下着伝説10選

テーマ:
世の中にお母さんというオンナはいろいろいるけれど、下着の世界では正に十人十色、千差万別、百花撩乱、桃色吐息‥‥。
実はこんなお母さん、いると思います。

   * * * * *

①ブラとショーツが全くチグハグなお母さん!
◆色、柄、素材と三拍子違っていても何の異和感もない。上下を同時に見る事が無いの?

②オールベージュが安心安全なお母さん!
◆ひき出しの中はベージュだらけ。お着換えの時はまるで脱皮してるみたい。

③とにかく伸びるかどうか心配なお母さん!
◆上下左右できれば斜めにも伸びて欲しい。思うように伸びないモノは一切購入しない。

④ビキニショーツが腹下にメリ込んでるお母さん!
◆ご自身で見えるのは出っ腹だけ。脱ぐ時は手探りで見当をつけて引き下ろす。

⑤ブラキャミで楽チンを求めるお母さん!
◆当然ワイヤーも後ろのホックも大嫌い。カップにトップが届かずプカプカ浮遊歩行。

⑥安ければ安いほど満足するお母さん!
◆いつもUやSで御用達。知らぬ間に「アタシって安い下着が似合うオンナ」って事に(;_;)

⑦更年期過ぎてもTバック止めないお母さん!
◆脱衣所で目のやり場に困るのは案外この方。後向きになられる事がとても多いらしい。

⑧ボディスーツでヤセて見える筈のお母さん!
◆よくぞそれに肉体が入りましたねぇと感心。両脚踏んばって股間のスナップと悪戦苦闘。

⑨不在中にこっそり娘の下着を試すお母さん!
◆気持ちだけでも若い時に戻ってみたくて。旧姓で呼ばれてた頃の下着姿は何処?

⑩その顔でその下着かよっていうお母さん!
◆このタイプはセクシーランジェリーに自己陶酔。お好みが容姿とかけ離れていて怖い。

   * * * * *

 さて、どれもこれもアタシの勝手でしょという世界なので、誰も文句は言えない、ケチも付けられない。
放っておきましょう。
この都市伝説を遥かに凌ぐ、お母さん達の下着伝説を信じるのも信じないのもアナタ次第!
 もしもこういう現場に出食わす事があったら、そっと見て見ぬ振りをした方がいいですよ。
だって後でどんな祟りが‥‥ギャアア~~!


★おすすめ
カントリー家具&アンティーク雑貨
アンティークさち

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ファッションの豆知識へ
にほんブログ村


50代ファッション ブログランキングへ


顔全体を優しく包んで日焼けを防ぐ帽子。アウトドアやガーデニングで。



AD

浴衣のお約束

テーマ:
 ♪浴衣の君はススキのかんざぁ~しって唄ったのはもう何十年前の事でしょうね。
今や浴衣をゆかたと読める人も少なくなったに違いありません。
辞典によると「夏に着るもめんのひとえ」と有ります。
差し詰め今日ではコットンワンピースを浴衣と呼んでいいのかも。
ハワイアンなものに近付けば近付く程、浴衣というイメージにマッチしますよね。

 ところが実際には、お出かけ用の浴衣を着る事さえままならない代物になってますよね。
言わんや浴衣を着こなすなんて真夏の夜の夢。
着用するだけで誰か他人の助けが必要。
若い娘達のゆかたに下駄なんて、とても新鮮そのもの。
ではお母さん方のゆかた姿はどうでしょう?
何と言ってもお母さん方には、旅館や温泉の浴衣が良く似合う気がします。
風呂上りで上気した顔、頭には備品のタオルを巻いて。
腰にはギリギリの長さで結んだ細い帯。
当然、就寝の時にはそのまま浴衣でお休みになられる訳で。
ところが朝方お目覚めの時には、浴衣は何処へ行ってしまったのか。
細い帯だけが身体に巻き付いているんです。
まるで何か動物が罠に掛かってるみたいで。
でもでも折角の年に一度の夏イベント。
得意の盆踊り大会には何が何でもゆかたで出かけたいというお母さん。

 さてさて和のオシャレは如何なものでしょう?
先ずは正しいゆかたの着付けを覚えましょ。
そして忘れてはならないポイントは襟足の出し方なんです。
衣紋(首の後ろの衿)はこぶし一つ分抜けているのがベスト。
ぴったりしてるとお子ちゃまに、抜き過ぎるとプロの女性に見られてしまいますよ。
それと着くずれを直す方法も覚えておいて。
衿は下に引っ張らず斜め上に引く。
鎖骨が隠れる位のあきを保つようにね。
帯はどうしても下ってくるものなんで、中央辺りを片手で押えて空いてる手を帯下に入れて後ろに引きながら上へ引っ張ります。

 さあさあ普段とはまるで違う和風お母さんの出来上り~!
そうそう大柄で短髪のお母さんは、幕下力士の日常スタイルに見えない事をお祈りして。


にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ファッションの豆知識へ
にほんブログ村


50代ファッション ブログランキングへ


顔全体を優しく包んで日焼けを防ぐ帽子。アウトドアやガーデニングで。



AD

えっ!ショートカットなの?

