ぼちぼち再開します

テーマ:

気がつくと昨年の8月から、なんと半年以上何も投稿していませんでした。


いろいろプライベートでごたごたしまして、いただいたメールなどにもろくにレスできないでおりました。

すみませんm(__)m

やっと落ち着いてきたので、ぼちぼち再開します。

のんびりやっていきます。

数少ない読者の皆様、またよろしくお願いいたします





ニッセン


AD

ついにエアコン導入

テーマ:

この夏ここまで新居にエアコンをつけないで来ましたが、ついにダンナがギブアップ。

エアコン導入となりました。




そんなわけで、この前の週末はヨドバシカメラへ。


エアコン1


私は個人的には、エアコンなくてもいいんですよ。

あればあったで使うけど…。




電気代の請求を見たくないし、特に朝夕はあまり体を冷やしたくないし、夏は少し汗をかく位がちょうどいいかなぁと思っているので。




でも、ダンナはだめなんですよねぇ…。


『アツい、暑い』とうるさい。



そして、どうせ買うならと、3台も購入。




リビングに14畳用のものを1台。

それから、1階の客間になりそうな和室に6畳用1台。

そして、なんだかんだ言いつつ、2階の私の部屋6畳用に1台。




の計3台。30万はいかないものの、かなりの出費ですわ・・・・。



6畳用は工事費込みで4万くらいだからいいんです。諦められる値段。




でもね、14畳用、ある程度の性能のものを思うとどれもこれも15万を下るものがない。

高過ぎ。


今、こうして書きながら、なーんだ、6畳用と8畳用用の安いの2台付ければよかったのか?とか思ったけど、そんなことをしたら電気のブレーカーが飛んじゃうよなぁ…。


カメラとかデジモノとかにかけるお金は惜しくないし、全然平気なんですが、こういう『自分では特に必要ではない』生活用品に大金をかけて買うと、その場でげんなりとなってしまいます。

ダンナには、


『あんた、自分のもの買うときは平気なくせに!!

そうじゃないときに金を使うとげっそりして、すごく感じ悪い!』


と言われてます。





だけど、下がるんですよ。出費額に合わせて。
ライフポイントが・・・・。ゲージがグーンと下がる感じが脳裏によぎる。。。

死ぬかと思った…(大袈裟)




私、人として間違ってますかね??






【母のつぶやき】


今週末に第一弾14畳用が取り付けとなります。

あー、この夏暑くなりますように・・・・。

エアコンかってよかったって、そう思えるくらいに暑くなりますように・・・・(祈)。


それと、知ってました?

ヨドバシの店員さんの話によると、お掃除機能をうたうエアコンが多いですが、あれってフィルターの掃除だけなんだそうです。
ダスキンさんとかが宣伝してるエアコンの掃除は、そのフィルターのさらに内側をやるらしいです。


ってことは、フィルター掃除機能って大したことをしてないのかも?
この機能に、数万円上乗せするなら自分でやった方がよい??


ついでに、このお掃除機能がついたエアコンは、通常の業者のエアコン掃除にはやってもらえないそうです。
なんでも、勝手に開けられないようになっているとか。
うーん、どうなんでしょうね?この機能、ホントに便利なのかしらん??




AD

県庁新庁舎より市役所を望む
<GX100で撮影>


気がつくとほぼ半年もブログを書いていませんでした。
その間に立ち寄ってくださった方、いつも更新してなくてすみませんでした。

この半年の間、個人的にはめまぐるしくいろいろとありまして、
昨年9月に試験を受け、無事合格?。4月から専門学校に通うことになりました。
10月に仕事が変わりました。
年末に家を購入。大晦日まで引越ししていました。
この3月に長男坊が保育園を卒業。
4月には長男坊と私、2人揃って一年生になります。

専門学校は東京にあって、私が住む街からは新幹線通勤となります。
交通費分を毎月どこかで稼げたらな~と。
でないと、家からの持ち出しになってちょっと負担が大きすぎです。
鈍行列車でも通えない距離ではないのですが、時間的な負担が大きくて、
我が家の場合、まだ大きくない子供たちのことを考えるとベストの選択とは
いえないのです。

