私も家族も大好きになる♡幸せなおウチの作り方 東京・葛飾 Happy Family

普通に幸せな家庭って、どうやって作っていったらいいの
?わからなくて、自分から幸せを壊すようなことをしていませんか?結婚生活に不安があっても、あなたはあなたの家庭を築いていけるよ、とお伝えしていきます。You can make a happy family!


テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

毎日、アメンバー申請をありがとうございます!

このブログのアメンバーさまは、基本的に「相手に知らせる形」で読者登録してくださった女性に限らせていただいています。

アメンバー登録の際に、そのように表示されているはずなのですが、なかなか伝わっていないようで・・・

これからアメンバー登録いただく方は、ご協力をよろしくお願いしますね☆

(定期的にアメンバーの見直しをしておりますので、一度承認しても、読者登録の確認できない方は削除させていただくことがあります)

・・・・・・・・・・

今朝もメッセージの一部をご紹介したのですが、私がいただくメッセージの中で多いのが

「どうしても夫を疑ってしまいます」

とか

「信じたいのに、過去に裏切られたことが忘れられません」

というものです。

う~~~ん

私はね、鈍感力に長けているので(笑)

よっぽど決定的なことがないと、浮気に気づかないタイプだと思います^^;

でもね、

「信じていたけどウソだった」

「裏切られた」


と感じる出来事は、けっこう重く、心の中に居座りますよね…

ということはわかります。


そしてね、

また傷つきたくない!」

と、自分の心を守るようになっていくので

自分を守ると同時に、

いつもいつも夫の行動を見張っては

「なんか、あやしくない…?」

って、過去の出来事と照らし合わせて、

必死に脳内を検索してしまう。

もうね、検索エンジンがずっと動きっぱなし。

そんな状態じゃ、寝ていても眠れない、みたいなになって…

どんどん疲れて、疲弊していったりします。

お子さんがいる場合は、子どもに優しく接する余裕も気力も無くなってしまったりするよね。

うたがう方も、ツラいよね…

そこでね…

今日は、偶然に見つけた本をご紹介しますね。


テーマはズバリ

浮気された経験との上手な付き合い方】


しかし…「捨てられ女」ってさぁ~

ちょっと(いや、だいぶ)タイトルが難だなぁと思うのだけど、いい内容なので、内容を取ります…!

⇩こちらのサイトの試し読みが、一番量が多かったのでご紹介しておきますね。 

捨てられ女の処方箋


ちなみに…

最初のエピソードの方の浮気経験の克服法は、離婚も覚悟の上で、ご自身の怒りをしっかり表現したことでしたよ。

相手の女性も呼び出して話したところ、彼女への気持ちがすーっと引いていった体験なども、漫画で描かれていました。 (後、既婚者へのアプローチの仕方とか、ね^^;)

ぜひ読んでみてね。

それからね、著者の方のインタビューが載っているサイトも見つけました。

著者インタビュー
浮気された経験との上手な付き合い方

著者も、自身の夫の浮気で、離婚寸前のエピソードをコミック化している方。

浮気の過去を消化できている方のみにインタビューしたそうです。
⇧ここにこだわるの、大事ですよね。

恨みを超えたところにあるものを知りたかったそうです。



心の傷としっかり向き合って、心の中で区切りをつけ、一歩先に進みたい方にオススメします。

捨てられ女の処方せん/ワニブックス

¥価格不明
Amazon.co.jp
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
こんにちは、竹内まゆみです。

アメンバー申請とともにご丁寧なメッセージをいただき、ありがとうございます!

勇気をもらっています。
朝起きて、一番にチェックするのがまゆみ様のブログです。
よろしくお願いします


というメッセージをいただきました。

朝起きて、一番に…だなんて、とってもうれしいです。
ありがとうございます!
私も、励みになります^^


私は、元地方公務員だったので、公務員の方も結構いらっしゃいますね。

私ね…

現役で勤務中に、定年が65歳になる、と聞いて、もう、心折れましたのよ~~~

40歳で、あと半分だ!と思ったら、あと25年…

もう無理~~~って、ね。

「もし私が、公務員として働き続ける以外の、違う人生を歩んでいいのなら…

人生の後半は、新しい人生を経験してみたい」

と思いましたね~。

(願いは叶いました^^)



今日ね、娘と一緒に、昼食のパンを買いに行って、そのパン屋さんは、外に椅子とテーブルがあるのね。

で、無料のコーヒーもあるの。

そこで、娘とお茶していたら…

お隣に、生後数ヶ月の赤ちゃんを連れた、30代前半くらいのご夫婦が座っていて。

多分、飼い主さんがお買い物中の、繋がれた犬を見ながら

「この子が大学を卒業したら、犬を買いたいなぁ~~~」

って。

「その頃には、お金かからなくなるよね。」

って言っていて。

赤ちゃん、生まれたばっかりなんですよ?

