いいじゃん夏なんだから

兵庫県西宮市在住です。

週1のテニスと、愛車のバイクと、年に1回しか行けてないダイビング>_<などなどを通して日記的に書いていく中で、ここがきっかけでいろんな出会いがあればいいなーと思って書いていきます^ ^

興味があれば気軽に絡んで下さい!


テーマ:
2日目も同じく長野市内中心部の私の宿泊地からスタートです( ´ ▽ ` )ノ





この長野、残り1日で課題は2つ。





1つ目は、景色から地形を読むということです。





初見の峠ではコーナーの先が分かるか分からないかでブレーキングや旋回モーションに影響しますので、すごく大事なことですが、これを当たり前にするにはバイクの操作が無意識にできるほどでなければ難しいです。
(もちろん先が分からない分危険な速度で突っ込むことはしませんが、あくまで最適なバンク角、アクセルワークで最適解で抜ける、という意味でです。)





バイクの挙動をコントロールしながら、走る先を見て、路面も見ないといけない。





その上で、地形を読んでコーナーのRを予測することはとても難しい…





でも、それができないと走行ラインが分からず、ヘアピンではクリッピングポイントも分からない。





ただ等円旋回してるだけじゃ思いの外Rがきつかった時に膨らむし、バイクを寝かせてる時間がただただ長くなる。





それでは危険なので、身に付けないといけないこと。





2つ目は、自分のMT-09に合わせたライディングスタイルを意識すること。





ここでMaruさんから頂いたヒントは、白バイのライディングスタイル。





その意味は、MT-09の直立姿勢の割にチューニングによってロード寄りのセッティングになっている前後サスにバックステップも導入されていることから、Maruさんのマルナイン号とは違いステップワークと踝でバイクをコントロールすることが難しいので、ニーグリップでバイクをコントロールした方がいいというところからです。





ニーグリップでリーンインしてバイクを扱うスタイル、もちろんそのスタイルでは対応できないコーナーが出てくるので、そうなった時はニーグリップを解いてハングオフスタイルに持っていったりすることが必要…との前提で、とりあえずイメージは悪いですがライディングスタイルを1つ確立することはすごく大事なことなので、そのスタイルを取り込んでみようとのことで、これを2つ目の課題とすることになりました。





…この2つ、考えてみれば九州で言われたことと同じことなんですよね。





景色から地形を読むことは全くそのまま、ライディングスタイルに関しても自分のバイクと走るシーンに合った乗り方を見つけていきなさい、と。





なので、この長野と昨年からの九州を通して、私はなぜか自分のレベルに不相応な方々に憧れ、会いに行きたいと中々無謀なお願いをしていることに気付くと同時に、そういうレベルの方々は当然にそういうことを身に付けてこられたんだな、ということを感じました。





ということは、そういう方々を追いかけていこうと思うと、ただ何も考えずにバイクに慣れてある程度の速度で峠を抜けれるようになりました、じゃダメなんだなと。





次のコーナーはこうだからここでアクセル閉じてブレーキかけて姿勢を作ってここに加重して1次旋回してここでアクセル開けてここに加重してこのラインで2次旋回して次のコーナーは…という理屈と技術の伴った走り方をしないといけないんだ、と。





今は遅くても基礎のスキル1つ1つを意識してちゃんと身に付け、その結果みんな同じように理に適った1番安全に走れる・曲がれる・止まれるスキルと速さが習得できるんだな、という本質的な部分を少し理解することができた気がします。





ということで、2日目はまた菅平からスタートですが、菅平の下のゲートまではMaruさんがコバナイン号に乗られ、私がマルナイン号に乗って向かいます。





そして、菅平の途中のS字からのヘアピンで少し練習をしましょうとのことで、ゲートからスタートして割とすぐの高台から下が見渡せるS字からのヘアピンで、Maruさんのライン取りを見せて頂いた後、私もそれに倣って同じように走ります。





まずは先生(Maruさん)
※爆音注意!(爆撃機みたいな音がします!!)








次は出来の悪い生徒(私)
※爆音ではありません笑








はい、全然違いますね。





何よりカメラの場所とバイクが出てくる場所を見て頂きたいのですが、この距離ですが高低差が凄いんです…





それから、実際にMaruさんが先に走って私が後で走ってますが、やはり先に上から見て、ヘアピンの先がガードレール枚でその先崖ってゆーのが…怖くて…インにインに身体が…笑





と、情けない言い訳はさておき高低差があろうが同じバイク、同じ走りができないわけないんですよね。





ライン取りと体重移動とアクセルワークだけでもこれだけの差が出る、ということです。




さて、撮影会も楽しんだところで、ここから鳥居の旧道、鳥居峠を抜けて嬬恋パノラマラインの北ルートを走り、
{77D3C024-4907-47CC-9C55-D2C0543274D2}

ここで軽めの休憩。





この旅で一番いい写真はこれですね(≧∇≦)





そして、ここから榛名方面を目指します。





が、長くなりましたので…





その3に続く( ´ ▽ ` )ノ
AD
いいね!した人  |  コメント(8)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。