1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-02-28 22:28:42

新ユニット!!イナバウアー!!

テーマ:ユニット

それは 『無意味な数値』 の最終日、撤収の終わった後の

話である。もちろんフィクションである。


店主    「おい、オトナリ君、君の人気はなかなかだな」


オトナリ氏 「はい、店主。そのとおりです。狙いどおりです」


店主    「なにぃ!狙いどおり?どーゆうことかね?」


オトナリ氏 「作品はあくまでダミー。実は私自身のプロモーションでした」


店主    「そ、そーだったのか?君は宣伝部長なのかと思っていたが・・。

        このことはコウバ長は知っているのかね?」


オトナリ氏 「はい・・・、コウバ長には事後報告ですませましたが快く了承

        してくれました」


店主   「そーか、どーりで小さいブックに君が登場しているわけだ。

       はじめは気づかなかったがね。それで今後の展開なのだが

       どーかね?教えてくれたまえ」


オトナリ氏 「ふふっ!!」


店主   「ふふって!!教えられんかね?」


オトナリ氏 「すいません。まだ教えられません」


店主   「そーだな。うちは箱を貸しただけだからな。でもわかってるな、

       ブレークしたあかつきには・・・・・イナバウアーだぞっ!」


オトナリ氏 「ふふふっ、イナバウアーですね」


店主    「ふふふっ、そうイナバウアーだ」


オトナリ氏  「どーか楽しみにしていてください、イナバウアー」  


店主    「ところでオトナリ君、さっきから何故のけぞっているのかね?」


オトナリ氏  「えーっ!これはイナバウアーですよ。気づいてくださいよ」


店主    「イナバウアーーーーーーーッ!!なんて叫びやすい言葉!!」


オトナリ氏  「イナバウア-!!否バウアー!!ジャックバウアー!!」


店主     「イナバ物置!?まぁいいや。それではご一緒に、せーのー」


店主、オトナリ氏    イナバウアー-----ッ!!!!

                                 

イナバウアーに萌えてる二人であった。これはシリーズなのか?つづく!!

イナバウアーを使いたかっただけ・・・・・・・・・・。


次回 イナバウアースピンをお届けします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-27 15:19:14

トリノ終焉

テーマ:ブログ

トリノ五輪が終わった。

日本人選手の成績うんぬんはここで書くことでもない。


日本勢はともかく充実した大会だったように思える。

(新競技が肩透かしではなく本物だったし)

それよりもなによりも式典は素晴らしかった。

開会式もよかったが閉会式もよかった。


イタリアでのオリンピック、正直不安だった。

イタリア人が段取り命のセレモニーを上手く仕切れるのだろうか?

施設は期間中に建設できるのか?まとまることができるのだろうか?

サッカーを(セリエA)を見て思う。

やることやらないし、時間守らないし、給料払わないし、

暴動起こすし、サッカーつまらないし、その他いっぱい。


結果は逆。そう!!彼らはセレモニー命の人種。!!

トリノ市民の参加型のパフォーマンス、芸術性にとんだ小憎らしい演出。

芸術大国イタリア!お家芸だったのだ。

しかしここまで出来るとは・・。

(サッカーは芸術性もエンターテイメント性もないのだが)


閉会式の模様をTVで観ていた人は少ないと思うが 

いくつか印象に残った物を。


『大道芸』

オリンピックの競技が薄れるほどの演技やパフォーマンス。


『演劇』

セレモニーと演劇が同時進行で行われていた。

演出や構成がいいためかどちらの邪魔にもなっていない。


『選手』

みなさんいい顔をしていた。選手の閉会式参加不参加は

個人の自由なのだろうか?先に帰ってしまう人はどーしてなのだろうか?

競技では苦い思い出でも国家の威信をかけたこの祭典のセレモニーは

めったに体験できるものではないのに。これこそいい思い出になるはずだが。


『イタリア国歌』

今回はじめて聞いた。子供に歌わせるという物凄い技を披露。

これによってメロディーを口ずさめるようになった。

あの可愛い声は耳に残る。ほんとよかった。


『バンクーバー』

オリンピック旗がトリノ市長からバンクーバー市長へ。

そしてカナダのパフォーマー達によるカナダ紹介。

シルクドソレーユが見せに見せる。


『人が飛んでいた』

最大の見せ場だったと思う。

吊るされているわけでもなくほんとに飛んでいた。

下から風を送り込み風力で人を浮かしている。

浮いてる人はスカイダイビングのパラシュートの

開く前の状態に似ている。浮いている人達は

その状態でパフォーマンスを。

ボードの上に立って空中に浮上した人が現れた瞬間は

物凄い歓声があがった。

(アニメの光景だよ、ボードに乗って空飛ぶなんてっ!エウレカッ!!)