すっごい気の長いご夫婦だな~と思いました。

堅実…!

若い人の方が物欲が少ない、と聞くけど、なるほどね~と思いました。

私、バブルをちょっとかじっている世代なのでね^^;

短大卒で、就職氷河期になる前の世代…!

(四大卒の友達はすでに新卒採用が減っていた。この2年の差は大きかったのよ~)

そんな時代背景も、願望の持ち方とか、価値観の優先順位に影響していると思っています。


でさ、私は、今を楽しみたくて、安定した仕事を手放したタイプ。

夫も、会社命だったのを、40歳の時に、家庭中心に切り替えたの。


保育士の先輩でも、今、元気なうちに旅行したり、家族で楽しみたい、と、50歳くらいで退職する方もいて。

60歳過ぎて、やっと定年したら、旦那さんが亡くなってしまった…という方も、何人か知っている。


だからね~~~

あんまり先のことは置いといて、今をどう生きたいのか?

真剣に考えることって、大事なことだと思うのよ。


個人的には、岸見先生のこの新刊を楽しみにしています。

仕事のための人生ではなくて、幸せに生きるための働き方。

あなたも、考えてみませんか…?

アドラーに学ぶ よく生きるために働くということ (ベスト新書)/ベストセラーズ

¥842
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
アメンバー申請いただいたみなさま、ありがとうございます。

アメンバー申請の際に条件を表示しておりますが、なぜか?伝わらない方が多いので、こちらでもお伝えさせていただきます。

承認の条件は以下になっております。


・基本的に私に知らせる形で読者登録された女性のみ承認しています。
  
相手に知らせない形で登録されている方は、改めて「相手に知らせる」形での読者登録をお願いしております。

申請いただいた方からの読者登録を確認してから、承認致します。

なお、アメンバーは時々見直しさせていただいております。
読者登録のなくなった場合は解除させていただくこともあります。



・ブログをされていない方やプロフィールのない方へ

情報がないと女性かどうか?判断できませんので、申請の際に、自己紹介と私のアメンバー記事を読みたい理由・興味をもたれた理由など、メッセージにてお送りください。

メッセージと共に申請いただけたら承認させていただきます。

ブログもプロフィールもなく、メッセージのないかたは、、承認致しかねます。
承認後も、削除させていただくことがあります。

申請とメッセージは一緒に送っていただかないと、確認ができませんので、ご理解いただけますようよろしくお願い致します。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
えぇっ、そうなの~???

と、読んで驚いた記事を紹介しますね。

ゆっちさんのブログに、こんなことが書いてありました。

「多くの悩める人は、ギブ&テイクで、愛するかどうか決めているので、面倒なことになります。

自分の与える愛と、もらえる愛を天秤にかけて、はかっている。

自分が損をしないようにね。

旦那様が浮気をやめたら、愛す。

旦那様が暴言を吐かなくなったら、愛す。

ってね。」




そうなの?

そうなの?

これを読んでくださっているあなたも、そう思う…?

愛をギブ&テイクだと思うの???



そんなこと、考えたこともなかったよ~~~><


だって、

相手がどうであろうと、自分が愛していない人とは結婚できなくない?

自分から愛せない人とは、暮らせなくない?



一緒にいたくて、結婚するんじゃないの?

私は、デートした後、別々の家に帰るのがずっと寂しかったから、同じ家に帰るっていうだけでうれしかったな~~~


それにさ、

たとえ、困難なことがあったって…

ひとりじゃくじけちゃうことも、2人なら乗り越えられるから、勇気が持てるんじゃないの?

だから、そばにいて、彼がつらいときは応援したいな~って思うのじゃないの?



たとえ、悲しいことがあっても…

その痛みに傷ついたときに(もちろん完璧には理解できなくても)支えてくれる人がいてくれたり、自分が彼にとってそういう存在であるために、一緒にいるんじゃないの?