そんなこんなでいろいろ考えてバタバタと足掻いていたら、あっという間に
時間だけが過ぎ、引っ越した後の家の家具もいまだきちんと揃っておらず、
4月からの生活もまだどんなふうになるかわかっておらず・・・
足元がおぼつかない感じになっています。

このブログも「派遣ママの・・・」と銘打っていますが、
4月からは当面生活に慣れるまでは派遣ママではなくなるかも、です。
一人身だったら、いくらでも無理が利くのですが遠距離の上に子供がまだ
小さいので いきなりブンブンぶっ飛ばしていくわけにもいかないので。
そうなるといっそ、ブログもお引越し?と考えたりもするのですが、
さぼりさぼりも 3年半書いてきたブログで、いざ引っ越すとなると
愛着があったりして・・・。

何もかもが中途半端のまま、決めかねてウロウロとしています。

とはいえ、書きたいこともすこしずつ溜まってきたので、当面の間はこのブログで、
(もしかしたらいずれお引越しするかもですが)ぽつぽつと書き続けて行きたいと
思っています。
4月からはまた当面、地元駅まで自転車通勤(いまは自動車通勤)になるので
ちゃりんこフォトもアップしていけるかな、と思っています。

たいしたことを書いているブログではありませんが、見に来ていただいている方、
どうぞ、またよろしくお願いいたします。


mama

ベルメゾンネット

AD
<愛機GX100で撮影>

昨日は久々に書き込みをしましたが・・・
7月、8月とすっかりブログへの書き込みがご無沙汰となっておりました。

毎年この時期は書き込みが減るんです・・・・。
理由はわかっているんです。


「暑さ」


です。

私のPCが置いてある部屋は、クーラーも扇風機も無い部屋なんです。

「今年こそはせめて扇風機を買おう!」

と毎年夏の初めには心に誓い、今年の夏の初めも誓っていました。

でも、ですね。
今年は扇風機買う前に「こりゃ、扇風機でどうにかなる暑さじゃない」と白旗。。

座っているだけで、汗がだ~らだ~ら、だ~ら。
ふくよかなる私の腹の肉の間からもだ~ら、だ~ら。

書きたいことはたくさんあったんですが、無理でした。

家の中で熱中症、なんてことになるのはちょっと情けないし、避けたかったので・・・。

気がつけば、毎年この時期の書き込みが減ってた。
同じ理由ですね。

とはいえ、さすがに9月に入って、暑い日でも夜はなんとかPCの前に座っていられる
暑さになったのでそろそろブログも再開したいと思います。

カメラの話も書きたいことやら、興味のある新製品の話がたくさん。

実は派遣の仕事も8月末で終了していて、失業中だったり・・・。
そのほか、おいおい書いていこうと思いますが、身辺がいろいろとあわただしくなって
きています。

自分のことやら、自分の興味があることをつらつらと書いていくばかりのブログですが
見に来てくださっている皆様、またよろしくお願いいたします。


ご報告が遅くなりましたがペルセウス座流星群(詳しくは国立天文台のサイトでどうぞ )を見てきました!



いやや・・・・
しょぼい写真をアップしてすみません。流星は全然写ってません。

ナンダカンダ言いつつ、カメラ(今回はCANON EOS Kiss Digital N)を持って行ったのは
いいのですが・・・大きな失敗しました。

夜、そして星の写真を撮るには絶対に必要な「三脚」を忘れました(涙)
私は、バカです。

唯一、これさえあれば、もしかしたら写真きちんと撮れる可能性もあったかもですが、
三脚無いと未熟者の私にはほとんど天体写真は無理です。

ていうか、いいんです、写真撮りに行ったわけじゃないから・・・
と、一人突っ込みでブツブツ言っててすみません。

上の写真は道路にボンとカメラを置いて、撮ったもの。
それも、デジタルカメラで長時間露光なんてしたことないので、カメラの操作すらわからなかったのがホントです(涙)
とりあえず、マニュアルで露光時間30秒が選べたのでそれで撮りました。
バルブの使い方さえ忘れてた~。(そんな自分がかなり悔しい・・・)

あー、写真についてのブツブツはもういいですね。
当日の様子をこの後書いてみます。

++++++++++

家を出たのは、23:30ころ。
一路、日光へ!