『花火』

情熱がテーマの今大会。火を使った演出が多かった。

中でもやっぱり花火が1番。オリンピックスタジアムを

縁取りながら発射される連続花火は圧巻だった。


『市民参加型パフォーマンス』

よく航空写真でやるあの人絵。しかも動画。

凄い。個々の映像が映ると好き勝手動いているように

見えてしまうのだが上空からの映像ではそろっている。

閉会式クライマックスでは

ウエディングドレスを着た女性400人近くがパフォーマンス。

平和の象徴の鳩や、トリノ五輪のロゴマークに。


集団とは別にステージに向かう一人の花嫁。

ステージにあがって、自分の持っていたロウソク?か

なんかを吹き消す。

それと同時に聖火も消えた。なんだかあっという間の出来事。


『ディスコ』

最後は有名アーチストのライブ。

選手達も自由に動ける大ディスコ大会。

日本時間で6時半。ここで中継が終わってしまった。


こんな感じだろうか。

中途半端な中継の切られかたをして少し心残りだ。

あの状態をどうやって締めくくったのだろうか?

そこを知りたい。


4年後のバンクーバー。

これ以上のパフォーマンス、エンターテイメント

を望むことができるだろうか?

今から楽しみにしておこう。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-23 17:25:44

『たこ焼きようかん』を食べよう!!

テーマ:Cafe

なんとっ!!

キャラメル以外にもゲテモノシリーズがあるんですな。

今回ゲットしたお品は・・・・・・・、


『たこ焼きようかん』


ん~、ソース味だー。たこ焼き系のスナック菓子やキャベツ太郎

のようなお味。


しかし甘さは忘れていない。     あまーーーいっ!!


ソースの味はそれで独立しているのだが、

ようかんの触感そのままに砂糖の甘さもダイレクトに伝わる。


いい経験したって感じ。けっして美味いわけではないし、

大量に食べたいわけでもない。かといって

ジンギスカンキャラメルのように吐き出すほどでもない。

(あくまで自分的であって、他人は即出しするかも?)


ソース自体はもともと甘味があるものなので

なんとなく違和感を感じないのかなぁ

と思う今日この頃。


これが『餃子ようかん』だったら・・・・・・、

想像するのも嫌だと思う今日この頃。

甘いニンニク・・・うぇっ。


でも実際に『餃子ようかん』があるらしいから

怖い物食べたさにちょっとチャレンジしたい

今日この頃。


みんなでワイワイ「マジーッ!!」って

言いながら試食したい今日この頃であった。


まだまだありそうですな・・・・・・・・。

malleではゲテやげ(ゲテモノお土産)大募集!!




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-21 15:26:42

マイナーからメジャー

テーマ:ブログ

密かに気合をいれて応援していた

トリノ五輪の女子カーリング。

日本代表「チーム青森」の5人。

(スキップの小野寺、林はソルトレークのメンバーで同級生。)

負けたけどほんとうに見事だった。

モーグルやスケートなんかより

世界と戦える可能性があるのでは?

とかねてから思っていた。

頭を使うので一発逆転があるし体格的な差も関係ない。




~「チーム青森」~

マイナースポーツのカーリング。

小野寺、林両選手はトリノを目指すため競技生活を新天地青森に移した。

五輪代表であっても就職先がない故郷の北海道・常呂町

を出て、青森に移ってカーリングを続けたのだ。


二人からのスタートでチームとして活動できるまで一年かかったそうだ。

こんな状況のなかだれも挫折することなくチーム力を上げていく。

チームをまとめたのは小野寺、林両選手であることは間違いない。


「チーム青森」はここ一番に強い。

勝負どころで小野寺のスーパーショットが炸裂!!

トリノの切符を勝ち取った。

五輪選考会を制してトリノ行きを決めた「チーム青森」は

念願のメダルへ向けて新たにスタートを切る。




トリノに入ってなかなか結果の出ない日本。

しかし試合数を重ねるごとに強くなっていく。

勝っても負けても彼女達の表情はとてもいい。

これは過剰にメダルを期待されていないからなのだろうか?

