少し間が空けてしまいましたが、まだ続きますSony Dealer Convention 2007。



私にとっての目玉、これ!α700 です。

ただ・・・当日見た順番に書かないと私のへっぽこ頭は何がどうだったかわからなくなるので当日見せていただいた順でCyber Shot DSC-T200 からふれて行きたいと思います。


スマイルシャッター搭載のDSC-T70 と DSC-T200

写真はそれぞれ、春モデルのDSC-T20 と DSC-T100後継機に当たる機種。
まず、パッと見の個人的な印象から。
これは、以前T100のことを書いたときに書いたかもしれませんが、サイバーショットのこのシリーズ、T1が発売されたときは「おお~、スタイリッシュなソニーらしいデザイン」
と心惹かれたのですが、細部のデザインは変わっているものの、その当時と大きな変化は内容に思われ、個人的にはちょっと飽きてきています。

そうは書くものの、一眼レフのデザインは各社ちょろちょろと差があるものの、まぁ、似たようなものなので、「カメラ=実用品」と考えるとデザインってそんな変えられるものでもないのかもしれませんね。

今回、実はα700が気になっていたせいか、その先どのくらいの点数の商品の展示があるのかが検討がついてなかったせいか、サイバーショットコーナーは比較的短めにさっくりと見てしまったので、帰ってきて他の方のブログなどを見てと本日ヨドバシカメラで再度実機を触ってきた感想もココでちょっと書きますね。


写真撮ってきてなくてすみません、なのですが、液晶、でかいです
T70 で3インチ、T200で3.5インチ。
撮影時に被写体を確認するにも、撮影した写真を確認するにもこれだけの大きさがあれば十分です。魅力的な液晶の大きさと言っていいと思います。
でも、これは私の周りのサイバーショットユーザーからも出ている声なんですが、
ホールディングがしづらいというオマケが付いてきます。

ことホールディングということに関して言えば、ココ最近のコンパクトデジカメは絞り3段分前後の手ぶれ補正がついているので、「がっつりホールディング」をしなくても、ちょっと
かわいく「人差し指と親指で指先でつまむようなホールディング」もいいのかも。
(私はどうしてもホールディングにこだわっちゃうんですけどね)

じゃあ、何が液晶が大きくなったことのデメリットの一番は何か?
個人的には「液晶に指が触れてしまう」ということではないかと思っています。
もちろん、防護シートを貼って使うと思いますけど・・・・。
と、ここまで書いていて思い出した。そもそもがタッチパネル式なんでした・・・・・。
その点も含めて、個人的には液晶にべたべたやるの苦手なので、そのあたりをデメリットと感じてしまいましたが、このあたりは個人的な好みによって感じ方が変わる点ですね。

ソニーさんだからこそ、「ホールディングもいいけど、革新的にスタイリッシュなデザイン」
期待しちゃうのかも。


では、つぎ目玉機能である「スマイルシャッター」について。

春モデルのT100、かなり真面目に欲しくて、ヨドバシに通って購入1歩手前まで行った私ですので基本的な機能はT100 でほぼ満足していました。
満足していましたので、「スマイルシャッター」と聞いたときの正直な感想は

「うさんくせ~」

でした。(ごめんなさい、ソニーさん)

当日使ってみると確かに笑うとシャッターが切れました。
微笑でも、大笑いでも・・・!!


会場では、そこここで笑顔にサイバーショットを向ける光景が!


自分の笑顔でも確認できるように、サイバーショットに写っている映像を大きな液晶で見られるようになっていました。
ここで、一人、いろんな顔で笑ってみせる自分・・・・。

となりに人がきたら、顔を認識知る白い四角い枠が2つに!
あせって、ソニーの方に

「二人認識して、片方しか笑わなかったらどうなるんですか?」

と聞いたら、どちらを優先するか任意で選べるということでした。
なるほど~。


「スマイルシャッターなんてなくても、笑ったらシャッター切ればいいじゃん」

と思われる向きもいらっしゃるでしょう。私もそう思ってました^^;。
でも、意外と、と言ったら失礼かもしれませんが、面白いです、スマイルシャッター。

カメラ任せな分、カメラが笑顔をどう認識するのかと言うカメラの機能としての面白さも
もちろんですが、この機能を使いながらだと、撮る方にも撮られる方にも会話が増えて
面白い!コミュニケーションが増える機能ですね~。


さらに・・・WADA-blogさんの記事 を読んでいて「これはいい」と思った機能が!

