作詞家 阿閉真琴公式ブログ

平井堅、嵐、V6、KAT-TUN、NEWS、タッキー&翼、島谷ひとみ、宇都宮隆、石嶺聡子、前川清、石川さゆり、ESCOLTA、光永亮太、TRIPLANE他に歌詞の提供をする作詞家 阿閉真琴(Makoto ATOZI)の公式ブログです。

作詞家 阿閉真琴公式ブログへようこそ。

平井堅、嵐、V6、KAT-TUN、NEWS、タッキー&翼、Sexy Zone、島谷ひとみ、宇都宮隆、石嶺聡子、片瀬那奈、前川清、石川さゆり、中村美律子、藤木直人、ESCOLTA、光永亮太、TRIPLANE、上原奈美、Z-1、LINDA、Sky's The Limit、BENI、SATOMI'他に歌詞の提供をする作詞家 阿閉真琴(Makoto ATOZI)

日々徒然を綴ります。

阿閉真琴公式ウエブサイト
http://atozi.net

旧ブログはこちら Makoto ATOZI旧ブログ
http://makotoatozi.blogspot.jp/

北陸情報誌ZOUSSコラム「ATOZIノート」連載中


お仕事のご依頼は上部メッセージよりお願いいたします。
(現在、個人さまや企業さまイメージソングのご依頼は
お断りさせていただいています)


テーマ:

久しぶりの新曲を提供させていただきました。

8月24日発売、神谷浩史さんのミニアルバム「Theater」収録の「GRAVITATION」という曲です。

http://kiramune.jp/artist/kamiya/disco.html

 

人生いろいろありますが、こうやって歌を書かせていただくことができるご縁と環境に心から感謝しています。

僕自身現在、人生の岐路であり、ここからどう生きるかが、今後の僕自身の未来を決めるのでしょう。

歌にはできるかぎり誠実でありたい。

でも日々の中にはいろいろなことがある。

だから歌を書く瞬間だけは、その時の本心を込めたい。

そして相反する言葉ではあるけれど、ありったけのファンタジーを込めたい。

 

世知辛い世の中。

今日、雑誌を読んでいたら、今の時代一番嫌われるのは「なりふりかまわず夢を追いかける人」なのだそうです。逆に一番好かれるのは、大切な人のために生きる人。

その通りです。

 

僕はあまりにも夢を追いかけすぎた。

でも、自分にできることはしたいと思うし、やはり良い歌を書きたいし

良い仕事をしたいし、人とつながっていたい。

 

人生の岐路。

 

Yes Noよりも深く

明日を見つめる覚悟を。

 

何事においても

一番大切なのはやはり、愛です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日、書いて消してしまったブログ。

最近はなんだか電気グルーヴとスガダイローばかり聴いています。

電気グルーヴの歌詞は作詞家として聴いてみてもかなり下品なものもあるけれど、本人たちの霊的格はとても高い。

志人とスガダイローにいたっては、言葉を新境地へと昇華している。

二組とも、侍である。

天下統一する力を十分に持ちながら、サブカルチャーな人々を虜にしている。

 

僕が平井堅氏の「楽園」を書いた頃、僕にも制約はなかった。

だから自由に書いた。

暗いだの退廃的だのと、好きなように言う人もいたけれど、あの曲には僕は僕の当時の自由なるユニバースを込めた。

「楽園」の奥に静かに流れる愛の力は、人にどうこう言われるほど弱いものではないはずだ。

歌とは本来、破壊と再生の狭間で静かに熱く、燃え上がるエナジーをとじこめるものだ。

つるりとした金太郎飴などではない。

 

昔の僕は、100人いたら10人が熱狂的になってくれれば、90人はどうでもいいという気持ちで、破壊と再生を基準に歌を書いていた。

 

ところがそんな僕に、嵐、V6、女性アイドルなどの仕事が舞い込むようになり

そこに僕のアトジ節をどうねじ込むかと悩んだ時期もあった。

おれパラ、岩田光央氏に書いた「眠るものたちへ」などは、そのバランスがもっともよく書けた歌だと思っている。

V6の「ありがとうのうた」も佐原けいこさんとZOOCOさんのパワーもあり、素晴らしい歌になった。

嵐の「ONLY LOVE」も無敵な歌だと思っている。

 