テーマ:
「ア~ァもう暑いなぁ!」って時に、半ば衝動的に髪を切ろうかしらなんて思いません?
今より短くしたらきっと涼しいよなぁなんて。
昨日迄平凡な毎日を過ごしていたお母さんが突然ベリーショートにされるのって、ホント衝撃的ですよね。
いや、むしろ怖いと言っていいかも知れない。
「何があったんだ?」「一体どうしたんだよ?」という声がアチコチから聞こえて来ます。
しかも「女ヤメたんだ!」「出家?」なんて疑問を湧かせたり。
もし髪をバッサリと切る決心をされた時には、ひとことでいい、隣近所、関係各位に予告をして下さい。
そうでないと、ご本人より周りの者が慣れるのに時間が必要なんです。
何と声を掛けたら良いのかという練習の時間が必要なんですってば。
それにしても、美容室の方は困惑されるんだろうなぁ。
「本当にいいんですかぁ?」と本人よりも心を悩ますのかも。
それとも相撲の断髪式みたいに、お母さんの歴史的瞬間に立ち会う秘かな喜びでもあるんでしょうか?
 中にはベリーショートが凄く似合われるお母さんもいらっしゃいます。
極めて稀なことですけどね。
一般的にはどうしたって、あの女性歌手のドングリカットに見えてしまいます。
手持ちの服が何もかも似合わなくなって、唯一似合うのはパジャマにしてるスエットの上下だけなんて事に。
下手にスカートなんか穿くと、今度は女装したオヤジと間違われたりして。
中高年のベリーショートは危ない、危ない!
 どうしても髪を短くしたいお母さんにオススメなのはショートボブでしょ!
髪を短くすると、不思議と誰でも可愛いく軽快にそして若く見られますよね。
サイドに流れるように手櫛で動きを作りましょ。
まるでそよ風が通り抜けて行ったみたいなふわふわ感が出せるとより素敵。
キッチリと首筋を見せて下さい。
より一層お母さんの女らしさが匂います。
ショートボブでもう少しオンナを続けましょ!

にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ファッションの豆知識へ
にほんブログ村


50代ファッション ブログランキングへ


顔全体を優しく包んで日焼けを防ぐ帽子。アウトドアやガーデニングで。



AD

スエットって奴は!

テーマ:
トレーナーって実は日本語だって知ってましたぁ?
そう日本のアパレルメーカーのひとつが勝手に言い出したんですよ。正しくはスエットシャツなんだけど、今では略してスエットって呼んでますよね。

 誰でも一度は着たことがあると思うんです。
学校の体育の時間や運動をする時にね。
綿のパイル地なんで肌触りは悪くない。
しかも洗濯機でガンガン洗えるし。
言ってみればバスタオルを着てるみたいな?
だからコイツをオシャレに着ようとするのは大変難しいことなんです。
どうしたってただの運動オバサンに見えてしまうんですから。
アタシは違うわよと言い張っても、ちゃんとそう見えてるんです。
誰もそう言わないだけのこと。
ホラ、あろう事か子供が着古したヤツを平然と、しかも堂々と着てらっしゃるお母さん。
おまけに左胸には我子の出身校名迄入ってる。
スエットでオシャレに見せようなんて土台無理なんです。
どんなに上品に着ようとしたって所詮は運動着なんだもの。

 ところがファッション雑誌は言うんです。
スエットこそ大人カジュアルの新定番だと。
セーターやカーディガン代わりになるんだと。
例えばTシャツではなく半袖スエットを着れば、ご近所エリアを出てお出かけ着に出来ますよって。
前がファスナー開きでフードが付いたパーカなんて何にでも合わせ易く意外と使えるなんて。
大マジですかぁ?
かなりのオシャレ上級者が、わざとコーディネイトを崩す為のお遊びだったらいいのかも知れない。
だけど普通のお母さんが着ても、ファッション誌みたいに見えないし。

 気軽に着れていいんだけどねぇ。
ホント、スエットって奴は嫌な奴。
うっかり手を出すと痛い目にあってしまう。
せいぜいパジャマに使うってのが一番かも。
どうぞ布団の中で思う存分暴れて下さい。


にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ファッションの豆知識へ
にほんブログ村


50代ファッション ブログランキングへ


顔全体を優しく包んで日焼けを防ぐ帽子。アウトドアやガーデニングで。



下着の干し方

テーマ:
その着こなしや身に付けているモノなどで、大体そのお母さんの事柄が分かる気がします。
いや案外それ以上に分かるのは下着の干し方かも知れませんね。

悪の壱)ショーツの一夜干し
股のところを洗濯バサミで摘んで逆さに吊るす法。
まるで魚やイカを干してあるようで、とても大切なトコロを隠すモノとは思えない・・・。

悪の弐)ブラジャーの丸干し
ホックのところを洗濯バサミで挟んで、そのまま一直線に下へ垂らす法。
風の無い日の鯉のぼり状態で、型崩れなんて一切気にしない・・・。

悪の参)パンストのねじり干し
風に吹かれて引っ掛かり伝線しないように、両足を撚って一本のねじり鉢巻きにする法。
大きなツイストドーナツみたいで・・・。

悪の四)地引き網干し
下着類混在のネットをそのまま吊るす法。
中に何が入ってるのか分からないまま浜に引き上げた地引き網同様の大胆さ・・・。

以上の干し方をしているお母さん方は、オシャレから最も遠い位置にいらっしゃるのではないで
しょうか?
肌に直接触れるモノをぞんざいに扱うお母さん、あなたの干し方は間違っているとは敢えて申
しませんが、ア~ァこの習性は娘さんにちゃんと遺伝するんですよね。

では、

善の壱)合戦陣幕干し
タオル等で廻りを囲み、何が干してあるかを一切明かさない法。
一体どんな凄いモノが干してあるのかと却って気にされたり・・・。

善の弐)伝家のお宝干し
何がなんでも人目に晒してはならない法。
一番美的な干し方かも知れませんが、客間とリビングだけは絶対に避けて下さいませ。
どうか、どうか各々方。
下着を大切に取り扱おうではありませぬか。
下着虐待など以ての他成り~!


にほんブログ村 ファッションブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ファッションの豆知識へ
にほんブログ村


50代ファッション ブログランキングへ


顔全体を優しく包んで日焼けを防ぐ帽子。アウトドアやガーデニングで。