FlashでAIRアプリを作成する場合、設定などは
コマンド→AIR-アプリケーションとインストーラの設定でできる。
その中で、背景を透明にする場合は、設定のウィンドウ中段にある「ウィンドウスタイル」を「カスタムクローム(透明)」にすればOK。

ただ、透明化してしまうと、起動させたAIRアプリをドラッグで移動することができなくなってしまう。
それを解消するには、FlashにASでドラッグ移動できるように記述を加える。

ソースは

air_mc.addEventListener(MouseEvent.MOUSE_DOWN, windowMove);
function windowMove(Evt:MouseEvent):void {
stage.nativeWindow.startMove();
}

これだけ。
このソースを、タイムラインに入れておけば、ドラッグでの移動に対応するようになる。
ちなみに「air_mc」は、ドラッグさせる対象のMCのインスタンス名に変える。


もしよければクリックしてください。
にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ
にほんブログ村
AD