それでも、最近の僕は、これから書くのであれば、やはり常識を壊したいと思ってしまう。

 

最近はmihimalGTの「気分上々↑↑」の作曲のShifoさんと曲作りをしているが、彼女の才能の海原を泳いで自由な歌を描きたいと模索している。

 

何にせよ、僕がデビューしたころは、まだメールで音源などは送れず、FAXとカセットテープの時代だった。その時代にデビューをして音楽をつくれたということに心から感謝をしている。

インターネット時代にはない何かが必ずあったはずだ。

 

そこで、話が戻れば電気グルーヴとスガダイローなのだけれど

この両者は、あきらかに常軌を逸した才能を爆発させてしまっている。

こういう音楽を聴くと、もう僕にできることは何もないと思ってしまう。本当に。

それを聴いているだけで幸せになってしまうからだ。

 

本来、僕は作詞家でありながら、歌詞には表面的な意味など必要がないと思っている。

その背骨に流れる本意があるなら、歌の歌詞などでたらめでいい。

むしろその方がいい。何故ならその磁場は音楽だから。

 

日記のように音符にはめ込んだ言葉には本当にもう興味がない。

(といいつつそういう歌もこれからも書くのだろうけれど)

 

白い手袋で顕微鏡で覗きながら言葉を扱うのではなく

だからといって、汚れた手で適当にあつめるのでもなく

爆発的な農業のような気持ちで言葉と音楽に向き合いたい。

 

死ぬほど好き、と言ってもらえる歌を書くことが僕の望みです。

これからも大好きな歌を聴きながら、大好きな歌を書いてゆきます。

 

Twitterやってます。

https://twitter.com/makotoatozi

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

何年も放置していたらTwitterのアカウントが乗っ取られていました。

それで、まあ、いいかと放っておいたら、なんとアカウントを凍結されているではないか。
何にもしてないからフォロワーも40だけ。つぶやきますので、ご興味ございましたら是非、フォローをよろしくお願いします!
それでは皆様、本日も幸せな1日をお過ごしください。
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このたびの「平成28年熊本地震」で被災された方々に、心からのお悔やみとお見舞いを申し上げます。
立て続けに起こる余震の中、眠れない夜を過ごされていることと思います。どうか一日も早く熊本に九州に穏やかで平安な日々が戻りますよう心からお祈り申し上げます。
 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕が27歳の時。ある情報を耳にしました。月二万円で、街の中心地にお店を持てるらしいという夢のようなお話。それはフリークポケットというものでした。2坪ほどの店舗を市が支援し、激安の店舗家賃で運営出来て、しかも帳簿等のサポートもあるという。
僕はすぐさま申し込みました。
僕には洋菓子職人の父から譲り受けたレシピがありました。
そのレシピで、誰も食べたことのないような美味しいクレープのお店を出そう。そう思い立ち、すぐさま履歴書を書いて郵送。合同面接を受けました。
ドキドキしながら沢山のクレープを抱えて面接会場へ。
結果はあっけなく採用。
僕は自分のお店を持つことが出来たのです。クレープハウスロビンソンは大成功しました。高校生たちがとても喜んでくれた。
その頃は富山に、まだあまりクレープのお店がなかったのです。
しかも僕のお店のクレープは、生クリームに動物性の純生クリームを使用していました。
そのあとで、人生のジエットコースターに乗ることになり、僕は作詞家になってしまいました。お店が順調なままで、書いた歌がヒットしてしまったのです。
お店を続けるわけにもいかず、僕は悩んだ後、お店をしまいました。
あの時、クレープ屋さんを続けていたら僕の人生はどうなっていたかな。
時々今も、僕は友人の家のパーティーなどでクレープを焼いたりしています。
作詞での成功ももちろん願っていますが、小さなお店を持ちたいなあというのが今の僕の一番の夢(目標)です。
いい時代だった。
懐かしき青春の時。(アラサーでしたが)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。