ピントを合わせたい場所をタッチパネルでタッチするとそこにピントが合う機能!

これはいいと思いますよ~。
わたし、この機能が一番今回の秋のサイバーショットで一番気なる機能です。
半押ししなくて、いいってことだと思うので、「半押し」が苦手な人にはうってつけかと。


それと、再生したときの画像削除機能。
これまでは、一枚削除か全画像削除のみの削除機能のデジカメが多かったと思うのですが、私自身がそれにすごくストレスを感じていたので、タッチパネルは嫌いですが、
いらない画像をタッチしていって、一気に削除できるこの機能がついているなら、
「タッチパネルでもいいじゃん」
と思えてしまうかも!
この機能は、今後発売していくカメラにも是非つけてほしいなぁ~。


そして、Cyber-Shot H3

ホールディングは良さそうだけど、なぜH3なのか?
これまでHシリーズは、H5→H7と来ていたのが、数字だけ見ると戻ったような?

CANONのPowerShotG9 とか RicohのGR Digita lのような高級コンパクトデジカメの路線かと思ったんだけど、それと違うような・・・・。
Hシリーズの中の廉価版と見るべき???私の中ではサイバーショットの中でも微妙な
立ち位置のカメラですね。
もうちょっと、明るいレンズがついてると魅力的だけど、そうなると値段が上がっちゃうだろうなぁ。



サイバーショット付属品などなど一覧展示。

コンデジは春にT100とどっちにしようかと迷って買ったRicohのGX100にぞっこんで
いまのところ浮気心が起きないので意外とシビアな視線になってるかもです。

でも、タッチしたところにピントが合う機能と選択した画像を削除できる機能がすごくいいなと思った見たり。。。


削除の機能とかは、真面目にすごく不便に思っていたのに「でも、そういうもんなのよ」と
自分を納得させて一枚ずつ削除したりしてたのを、こうして機能として盛り込んでくる!
開発の方々ってすごいですよね~。

個人的には、来年の春モデルくらいでいいですから、G9GR Digita lのような

「メーカーとしての本気のコンパクトデジカメ」


(別にT200 とか本気じゃないと言ってるわけでなく)普及機じゃなくて、いわゆるハイエンドユーザー向けのこだわりの結集カメラ、みたいなやつ!をソニーさんが作ってくれることを期待したいです。

是非、お願いします!!!



++++++++++



今回のSony Dealer Conventionは、見てきた商品が多かったので少し短めなレビューを思ってたのに、あれよあれよと長くなってしまいました。

カメラ編、一回で終わらせるはずでしたが、長くなったので続きます・・・。


++++++++++
AD

妄想モードのまま、Blu-Ray discのブースに突入です。

私にとって、まだまだ高嶺(高値(笑))の花であるBlu-Ray Discレコーダー。
当日発表された新製品も展示されていました。

いずれも、市場設定価格が14万円~20万円。
DVDレコーダーに比べて、かなりお高め。

昨年冬に勢いでハイビジョンハンディカム(SR-1)を買ったのはいいのですが、
我が家の再生環境ははいまだブラウン管&DVDレコーダー。
いまだその恩恵を自宅で感じることはありません(涙、涙・・・・)
PCのハードディスクにたまるだけの映像データ達。

ハイビジョンハンディカムを買ったときから欲しいのは、ハイビジョンテレビ&ブルーレイディスクレコーダーなのですが、テレビはまだ手も出せそうな気がするのですが
まだブルーレイディスクレコーダーは手を出したくなる値段設定にならない。

「なんとか10万以下にならないでしょうか?」

とココで問いかけてみる・・・誰にだ??


