されるのですが、
いちいち入れ替えが面倒。

そして、それに増して、入れ替えた際にプリンタにセットしていないインクの保存。
取扱説明書には、買ったときと同じ環境で供給孔部を下向きか横向きにして保存してくださいと
ありますが…。
実は、取扱い説明書をちゃんと読んでなかったので(苦笑)、供給孔部からインクが
漏れるような気がして、これを上にしばらく保管していたフォトブラックのインクが
入れ替えても認識されなくなりました(涙)。
メッセージには「もうインクがないかもね」みたいなメッセージが出ましたが、間違いなく
インクは残っているはず(あまり、使い倒してなかったので)なのに、です!!

その上、入れ替えごとにヘッドクリーニングが全色に行われるというシステムなので、
インクが安くないのに、これもちょっと悲しいシステムだなぁと思っています。
いっそ、最初から9色全部セットしておけて、プリンタのほうでどちらのブラックインクを
使うかの選択をしてくれたらいいなと思います。
ていうか、何で今そうなっていないのかなぁ?と思ってみたり。

このプリンタ、使っていて楽しいのですが、いまのところ唯一最大の欠点(私にとって)は
このブラックインクの取り換えでしょうか?
ものとしての作りこみ段階で、何故こんな方法にしたのかなぁと考えちゃいます。

とはいえ、ほかの機能は十分すぎる内容です!
ぐあ~、試験が月曜日に終わるので、そうしたら使い倒したいです!!
楽しみなような、いまできないのが悔しいような・・・・・。

次は、残りのGEKKペーパーを使い倒して、その次はA3ノビサイズに・・・と野望だけが
次々と頭をよぎっています。

エプソン プロセレクションブログ ( http://proselection.weblogs.jp/)

AD

PX-5600本体

待ちに待ったPX-5600が到着しました。

ほかのモニターの方のブログでは、数日前から「到着しました」というレポートがあがっていて、

「え~??うちは~???まだこないよ~」


と数日やきもきしてしたのですが、いよいよ我が家にもお出ましです!!



到着した時の感想を一言で言うと・・・


「うわ!でかい!!」


でした。



たまたまうちはそれだけの箱を置くスペースがあったので、モニター終了までの間
返却の時のことも考えて箱をしまっておけますが、独身の時のアパートの部屋とかだったら
この箱の大きさにはちょっとビビったかも。
狭い玄関だったら、出入りできなくなるような大きさです。



とはいえ、そのあたりが気になるのはモニターだからで自分で買ったものなら箱は捨てちゃえば
いいのだから、気にしなくていいのかな。

さて、私もプリンターに負けずに大きいので(笑)、ついたことがうれしくて、旦那の帰りを
待てずに自力で2階の自分の部屋に持ってあがって開梱。
思わず顔がニヤケます。



開梱しながら気がついたこと(気になったこと)が一つ。

このプリンターにはパソコンとの接続用のUSBケーブルが付いていません。
プリンター用のUSBケーブルって、普通(と私が思っている)のデジカメとPCをつなぐ
ような端子のものと違うので、あまり使わないタイプのUSBケーブルだと思うので、
まさか付いていないとは思わなかったので、ちょっとびっくりしました。

(後日、このモニター企画の主催のCyber BuzzさんからUSBケーブルが届きましたので、
モニターの方で文句?というか無いと困ると申し出た方がいたんでしょうね、きっと)



ということで、この類のプリンターを自主購入される方でこれが初めてのプリンター購入という方というのは極めて異例かな?と私を思っているのですが、万が一、プリンターを初購入でプリンター用のUSBケーブルとかをお持ちになっていない方は同時に購入しておかないと、プリンターが届いたのにすぐに使えないという悲しい出来事が起きますので、一緒に購入してくださいね。

私は、というといま現在自分で使っているプリンターのUSBケーブルを抜いて、差し替えて使いました。



PX-5600インク

そして、同梱されているインクです。
9色。
プリンターにセットするときに思い切りよく、全部封を切ってしまったのですがガーン
このPX-5600は8色しかセットできないので、これから買う方はきちんと取扱説明書を
読んでから開封してくださいね(涙)

なぜ9本入っているのに、8本しかセットできないかというと、
フォトブラックとマットブラックが選択してセットできるようになっているためです。
プリントするものを考えてセットしなきゃです!
要注意です(涙)

今回モニター用にインクをもう一セット送っていただいておりました。
インクが高いので、うれしい限りです!!


px-5600印画紙

そして、プリント用ペーパー!