もし、相手に「結婚はギブ&テイク」と考えられていたら…

私だったら、とっても悲しい…キティちゃん×涙


自分の与える愛と、もらえる愛を天秤にかけて、はかっている。

下矢印この言葉にドキッとした方はぜひ読んでみて~
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
これ、いい話だわ~

「不倫なんて、50歳の妻にはもう関係ない」
と言ったダンナさまの本音は…

下矢印下矢印下矢印
・・・・・・

違うよかーさん。

誰にも相手にされないから、もうよそ見する事ないねって話なんだよ。

これから先は、俺しかいないんだよ。

ずっと俺見て過ごしてくれればいいなぁと思って。

俺もかーさんだけ見てるから。

もう他の人に奪われる危険性がなくなったのだから

安心して二人で生きていけるなぁーって話なのに。

これでも、若い時はずっと心配してたんだよ。

優しい人が現れたら、そっちに行っちゃうんじゃないかってね。


・・・・・・


こういう本音を言い合えたら、どんな熟年夫婦でも、愛はよみがえるのですよ…❤️

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

こちらのブログに「いいね」をたくさんいただき、また、リブログしていただいてありがとうございます♡

{B09852AC-F4F6-4335-BF22-6496D40787F0}

このブログね…

アメンバー記事にしようか、迷ったのよ~。

でも…アメンバーじゃない読者さまもいらっしゃるからね…

ちょっと恥ずかしいなぁと思いつつ、夫婦だからって知らないことあるよね、って話をお伝えしたかったので、夫が高校生の時の話を書きました。

 それでね、その時の話を聞いて言ったんですけど…

「あれ?私たち、もしかしたら結婚してないかも知れないね?」

って…。

高校3年生の夫が、同級生の女の子に告白された時に、私が気になってる、と、思い出してくれたこと。

もし、そこで私のことを思い出していなかったら…?

告白された女の子に対して

「キライなわけじゃないし、まぁいいか」
とか
「付き合ってみたら好きになるかも?」
とか
「彼女いた方がカッコいいし」

とか、何でもいいんだけど、理由を作って

その女の子と付き合っていたら…?


付き合った後で、私と仲良くなったり、「この娘いいかも…」って、意識し出したとしたら…?


ウチの夫のタイプから言うと、

「彼女がいるのに他の女の子が気になるなんて、いけない!」

って、自制心がはたらいたと思うんですよ。

だから、彼女ができた後から私といい雰囲気になったとしても、ヘンなところ真面目というか、奥手というか…で、

「オレは彼女がいるからダメだよ」

と、ちょっとカッコつけて、たしなめるくらいのことはしそうなのよね…。



そんな話をしたら、夫も、

「ああ、たぶん、そうだなぁ」

って。



だからね…  

私たち、結婚どころか、付き合ってさえいないかも???

っていう可能性が浮上いたしまして…


そしたら、そしたら…

この4人の子たちも生まれていないってことで…

{C4D03ADF-B759-4E59-A53E-6C8A3539034A}

そんなこと、もう全く考えられないわけで…

「今があってよかった~

ってね、本気で思いましたよ



そしたら…夫も

「そうだな~。オレ、小さな失敗はたくさんあると思うけど、人生の大きな選択肢のところでは間違えてないな

と言っていました。



私ね…

夫と結婚していなかった可能性なんて

1度も考えたことなかったの…!



でもさ、もしかしたら結婚していなくて、それぞれ別の人生があったのかも…

って思ったら…

そんなこと、人生で初めて想像してみたら…

今があることにゾクッとして…

そして…

結婚って奇跡なんだなぁ~

って思った。



それからね…もうひとつ、ビックリしたことがあって。

私、夫と出逢ってから他の男性を好きになったこともないし、不特定多数の男性にモテたいとか、思ったこともない。

心の中でも、浮気はしていません!

上矢印ここをね…

夫もよくわかってくれていたの。

ビックリしたなぁ~

夫の話を受けて

「私、告白されたことなんて中学生の時、1回だけだよ~」

なんて話していたらね。

「まゆみはね、モテないんじゃないよ。

好きじゃない男から好意を持たれそうになったら、ちゃんと距離を置いたり、それ以上好かれないように気をつけたりしてきたでしょう?

スキを見せないように自分をコントロールできる。

だから男がそれ以上言い寄れないだけ。

そういうことを無意識にしているんだよ。」

と言ってくれて…

私のこと、そんな風に見ていてくれたなんて

これもまた、30年近く、全く知らなかったこと。



もしも…

モテる(男性から言い寄られる)女性の方がいい女!

とか

男性から告白された回数なんかで女性としての価値を図るとしたら…?



私なんてもう全然価値のないことになってしまいます…



何しろ、モテ期なんて、人生で一度も経験ありませんからね~

(モテ期って何ですかみたいな

特に、小学校から高校まで一緒だった友達が、同じ部活内やクラスや…何人にも告白されるタイプだったこともあり、(比べでも仕方ないのに)コンプレックスを感じたこともありました。



でもね、夫が、そういう経験のないところに、私の良さを見出してくれていたっていうことが

私、とってもうれしかったのです…

「私、好きじゃない男の人に好意を持たれそうになったら距離を置いてる」

なぁんて、一度も口にしたこともない。

(いや、自分でもそうしているなんて意識していなかったからね…)



でも、

私が何にも言わなくても、そこまで私のことをわかっていてくれたなんて、すごくよく見ているんだなぁ、って。


これを知ったことは、大きな喜びでした。


ただ…


私が言いたいのは

これは、私に限った話じゃなくて…ということ。



みんなみんな、世のダンナさま方は、奥さまの良さをちゃんとわかっていると思うのですヨ!