日光街道をひたすら北上していく中、最初に叫び声をあげたのは6歳にして、夜が強くて
(なかなか寝てくれなくて、という意味で(笑))親に悲鳴をあげさせている長男坊。
走行中の車の窓を開けて、空を見上げ、


「おとーさん、おかーさん、すごい、すごいよ。星がいっぱいだ!!!


うふふ、長男よ。
すごいだろ~、でもね、まだここ日光市内だよ・・・・。

と思っていた私。
だけど、ホント、日光の市内でも全然宇都宮よりも星がきれいです。

そこからいろは坂に入り、とりあえず最初に明智平に入り、最初の停車。

車から出て、最初の一声は

「うわ~っ」

でしたね。
はっきりと天の川が肉眼で見えます。
天の川見るの何年ぶりだろう・・・。家から小一時間でこんなに星が見えるとは!!

この時点で0:30ころ。
長男坊はさすがに限界を超してきたのか異常にハイテンション。

「うわー、うわー!!すげー、すげー!!」
「星がいっぱい、いっぱいだよ!おかーさん!!」
「きれいだね~、うわ~!!」


ココでは車で寝ていた次男坊もかろうじて起きて

「すごいね~、お星様、たくさんだ!!」

と喜んでいました。

しかし、ですね。
明智平は、私的にNG、というか、確かにきれいなんですが、天文ファンだったら確実にNGの場所です。

何故なら!
駐車場の電灯が明るすぎるんです。

ここですっかり満足しているダンナに、

「はい、じゃ、もっと上にお願い!」

と当たり前のように指示して、更に上へ!

そして、一路戦場ヶ原へ!

戦場ヶ原に着くと、なんと霧が(涙)
前すら、数mしか見えません・・・・・・・・・。

ただ、そこではUターンが出来ないため、戦場ヶ原の一番奥の駐車場まで行くか、ということになったのですが、なんと奥の方は霧が晴れています。

ほんの数百m?数Km?のことなのに、この違い、これが自然の不思議ですよね。


「よっしゃ!ココで見よう!」

ということで駐車場に入っていくと、この時間にはおよそ考えられないような車の数!


おお!やはり、天文ファンはココか!!!


と、思った瞬間・・・

「さっさと駐車出来るスペース決めて、車のライト消して!」
「今、私たちはここでは世にも迷惑な奴らよ!!」


と反射的にダンナに叫んでいた私。

どうしてかというと、早々たる望遠鏡やら、カメラやらを並べている人たちがたくさんいたんです。
上でもちょっと書きましたが、天文写真というのは暗ーい中でわずかな光である星をとるのでカメラのシャッターを長時間開きっぱなしにして、そのわずかな光を拾うのですが、
そこに車のライトのような明るい光が入ってくると、一瞬にしてその写真は真っ白、という
ことがおきかねないのです。

そそくさと駐車場の奥へ行き、車外へ。








もう、ですね。
ため息しか出ませんでした、ホント。

星が降ってくるようです。

街にいると、明るい星しか見えないので、星座をたどるのは簡単なんですが、こう星がたくさんあって、それもどれもこれも明るく見えるとブランク長すぎ未熟者エセ天文ファンの私には星座をたどることすら難しくなってきます。

しかし・・・・ほんとにきれいでした。
こんなにきれいに見えるとは思ってもみませんでした。

独身のときにこんなところに連れてこられたら、それだけでも落ちそうな(何が?)・・・・。
何とも言えないような星空でした。

ただですね・・・ここ、下界と違うことがひとつ。


「寒い」んです。


下界は猛暑で熱帯夜なのに・・・とにかく寒いんです。
がっつり天文ファンと見られる人たちは、寝袋に毛布、持ってきて着込んでます。

もしや、と思って子供の長袖トレーナーは持ってきたんですが、親である私とダンナは全くの無防備、ホント無防備です(涙)


でも、ここまで来て、流星を見ないで帰るわけには行きません!!