他の競技のように「あーあ」とか「なぁんだよ」などとこちらも

思わない。

メダルを期待されてだめだった選手達の落胆ぶりはなんか

可愛そうに見えてしまうけれど

彼女達は負けて泣いていても「よくやった!」「まだまだ!」

と、なにか爽やかな感じを受ける。高校野球や高校サッカー

みたいなアマチュアスポーツの醍醐味みたいな

何かを感じてしまう。これがオリンピック本来の姿かなーって。


イタリア戦、完全なアウェーの中しかも1点ビハインドの状態で

後半やっと追いつき、(逆転のチャンスを逃す)そして最後の最後

またも小野寺のスーパーショットで逆転。

なんて見ごたえのある試合なんだろうか。

久々TVの前で絶叫しガッツポーズをして涙した。(深夜だけど)


結局スイス戦で敗れたので準決勝へは進めなかったが

今後カーリングという種目はメジャー化すると確信した。やっぱりおもしろい!!

映画なんかもやってるらしいのでプチブレークしてる最中かも。

しかし反面アマチュアスポーツの醍醐味みたいなのが薄れ、

今後は過度なプレッシャーに潰されてしまうかもしれない。


選手はカ-リングをメジャーにしたかったわけだし、

そのためにがんばってきたわけだ。

マイナーからメジャーへ移行するってことは

ここからが選手達の本当の正念場になるのだろう。


小野寺、林両選手は中心選手として

是非次のバンクーバーの氷上にも立っていてもらいたい。

彼女達の力なくしてはまたマイナーにってことも・・・・・。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-02-18 18:52:05

微妙な年齢

テーマ:Cafe

見てくれは若いって言われる。

そりゃそーだ。

髪は長いし、髭生やしてるし、毎日スーツ着てないし。

時々帽子かぶってるし。


初めて入らしたお客さんに

「若いですよね。20代半ば、いってて20代後半かな。」


はははっ、(汗)


微妙だ。嬉しいんだけど微妙だ。

ここまで持ち上げれられると実際の年齢を明かしにくい。


精神年齢テストをうけたら38歳だった私は妙な裏読みをしてしまう。


小僧に見えてしまうのか。

それとも物凄く若作りをしてがんばってるって見えるのか。


このまま若く見えたほうがいいのか。

歳相応に大人に見えたほうがいいのか。


「今年35になります。髪が伸びっぱなしだったり私服着てるんで

若く見えるだけですよ。」


うーん、なんのひねりもない答え。


若さを喜ぶリアクションで行くのか

もー若くないんですよと言って世代間のギャップをネタにするか

(このお客さんは20代前半だった)

その後展開する会話を予測する。


今回は後者だ。徹底的にオヤジで行こう。注意しなくてはいけない事は

オヤジギャグとエロオヤジネタ、それと説教。これだけはしちゃいけねー。


今後、このお客様が再び来店してくれることを祈っている・・・・・・。

そーいや今日白髪を6,7本抜いたんだ。若くねーなー。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-15 22:57:47

ひとり言

テーマ:日記

今日ブロスを買った。


なんでーー!!

載ってねーーっ!!

CL民放で生放送しねーのかよっ!!

生はスカパーだけなのか??


26日に録画放送かよっ!!

生で観てーーっ!!

トリノだからか??

サッカー観てーーっ!!

チェルシーVSバルセロナ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-14 17:48:42

マンモス

テーマ:大人の社会見学

奇跡的に待ち合わせ場所へ先に着いた。

うちからお台場まで電車で30分で着いてしまった。


りんかい線ってなんて便利なんだ。空いてるし。

新橋から行っていたら倍はかかるな。

大井町の地下深くに潜らないといけないが

それでも全然かまわない。うちから大井町までは

楽にいけるんで。


東京テレポート駅で降りフジTV社屋まで歩く。

思いの他近い。


お台場は何回来てもあんまり好きになれない。

確かに近未来都市だし、高い建物から見下ろす

湾岸の景色は昼であろうと、夜であろうと絶景である。

しかし何処をどーみても人工っぽくて映画なんかのセットの

ように思えてしまう。平日は閑散としているし。


すげーって毎回思うのだが、当分いいやってなってしまう。たとえると

気張ってすき焼きを腹一杯食べて後から当分すき焼きは食べなくていいや、

みたいな。

来たことない方は1度は来たほうがいいとは思うけど。


まぁそんなことはさて置き、何故お台場へ行ったかというと

「マンモス」を観に行ったのだ。

フジTVでやってるマンモス展。


土日は凄い人らしいのだが平日は空いていた。

ゆっくり回ることができた。


マンモス マンモス横


上の写真は等身大に復元したものだ。

(メイン以外は撮影OK)