そして、映画のDVDなどをよく見る方には注目すべきポイントなのかと思いますが
24P True Cinemaという機能で、これまで毎秒60コマという実際の撮影時とはことなる
再現をしていたものが、実際の撮影時と同じ毎秒24コマでの再現が可能となり、
より忠実に映画の映像の再現が出来るようになったそうです。
このあたりの機能は、他社製品とかでも最近つけてきてるとこもありましたが、
Sonyさんでもつけてきました。


私自身はあまり映画のDVDは見ないので、どちらかというと上の写真で触れている
「写真もきれいにフルハイビジョン再生」

の方に興味が惹かれました。

これならピントの確認も楽そうです。
写真のアラもよく見えるでしょうけど、やっぱり大画面で見てみたい!

ブラビアといい、ブルーレイディスクレコーダーといい、ロケーションフリー(ごめんなさい、この機能は時間の関係であまりきちんと見てないので何も書けません。)といい、
つなげて楽しむハイビジョンといった感じでしょうか?

・・・・・・全部自宅でつなげてみたい・・・・・・・


ということで、急ぎ足で次のブースに進みます!



++++++++++



がんばってブルーレイディスクレコーダーだけ買っても、
テレビがブラウン管だったらしょうがない。
宝くじ当たらないかな。


++++++++++

AD
ブラビア&ブルーレイディスクブース
次に足を勧めると、イメージカラーを赤と青で2分した会場。
赤がBRAVIA、青がBlu-Ray Discのイメージカラー。

すごいのは、この会場、パッと見、結構人が入っていそうに見えますが
その実、ほとんどが商品説明のためにいらっしゃるSONYの社員の方々。
お客さんというか、見せていただいているのはブロガーの約40名だけ。
なんとも贅沢な空間です。

いざ突入!!

新ブラビア70インチ
新型BRAVIA 70インチです。
この写真じゃ伝わらないかもですが、真ん中右寄りにボトルとグラスが置いてあるので
その辺で大きさを感じてくださいませ。
TVにはあまり詳しくない私にも、以前のBRAVIAより色が豊かになったのが
わかります。

特徴としては

・ハイビジョンを100%再現*1「フルHD10bitソニーパネル*2*3
ハイビジョンをより美しく「ブラビアエンジンプロ
・より本物に近い色の深みや鮮やかさ
「トリルミナス」
動画をなめらかに再現「モーションフロー」
TVリモコンで周辺機器をかんたん操作「ブラビアリンク」
気になる情報をテレビで確認「アプリキャスト」


などなどが、一部旧製品との比較を交えながら展示されていました。

技術的なさらに詳しい説明とかはこちら にてどうぞ。。



ブラビアリンク展示コーナー
そして、↑こちらのブースで、私が一番気になったもの・・・・、
それが下の写真のこれです。
気になるリモコン

ただのリモコンです。
でも、これでテレビもBlu-Ray Discもこれで操作できるんです!!

テレビやらDVDレコーダーのリモコンやら、とっかえひっかえで使う必要がなくて
これひとつでOKなんです。
この機能、いいなぁ・・・・。

正直なところ、70インチのテレビはそれを置いておけるスペース&それなりの距離を取れるスペースがないと見づらい(置きづらい)気がするので、ネコの額のようなアパートに住む我が家には、買ったとしても宝の持ち腐れだろうから、46~50インチの大きさの
ものに惹かれました。

つぎに買いなおすときは、いっそ全部SONY製品で揃えて、リモコンひとつで・・・・
なんて気になっちゃいそうになりました。
一気に買いなおすお金なんてないのに、そろそろ妄想モードに・・・・。

妄想モードのまま、Blu-Ray Discのブースへ進みます!


++++++++++


すでにこのあたりで他の人の見るスピードに置いていかれてます^^;。
詳しくないくせに説明聞きたがり性です・・・。


++++++++++
AD



さて、会場入りして最初の展示は参考商品の有機ELテレビ。

とにかく薄いです。
上の写真では、参考までに私の指を写しこんでますが、私の指の太さが普通の女性の1.5倍くらいと考えていただいても、このテレビの薄さは特筆に当たると思います。

ちなみに

自発光方式による薄型テレビの進化系
・パネル最薄部約3mm
・圧倒的な黒表現。高コントラスト比 100万:1 以上
・色鮮やかな映像を映し出す、高い色再現性
・輝きを忠実に再現する、高いピーク輝度
・早い動きでも滑らかに映し出す、動画応答性


との説明がついていました。
ソニー独自のSuper Top Emission技術をもって、上に書いたようなことを実現しているそうです。
技術的なことをもっといろいろご説明いただきましたが・・・途中から??の状態にorz。
そのあたりはWEB上にもいろいろと説明しているサイトもありますので、興味がある方は
検索してみてください!