耐えること約2時間・・・・。
ピークを一日過ぎていたので、「バンバン飛ぶ」という感じじゃないにしても普通では考えられないくらいの明るい流星が、ぴゅー。ぴゅー。と飛びます。
少なくとも私が見られただけでも5分に1回は飛んでいたと思います。
自分がキャッチできなくても、駐車場のいろいろなとこから

「あ、とんだ!」
「おおっ」
「あ!」

とか、あちこちから声が上がるので、見逃しているものがあるのも良くわかります(笑)


次男坊は戦場ヶ原に着いたときはすでに眠りの国の住人。
ダンナは小一時間付き合って、寒さに耐え切れず車内へ。

そして。。。長男坊は2時半まで私に付き合って、夜空を見上げ、流れ星を見ては

「おお~!!」

と声を上げてました。
こんな時間に起こしてていいんだろうか?と複雑な気分ではありましたが、それでも
この光景を息子と楽しめてやっぱり嬉しかったりしました。

何事も経験!
お金がたくさんかかることはあまりさせてあげられないけど、こういう体験だったらいくらでもさせてあげられるわけですから、今回長男坊にだけでもこの流星群を見せてあげられてホント良かった!と思う私です。

長男坊よ、純粋な目で夜空を見上げる貴方の横で

「金持ち、金持ち、金持ち・・・・・・」

と邪まな星へのお願いをつぶやいていた母を許せよ!
そして、君が大人になったら、彼女を連れてくるといいよ(笑)


++++++++++


そんなこんなで、たくさん霜降り脂肪がついた私の身体が芯から冷え切る頃

「そろそろ、帰らせて~」

というダンナの呼びかけで帰ってきました。
いや、寒かった~。

寒かったけど、きれいだった・・・・。


満足、満足!!!の一夜でした!!

次の大きな流星群は、12月のしし座流星群だったと思いますが・・・・・
12月の深夜の戦場ヶ原、かなりの装備をしていっても凍えそう、ですね。
むーん。


つぎの天文イベントは、今月28日の月食です。
興味がある方は、是非!


++++++++++

一般の、天文ファンじゃない方には馴染みが無いと思いますが、年鑑の天文イベントが掲載されている天文年鑑 という本が毎年出ています。
(天文のイベントって、ほんとに大きいものはTVなどでも取り上げられますが、それ以外もいろいろ起きています。)


天文年鑑2007年版
天文年鑑2007年版
posted with amazlet on 07.08.18
天文年鑑編集委員会
誠文堂新光社 (2006/11/24)
売り上げランキング: 104544



ペルセウス座流星群

テーマ:
かつて、中学生の頃、天文少女だった私。

歳をとるにつれて、夜空を見上げる余裕もなくなってきておりましたが
本日一念発起!!

どうも、今日の明け方が最高のピークだったようですが・・・・

これから、街の灯のない山の中にペルセウス座流星群を見に行ってきます!

昔見たときは、東京に程近い千葉県の街中でもガンガン飛んでましたので・・・
真っ暗な山の中といえば、否が応でも期待だけはすごく膨らんできます。

子供たちを引き連れて、いざ!行ってきま~す。


++++++++++

カメラは一応持っていきますが、デジタルカメラで夜空を撮ったことが無いので
あまり積極的には撮らない予定。

肉眼に焼き付けて、帰ってくる予定です(笑)

+++++++++++

雨続きのため・・・

テーマ:
しかし、今年の梅雨は見事なまでの雨続き。

何が困るって、とにかく洗濯物がカラッと乾かないこと。
今日もこの後、3回分の洗濯物をコインランドリーに突っ込みに行ってきます。



天気予報を見ると、私の住んでいる街は週中過ぎには太陽が拝めそう。

こんな雨なのに、我が家には人数分の傘が無い・・・・。
ダンナも私も忘れ物しやすいのもあるんだと思いますが、地方暮らしだと車通勤がメインなのでよっぽどの雨じゃないと傘がなくてもなんとかなるせいかも・・・。