メインは化石?っていうかほとんど10000年前の

ままの頭。鼻のない状態なだけで、目も耳も口も

皮膚も毛もはっきりわかる。

こんなしっかりした保存状態。

観るべき物はこれだけだが価値は十分。


そしてマンモス店が隣接。マンモスキーホルダーや

縫ぐるみ、パンフ、象牙などが販売されていた。

もちろん購入することはなかった。


せっかくきたCX。見学も何もせず、速攻で帰った。

なぜなら俺にはトリノが待っているから。

久々の休日外出であった。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-10 19:42:39

トリノ開幕

テーマ:ブログ

トリノ五輪が始まりますな。

自分の中では盛り上がっているんですが、

みなさんはどーなんでしょうか?


うちのTV、まだもってます。

どこまでもつのか・・・・。

ハラハラした日々を過ごしていますが、

何とかこのまま乗り切ってもらいたいものです。


明け方の開会式。

イタリアらしいファッショナブルな式典を期待します。

日本選手団の衣装にも注目。


とにもかくにも始まります。

メダル争いは期待せず、選手の美技を

堪能したいと思います。


う~ん、ノーマルすぎる。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-08 17:18:46

一つ解明

テーマ:気になる女性シリーズ

午前2時。

今日は寒さが少し緩んでいた。

いつものように帰路につく。


ピキッ!!稲妻!!(ニュータイプによくある現象)

な、なんだっ!!この感覚は!!そこかぁ~!!


そう、そこはいつもの地点。

『気になる女性』の家付近である。


門の前を通過。


「ママが~~~~」


こ、この声は女だぁ。

しかしいつもの声ではない。

まさか・・・。


チラッと見た。

そこには玄関の扉を閉めようとしている女性が。

遂に確信した。

いつも目撃する女性は2人存在している。


その時見た彼女は間違いなく若かった。

ママしか聞き取れなかったが声もキャピ声。

ママという会話から推測して目撃率が高い女性はお母さんか?


圧倒的にお母さんらしき女性を目撃することが多いが、

これでイケメン男子ともつながるし、目の錯覚ではなく

この家には2人の女性が存在することが決定的になった。


しかし夜中の行動は2人そろって同じ。

やはり家の中で電話できない何かが・・・・・。

夜中なのに・・・・。


根本的な謎はまだ何一つわかっていない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-02-07 15:57:58

『風の谷』の声優

テーマ:ブログ

『風の谷のナウシカ』

アニメ情報誌「アニメ-ジュ」に連載された宮崎駿の漫画であり、

劇場版アニメとして1984年に映画化された作品である。

たしかジブリ作品ではない。トップクラフトだったかな?


久しぶりにナウシカを観たんで今日はナウシカで。

内容は面倒なんでキャストについて書いてみる。


まずは主人公のナウシカ・・・・・島本須美 について。 

ルパンⅢ世「カリオストロの城」のクラリス役でブレーク。

以降宮崎作品には欠かせぬ声優さん。主役級は減ったが

1ポイントの味のある役どころが多い。ジブリ作品が発表される度に

島本須美を探すのが自分の中で楽しみになっている。

クラリス、ナウシカとヒメネー様役がぴったりでスターウォ-ズの

吹き替えでレイヤ姫もやってるんじゃないかな?