ほかのモニターの方も書いていますが、送っていただいたプリント用紙に関しては感想は
いろいろ。でも、とにかく自分ではなかなか買えない(=使えない)高価なプリンターを
貸していただいているので無理は言えませんが・・・もうちょっと枚数があっても…あ、いえ、
わがままですね。これは。

私は月光ペーパーも送っていただけるとなんだか勘違いしていたようなのですが、今回は
EPSON セレクションパックとA4のサイズのペーパーを入れていただいております。


さて。。。いよいよプリントしてみます!!



プリント

まずは送っていただいたA4サイズの紙を使ったプリントです。

用紙を指定したら

「今セットしているインクではプリントできません」

という内容のエラーが!!


私は前に書いたインクのセットの時にマットブラックを選択して、セットしていたのですが
この用紙にはマットブラックが使えないらしく、フォトブラックに変更です。
変更して、すぐに自動で認識するのかと思っていたのですが、いつまでたっても同じエラーが
でるので、再び取扱い説明書を見たら、ブラックインクを交換したら認識させてやる方法が
書いてありました。


私はことプリンターには素人に近いので、このあたり、

「自分で取り換えてとエラーに出して、その指示に従って取り替えたんだから
自動で認識してよ」


と思ってしまうし、技術的にもできないことではないと思うんだけど、敢えてそれをしていないということは、
自動で認識だと何か不都合となることがプロの使い手さんたちにはあるのかも?


そして、設定としては超精彩を選んでプリントアウトしてみました。

ん???モニターで見ていたのとはかなり色のイメージが異なります。
なんでだろう?


まあ、我が家のモニターも大して立派なものでもないので、色の再現性に低いのかもです。
だけど、モニターで気に入った色合いに色補正とかをかけているので、その辺の修正の仕方を
返却までにはいじってみたいなあと思います。


それと、やっぱり音は静かです。

イベント のときにも「静かだ!」とは思ったのですが、大勢の人がいる中での印象だったので
静かな部屋でプリントすると実は結構音がした、なんてことなるのかも?と思っていたのですが、
イメージ通り、静かでした。
私は出力時の音に関してはまったく問題を感じないレベルです。


ただ、ですね。

プリントアウトされるまでの時間は、思っていたより長く感じました
イベント のときは他のの方と話しながらだったので、A3ノビなのにあっという間に
プリントアウトされてきた気がしたのですが、家でまんじりとプリントアウトされるのを
見ながらだと、なんだか長ーく感じました。


でも、やっぱりいいですね。大きく伸ばすのは。

プリントアウトされてきた写真たちを見ながら、ついニヤニヤしてしまいました。

下の写真ではわかりづらいと思いますが、実際にプリントアウトされてきた写真を見ると
髪の毛もかなり細部までつぶれず再現されていますし、暗部の再現性もかなりいいと
思います。

何の調整もしないでここまでのプリントができるのはすごいですね~。

自分が写真のためのプリントアウトを自宅でしなくなって、数年がたつのですが
こんなに技術が発達していたのですね~。


実は顔料インクを使うのもイベントのときがはじめてだったのですが、
何の根拠もなく、顔料インクはいまいち、と思い込んでいたので、まさに目からうろこ・・・。


すでにプリンターを返すのいやだなぁと思い始めている私です。
(ただいま学校の試験直前でゆっくりいじり倒せないので、せめて他の人よりも届くのが遅れた
数日分だけでもの貸出期間を延ばしてもらえないかなぁ…・)


プリント


この記事は、エプソンのプロセレクションブログにトラックバックしています。


エプソン プロセレクションブログ
PX-5600レポートリンク集をアップしました!