でも、さすがにこの雨続き、私は自転車通勤なのでたまにダンナが傘を乗せたまま、仕事に行ってしまうと泣きそうになるわけで・・・(そんなときはレインコート来て、街中突っ走りますけどね。)

傘、買おうかなぁ・・・っていうか、買え!自分。

この3連休の1~2日目、ダンナの実家に行って、傘が持っていかなくてあきれられてたバカ夫婦。

梅雨は終わりに近づいている(はず)ですが、傘買っておこうかなぁ。

なんて、のんきなことを書いている私ですが、傘も持っていないのに買っちゃいました。

「布団乾燥機」


布団がなんとなくジメっとしてるというのもそうですが、簡単な衣類乾燥もできるというのが魅力でつい・・・(^^ゞ
使い心地はまた後ほどレポートしますね~。


しかし、ここまで晴れないとホント、真面目に太陽が見たくなります。

++++++++++

今朝の地震で新潟・長野はいろいろと大変そうな報道がされています。
せめて、雨が続きませんように・・・。

++++++++++




三連休の初日~2日目、ダンナの実家に行って来ました。

ダンナが実家の近くで飲み会があったこと、家の米のストックが切れたのでお米をいただきにいくこと、そして日曜日に行われる夏祭りを見る・・・というのが目的でした。

ダンナの実家は農家でお米を作っていて、家の周りは稲が青々してすごくきれいだった。
(見惚れて、写真撮り忘れ)

しかし、日曜日はあいにくの台風。(雨、じゃなくて台風ですよ、台風)
風が吹き、雨が降りしていたのに、午後になって、ふっと小降りになり、風が弱くなったら
お囃子の音が聞こえてきたので、身重の義姉とダンナと私と子供たち(5人)と一緒に
早速神社へGO!!!

お囃子
普段の年は、おみこしと一緒に練り歩くお囃子のみなさんも今年は神社で。
こういう光景を見るとなんとなく皆自分より年上に見えてくるんだけど、なんと!だんなの
同級生もいたらしい。
欲目じゃないと思うけど?、ダンナが若く見えたよ~。

我が家の長男坊は、ちょっと弱くなったけどそれでも台風、風の強さに大喜び。
タオルをたなびかせては、大はしゃぎだった。
風に大喜びの長男坊
思い起こせば、私も台風のときに外に出るのが好きな子供だった。
台風が行った後の青空も子供の頃から大好きだった。

ここでもきちんと仕事してるね、DNA。

長男坊は、ちんこがついていること以外は私の小さい頃に生き写し。
それがなんとも、いとおしくもアリ、ときに腹立たしくもアリ(笑)。



子供たちは用意してあったお菓子の袋をもらい、神社の集会所でカキ氷や焼そばなどを振舞ってもらい、大満足。
こういうのって、子供たちはきっと嬉しいし、いい思い出になるんだろうなぁ。

そして、雨脚が強くなってきたので大急ぎで帰ることに。

小5を頭に小3、年長さん×2人、年中さんの5人の子供達、台風の風なんてヘッチャラ。

風の中、嬉しそうに走っていくわけで、それをダラダラ歩く母、私が撮影。
みんな帰るぞ~

神社で義姉の話を聞いていると、この近くのうちは3人子供がいるうちが多いらしく、
少子化はどこ吹く風らしい。それでも
「4人目はうちだけだけどね」と笑っていたけど、なんだかうらやましい気がしたな~。


我が家は多分、年子で男でなんとなく自分が「男腹」なのが実感できたので、勇気も根気もないので2人で打ち止め(笑)

それでも、従兄弟たちと楽しそうに過ごすわが子達を見ながら、

「子供が多いって、楽しいことなんだよな~」

とシミジミ。
育てる苦労が無いから勝手にそう思うのかもしれないけど、でも、ホントなぜか義姉の妊娠が嬉しい私。4人目は男らしいので、女-男-女-男の見事な産み分けもすばらしい!
そして、育っている3人もそれぞれ素直でまっすぐでいい子に育ってる!
子育てにかかるお金のことや、育てる苦労、ホント大変だろうけど、やっぱりすごいな!