だからこそ、世界中でたったひとりの「妻」というポジションに置くのだと思う。

でもね、

その気持ちを

結婚してからも

思い出せるか?
表現できるか?
素直に伝えられるか?

というところは

女性の素直さにかかっていると思うの。

妻が、素直さを忘れてしまっていると、引き出せない。

やっぱり、ダンナさまだって、素直になるのは恥ずかしかったりするからね…


素直になれなくなると、例えば、ダンナさまの前で、心からの笑顔を見せることもできなくなりがち。

いきなり、心の内をさらけ出しなさい、っていうわけじゃなくてね…

ダンナさまの前で、無防備な笑顔を見せるとか…

そんなことからも、少しずつ、ヨロイを外すことができるんしゃないかな?

と思います。


はっ!

ここまで書いて、気づきました。

私がお伝えできるのは

「たったひとりの男性にずっと愛される秘訣」

だなぁって。

たくさんの男性にモテる秘訣は…

全く知りませんから~~~

そこんとこよろしくね

{5D7E9F84-AF53-4645-AEBF-F179EA4744E5}
ニンニン、忍者だよ~

バイバイ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは、竹内まゆみです。

半年講座の受講生さまのステキな体験をご紹介します。

グループ講座ですが、毎日のようにラインでやりとりしていて、課題はそれぞれ、個別対応です。

あのね、みなさん、1回目の時にお聞きした「世界観」が

ひどかったの…

個別の課題とは、その時その時にその方に必要なことで

例えば

「黒い服禁止」
「もっと素直に甘える」
「ダンナさんの顔色をうかがわない」

などなど。

それぞれの課題があるのですが


下にリブログしました、自分を責めがちな彼女には

「ごめんなさい禁止」

とお伝えしました。


なぜかと言うと

ほとんどのごめんなさいは「ありがとう」に変えられるから。

ごめんなさい、とか、すみません、って便利な言葉で。

ありがとうを言うチャンスを逃しているのね。

実際、ありがとう、と言ってもらった方がうれしい場面も多いし、謝るべきときって、ごくわずか。

本当に本当に自分が悪いと思ったら、その時は、許してもらおうとか、何か見返りを求めずに、心から素直に謝ったらいい。

「ごめんなさい」っていう言葉で、その場をおさめようとごまかしたり

「謝るから許して」「謝るから愛して」となってしまったり…

「ごめんなさい」には、クレクレ星人のうばう姿勢が入っていることがある。

うばう姿勢でいると、相手は敏感に察知して「うばわれまい」とする。

そうするとね…

関係を良くしたいと思って謝っているのに、どんどんうまくいかなくなる。

な~んてことになりがち。

だからね…

「ごめんなさい」の乱用をやめてみるだけで、周りに起こる出来事が変わってきたりするのです。

↓彼女のように…

「世界は優しい」体験したのは、本当は優しい世界に住みたいから。
彼女が優しい女性だから。

どんな世界に住みたいか?は、自分で選べるんだよ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは、竹内まゆみです。

 こちらは昨日のちぇちぇ。{9126A6A8-273B-45BA-9E9F-E06DC81AE109}

野球場に降りられたので…記念に♡
 {C4BCE361-3115-499F-B844-96BDF2365ECC}

{639158E9-0A53-49C4-B887-B23E422DA1B7}

ウチので子たち、外が明るいうちは家に入ってきません…

今夜はパパの帰宅も早く、7時まで公園で遊んで~

これから夕飯。

サラダと冷しゃぶと親子丼

写ってないけど大根と豆腐のお味噌汁も。

(なべ敷きが無くて、娘のマンガを敷いている…)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
愛され妻会議からの~~

帰宅して、待っていた夫&子どもたちとさ、すぐに出発!

今日の試合はナイターです

{840B58F9-E1BF-471B-9893-124143DC9B5E}

{FCA41D0F-B96E-46B4-93D8-6F551E75F577}

夏の大会のメンバーに入っていない3年生は今日で引退のため、応援もたくさん集まって盛り上げています…!

さっきは、病気でずっと入院していたチームメイトが、退院してきて、マスクをつけてバッターボックスに立って…

感動の場面でした

みんなものすご~~~く熱いです

でも、重くないの。

明るい

そして、チームワークがホントにいい!

仲間は宝だなぁ~


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。