http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/2008/06/post-885f.html



この記事は、レビューブロガーによる製品レビューポータルサイト MONO-PORTALに
トラックバックしています。

レビューポータル「MONO-PORTAL」

AD

エプソン PX-5600新商品体験会

 6月5日にエプソンのプリンターMAXARTシリーズの新製品PX-5600が発売になりました。
5月31日の土曜日、発売に先駆けて新商品体験会に参加させていただいてきました。

このイベントは、プロセレクションブログ やアジャイルネットワーク、CyberBuzzなどで
ブロガーの参加を募り、ブロガーを対象に行われました。
私は、CyberBuzzさんから参加させていただいたのですが、その時の募集のくだりが、

「本格的な写真を求める写真愛好家ブロガー必見のイベント」


でした。

本格的に求めているかどうかは別として、写真愛好家であることは自負していたので
ずうずうしくも応募して、狭き枠の中に入れていただいての参加です。


募集の時点ではまだ商品名も明かされておらず、ただ「新製品」とだけ。
なので、応募のあとにPX-5600が発表されたので「お、これだ!」とニヤニヤしながら
ヨドバシでカタログをもらってきたりしていました。

PX-5600 ヨドバシで予約受付
<ヨドバシではすでに予約受付してました。>

この手のハイアマチュア向けのプリンターは、以前から使って(買って)みたかったのですが
何といっても、出てくるプリントも高品質でしょうけど、お値段のほうもお高くて、正直
手が出せないでいて、でも、最近とっても気になっていたのです。


なので、この募集を見た時から「絶対参加したい。モニターで一カ月でもいいから使いたい」
と切望していました。


そして、このイベント!

プリント体験では自分の撮影した写真データを持参して、PX-5600でA3ノビサイズに
モノクロプリントし額装して作品として持ち帰らせていただけるというのが、また素敵なんです!

もうですね、どの写真を持って行こうかと必死に悩みました。
あとでわかることなんですが、私は勘違いしていてモノクロの画像データを持っていかなければ
ならないと思っていたので、モノクロで撮影したデータはただでさえ少ないのに「渾身の一枚」
を(と、募集要項に書かれていたので)必死で選んで持っていったのです。
しかし、会場に行ってみたら、ほとんどの人はカラーでデータ持ってきてました。
あんなに悩んで私のバカ。


そんなわけで当日は写真選びをもたついていたのと、あいにくの雨で電車が遅れたため
10分くらい遅刻して会場に着きました。

ちょうど始まったところのようで、技術担当の方からPX-5600の技術的な改良点などが
説明が始められていました。

PX-5600 技術説明

正直な話をすると、技術的な話は簡単な部分は理解ができたのですが、
深い部分の話になるとお手上げでした。
この辺の話は、素人の私がここで語ってもきちんと内容がお伝えできるかが、かなり微妙です。
このあたり、ご興味のある方はこちらで!

エプソンプロセレクションブログ

エプソン PX-5600 製品ページ


そして、技術の方のお話が終わると写真家の根本タケシ先生のプリント講座です。

根岸タケシ先生プリント講座風景

このあとに書きますが、いろいろ楽しい話を聞かせていただいたのですが私の心に
一番残った言葉は、上の写真のこれ。

「写真は
  撮って楽しみ
  モニタで見て楽しみ
プリントをして楽しみ
  飾って人に見せて楽しむ

     どうせなら全部楽しんだほうがいい」



という言葉でした。

おお、私はこれまで「撮って楽しみ、モニタで見て楽しみっぱなし」でその先がなかったんです。
特にデジタルになってからは!!
普通の記念写真さえ、L版にも伸ばさないでいた始末です。

学生時代、大学で写真を学んでいた時はそれはもう銀塩しかない時代でしたので、自分でフィルム現像も焼きつけもしていました。
大学の教授にいわゆる「ファインプリント」とかに命を賭けているような方がいたせいか、グラデーションの美しい再現性の高いモノクロが美しいと思い込む傾向があり、じつはこれまで
デジタルでのモノクロプリントというのをかなり訝しがっていました。
(実はモノクロにするにはどうしたらいいのかさえ知らないで、勝手のそう思い込んでたんです)

しかし、先生の説明だと実に簡単にカラーをモノクロに変換できるのです!!