息子たちよ、兄弟は2人きりだけど従兄弟がたくさんいてよかったね。
大きくなっても、お互いに行き来が出来るような、そんな従兄弟でいてね。
そんなことを考えたお祭りの午後。

++++++++++++

神社で義姉と話していると、近所のやはり妊婦さんが義姉に話しかけてきたんだけど、
その妊婦さんが

「あ?アレ?せいちゃん??」

とダンナに。

これまたダンナの同級生だったらしい。
ダンナの名前には「せ」も「い」もついていない。

何故「せいちゃん?」

聞いてもダンナは答えず

「俺には関係ないって言うか不可抗力でついたあだ名だ」

だとか・・・。
不可抗力って何じゃ??内緒にされると余計気になる私であります。

+++++++++++

写真はすべてGX100での撮影です。

+++++++++++




岡本 太郎さん

テーマ:
先月実家に遊びに行った際に、ジジババに連れられて市内にある大きな公園に連れて行ってもらった。

ジジババは日夜、遊びに来る孫たちのために市内近郊の子供の遊べる場所の開拓に
いそしんでくれている。



何度か行ったことのあるその公園でしたが、今回初めて気がついたのがこの像。

入り口を入って数十メートルのところにそびえたっています。


??どこかで見たような???

ん~~~?どこだったかな??



台座を見てみると・・・(写真が小さくてわかりづらいでしょうか?)


平和を呼ぶ 岡本 太郎


おお!!!


そっか、どこかで見たような・・・・は大阪万博の「太陽の像」だ!!


なんとなく似てると思いませんか??

同じ人の作った像です、どこかでコンセプトに共通点があるのかな??



こんなところで岡本太郎先生の像を見ることがあろうとは思ってもいなかったので、
ちょっとうれしいような、なぜか得したような気分になった私であります。


100万人のキャンドルナイト

テーマ:

昨晩、100万人のキャンドルナイトのイベントに参加してきました。


(GX100で撮影)

参加、といっても見に行っただけなんですけどね。

子供の保育園でそういうイベントがあると言うことを知って行ってみたのですが、
今回が初めてということではなく、それも全国のあちこちの街で取り組まれている
イベントなんですね~。

100万人のキャンドルナイト


私の説明だと、なんだか声高々といろいろ押し付け調になってしまいそうなので
詳しくは上のリンクで見てみてください。


ひとりひとりのちょっとした気持ちを喚起するイベント、とでも言うのかな?

集まった子供たちはたくさんつけられたキャンドルに喜んでいました。
キャンドルって、なんとなくホコッと温かい気持ちにさせられ癒し効果がある気がします。


私は普段、他のビンボーはいいんですが電気が暗いのだけは許せないタイプ。
家の電球や蛍光灯が暗くなったり、ひとつ切れたりすると即買いに走るタイプ。

毎日に暮らしから電球や蛍光灯の光がなくなるということは考えられないんですけど、
ちょっと一息をつく時間、「楽しむ」という意味でキャンドルで過ごす数時間が、週に1日でも月に数回でもあっていいかな、と思いました。

子供を産んだばかりのときは、いろいろと環境問題も気になったものなのですが、所詮エセエコ意識だったのか、あっという間に普段の生活の便利さに負けてしまったりしていたのですが、あんまり頑張らずにでも今回のキャンドルナイトみたいに楽しみながらの
エコもいいのかな?

いろんな地域でいろんなイベントを開催しているようですが、私が参加した場所では
地元で有名な石を使ったこんなキャンドルが・・・

(GX100で撮影)

大谷石という石を使ったキャンドル立て(っていうのかな?)です。



(GX100で撮影)


「へぇ。いいかも!」
と思った方いらっしゃいましたら、思い立ったときにちょっとの時間でいいと思います、
キャンドルナイト、いかがですか?