あと「めぞん一刻」の音無響子。アニメ好きの男子のハートを掴んでいた。

どーでもいいんだがナウシカの「撃て」と言う台詞がガンダムのブライトの

「てーーっ」だったのが嬉しかった。 


宮崎作品は技量のある声優や俳優しか使われない。

『風の谷のナウシカ』はベテラン声優のオールスターが集う。


準主役級のユパ様・・・・納屋吾朗 ご存知ルパンの銭形警部。

素晴らしい!!渋い。銭形とは違いダミ声で怒鳴り叫ぶことはない。

どちらかといえば「宇宙戦艦ヤマト」の沖田艦長に近いか。

仮面ライダーのショッカーの首領とか悪の親玉も多く演じている。

低くて凛とした優しい声はユパ様にぴったりくる。


ナウシカはユパ様をはじめ年寄りの御爺さんが活躍する。

ミト、ゴル、ギックリ、ニガの4人衆だ。この四人はそれぞれ

日本を代表する御爺さん声の声優だ。


ミト・・・・永井一郎 やはりカリオストロやヤマトをはじめ、

「うる星やつら」錯乱坊や、「サザエさん」の波平さん、

「ど根性ガエル」の町田先生、「ドラゴンボール」のカリン様、

「YAWARA!」の猪熊滋悟郎などなど。存在感ありコミカルな役どころが多い。

しかし忘れてはいけないのが初代ガンダムのナレーションを担当していたこと。

「次回機動戦士ガンダム~ 君は生き延びることができるか!?」

これを聞くまではチャンネルを替えることは許されない。シリアスな彼の

ナレーションもまたガンダムを語るにはかかせないファクターなのだ。

ナウシカでは御爺さんのリーダー格。


ゴル・・・・宮内幸平 この方こそTHE御爺さん。ハイジのおんじ、

「一休さん」の和尚、「ドラゴンボール」初代亀仙人、カリオストロの庭師など。

残念ながら今はもう聞くことはできないが、(1995年逝去。享年65。)

アニメ史に残る名優であることに間違いはない。

役柄無愛想だが心優しい老人が多い。がエロ亀仙人もはまっていた。

ナウシカではやはりハイジのおんじっぽかった。


ギックリ・・・・八奈見乗児 タイムボカーンシリーズでは主役を食う勢いの

悪玉トリオの細い奴担当。カズカズの名台詞を残した。「ポチっとな!!」

「巨人の星」の判宙太、「ドラゴンボール」のナレーションと界王様などなど。

この声に聞き覚えのない昭和40年代はいないのでは?

ナウシカではちょっと頼りない御爺さん。ボヤッキ-ぽくって良い。


ニガ・・・・矢田稔 「ドカベン」のじっちゃん。とても控えめで、

へんに目立つことはない。

ナウシカでは個性ある爺さん達のなかでもっともおとなしかった。


今みてもそうそうたる面子だ。もうこんな夢の競演はないだろう。

私が子供の頃からお爺さんの声を演じている方達だ。今なお現役である

こと自体が凄いのだ。これだけのキャストがそろっているということの

ありがたさを最近感じてしまう。子供の時はそんなこと考えてないし、

物語の内容さえも理解していなかった。いい大人になってからこの大作を

観るというのが正しいな。だから大人に人気があるのだが。


そうそうクシャナ殿下を忘れていた。まぁ簡単に説明すると

ナウシカの敵のボスキャラってとこかな。ナウシカと対極の女。


クシャナ殿下・・・・榊原良子 この人も凄い。演技力はピカ一。

強い女をやったら右に出るものはない。ガンダムのハマーン様や、

NHKの海外ドラマの吹き替え、最近では「攻殻機動隊」茅葺首相

など。すでにカリスマ声優となっている。

「エースを狙え」のお蝶婦人も池田昌子→榊原良子にスライド

したらしい。あまり違和感ないしブーイングも聞かないなぁ。

私の中では池田昌子(「銀河鉄道999」のメーテル)を越えたっ!!


キャストだけでも凄い『風の谷のナウシカ』。

映像やストーリーもいいのだが(偏っているけど)、やっぱり声優あっての

アニメーション。キャラクターに命を吹き込むのは声優だと私は思う。

まぁ声優重視で宮崎アニメを観る人はあまりいないだろうが、

来年の再放送ではこんなことを軽く思い出して観ていただきたい。

そしておおいにウンチクを語ろう!!嫌われると思うが・・・。


カリオストロとナウシカとラピュタは何回観ても飽きないんだが

それ以降の作品は一回観たらいいやって感じ。新しいのはどーも

しっくりこない。これは個人的な問題で宮崎氏がどうのとか、

ジブリがどうのということではない。


そーいえばナウシカの映画の続きを確か漫画で読んでるんだが、

思い出せん・・・・。

もう一度読まねば。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。