<モノクロ化の簡単な方法>

  • サイドをマイナス100にする
  • 明度でかく色の色分離をはかる
  • トーンカーブでコントラストを整える

こんな簡単なことでモノクロ化できることすら考え付かなかった!
おまけにPX-5600のドライバーでも、更に簡単に可能でした。この辺はプリンターが届いてから
いろいろ試してみるつもりです!

そして、使用する紙の種類によってデータが変わってくる話やご自身がかなり以前よりデジタルデータをプリントされていた話などを興味深く聞かせていただきました。
フォコマートなんて引き伸ばし機の話も出たりして、学生当時を思い出して「おお~」と古い
友人に会ったような気分になってみたりもしました。

このあと、次のプリント体験の話に入るつもりなのですが、根本先生の話に

「プリントを使う注意点」として

  • プリントをする少し前までにプリンタの電源をオンにしておく
  • プリンタは必ずプリンタ本体のスイッチでオン・オフすること。

という話もありましたので、自分への忘備録として書いておきました。



さて、次はお待ちかねのプリント体験です!
PX-5600
PX-5600。

思っていた以上に存在感があります。
やはり、A3ノビがプリントできるだけあってプリンタ自体も大きくなるのは
仕方のないことだと思います。


PX-5600プロパティ画面

データをモノクロに変換するのも何とも簡単にこのプロパティから可能。


色調の見本

おまけにプロパティで純黒調・冷黒調・温黒調・セピアなどの色調も選べます。
もちろん、その変換に関するデータはエプソンさんのお仕着せのデータになりますから
こだわる人にはまた別の方法もあるわけです。
この辺はプリンタが届いたら、いろいろやってみたいです。

さて、いいことづくめのPX-5600なのですが、いざプリントということになったときに
「ありゃ?」
と思ったことがあります。

意外とガイドに紙をセットするのが難しそうなんです。
現行のプリンタでもそうですけど、意外とこの紙送りはテクニックがいるんですよね。
ましてや、PX-5600レベルのプリンターを購入する人だとプリンタ用紙自体も高価なものを
使うことになるでしょうから、この紙送りに関してはもうちょっと気を使わずに
わがままを言えば、「ポイっと入れたら、ウィンと正しい位置に送られる」というのを
希望しているのですが・・・難しいんでしょうか?エプソンさん。

PX-5600でプリントアウトされた自分の写真

むふふ、出力されてくるとわけもなくうれしいです。
このプリントアウトした写真なんかは、相当黒~白までのグラデーションがあるデータ
だったのですが、思った以上に再現されていて正直びっくりしました。

ああ、写真ってやっぱり紙に焼いて(プリントして)なんぼ、なんだなぁ。

「やっぱりプリントするといいですね、楽しいわ。」

と呟いている私に、ちかくにいた根本先生が「そうでしょう!」と強くうなずいてました。


それと気に入ったのは、音の静かさ。
会場に人がたくさんいて、がやがやしていたこともあるのかもしれませんが
同じテーブルのついたほかのブロガーの方とも「静かだね~」と話していました。

そして、ですね。
思ってもみなかったのですが、プリント用紙もいろいろな質のタイプがあるんです。
今回は通常のマット用紙とまるでパステル用の用紙みたいなタイプの2タイプが
用意されていて、好きなほうを選ばせていただけました。
どちらかは忘れてしまいましたが、1枚500円近くするとか。
銀塩の印画紙もいいやつあ高かったけど、全然負けてませんね、こちらも。

時間があるだけ、ということで2枚プリントアウトさせていただいて額装していただきました。
そのあと、またとんぼ返りで新幹線で地元に戻る予定だったので、本当なら額装していただいた
ものは宅急便で送っていただけばよかったのですが、ついつい久々の大伸ばしのプリントが
うれしくて、雨の中持ち帰ってしまいました。

プリントを持ち帰る参加者
<同じ気持ちだったのか、雨の中持ち帰っている方も結構いました>

商品が発売後に、各ブロガーにモニター品が発送になるとのことでしたので
首を長ーーーくして、PX-5600 & 月光の用紙(銀塩時代に愛していた印画紙のデジタル用紙
があると聞いて驚きました)の到着をお待ちしております!!





プロセレクションブログ での当日の様子はこちら
http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/2008/06/post-974e.html

AD