(有機ELテレビで映し出された映像)

技術的なことはさっぱりな私ですが・・・
映し出された画像には本当に鮮やかでシャープな印象を感じました。
プラズマテレビっぽいような、それよりも鮮やかなような・・・。
引き締まった色というのか、鮮やかな発色というのか、とにかくきれいでした。

たぶん、発売当初はそれなりのお値段がすると思いますが、例の地上波への切り替えのときまでにお安くなるようだと、欲しいと思う人は結構いるはず。
というか、私が欲しい・・・。
日本の狭い居室には、この薄い有機ELテレビで壁にかけられるようなタイプだとスペースの節約にもなるし、なによりすっきりとした感じがいい。
いっそのこと、電源ケーブルとかも不要で、ぴょんと壁に掛けるだけ、後は何もついていない、みたいな形になると嬉しいと思ってみたりしました。
(電源ケーブルナシっていうのは・・・無理かなぁ。)

ノートパソコンの画面にもいずれこれだけ薄くて軽いものがつく日が来るのかな?
きっとそんなに遠くないはず!!



27型有機ELテレビ


++++++++++


最初のブースで、軽く?ジャブをもらいました。
私の中の物欲メーターの針がゆらゆら動いたような気がします。

(まだ発売していないので、ゆらゆらなのですが(笑))



あー、重さを確かめるためにちょっと持ち上げてみればよかった・・・

このサイズで見た目どおりの重さだったら、家の中で気軽に持ち運べる!


++++++++++

会場入り口

Sony Dealer Convention 2007 より戻って来ました。

書きたいことは山ほどです!
頭の整理があまりうまく出来ないほうなので、あっちもこっちもてんこ盛りになりそう。
いきなり結論から言ってしまいますが、楽しかった!とにかく楽しかった!!

毎年、ソニー製品の販売店向けに行われているこの見本市を今年から
一部一般の顧客(Sony Styleで抽選) と、それとは別にブロガー向けにも公開していただけることになり、今回、私はSony Styleさんでの抽選には見事落選だったのですが、
春にMONO-PORTALさん の企画でピクチャーステーションDPP-FP90のモニター をやらせていただいたご縁で参加をさせていただけることになりました。(嬉しい♪)

ということでブロガー枠で参加させていただいたのですが、事前の説明では

ん?見えませんか??


「何を書いていただいても自由です」

その上・・・・(むしろ、こちらの方が驚くべきことのような気もするのですが)

「もちろん、何も書かなくてもOKです」

ブロガーをお招きくださって、書かなくてもOK ??
多分それでも書いちゃうのが、ブロガーの性(サガ)なのをご存知の上?

「ブログに書くこと」をイベント参加の条件にする企画が多い中、
「何も書かなくてもいい」というのはすごくめずらしいお申し出です。

でも、書いちゃいますけど、ね。

そして、何より私を喜ばせたのが、「基本的には写真撮影がOK」ということでした。
一部、撮影不可の掲示がある場所(どこがそうだったのか?興奮しすぎで気づかなかったんですが・・・どこか撮影禁止だったのでしょうか?)、TVなどに映っている映像に関する著作権の問題がある場所などは撮影不可ですが、昨年のこの見本市では前面撮影禁止、とのことでしたので、それでもカメラ3台抱えて新幹線に乗って参加の私にはホントにホントに嬉しかったです!!


会場見取り図をいただき、すでにワクワク状態の私・・・。


事前の説明と昼食が済んだら、いざ会場へ移動です!!

このまま続けると、例によって長くなってしまいそうなので会場に入ってからはこの後に
続きます!!



++++++++++


ご用意いただいた昼食

ここに写っていませんが、スープもおいしかったです♪
ありがとうございました!


++++++++++